無垢フローリングの隙間の掃除の仕方は?

投稿日:2018年04月24日 作成者:


無垢フローリングは、冬場の乾燥する時期になると、
フローリングとフローリングの間に「隙間」が開いてきます。

すると、そこに「ホコリ」や「ゴミ」が溜まって、
気になる、嫌だという方もいると思います。

では、無垢フローリングの隙間に貯まるゴミは、
どうやって、掃除すれば良いのでしょうか?

私の考えを書いてみたいと思います。

無垢フローリングの隙間の掃除は、冬場がお勧め

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
無垢フローリングの隙間は、冬場に広がるといいました。
従って、隙間の丁寧な掃除をするとしたら、

やはり隙間が開いている「冬場」がお勧めということになるのです。

夏場は、湿気が高く、無垢フローリングの隙間も閉じているので、
掃除はし難いです。

なので、綺麗に隙間の掃除をしようと思うと、
無垢フローリングの隙間が空いている冬場がお勧めという
ことになる訳です。

まずは、掃除機で普通に吸ってみる

まずは、掃除機で吸ってみましょう。
その際に注意することは、

無垢フローリングの長さ方向と平行に、溝(隙間)のホコリを
吸い上げるようなイメージです。

掃除機のヘッドにブラシがついている場合、
ブラシを立てると、無垢フローリングの「溝(隙間)」の
ホコリ、ゴミなどをかき出してくれることが

期待できます。

しかし、強くこびり付いたホコリ、ゴミなどは取れませんので、
毎年定期的に、隙間(溝)に沿って、

掃除機をかけることをお勧めします。

しかし、気をつけないとならないのは、
掃除機は、無垢フローリングを傷つける可能性が大です。

とれないホコリは、爪楊枝を使って

こちらの作業も、無垢フローリングに隙間が空く
冬場にお勧めですが、大きく隙間が空いて、

ホコリやゴミが溜まっている箇所を見つけたら、
爪楊枝の先端で、掻き出すのです。

そして、その後は、掃除機で軽く吸ってあげれば、
再び、隙間に入ることはありません。

金属の道具を使うと、無垢フローリングを傷つけることになるので、
爪楊枝位の堅さがいいと思います。

あるいは、もう少し丈夫な「竹ひご」などでも良いと
思います。

爪楊枝も、竹ひごも、先端が丸くなってきて、
使い難くなったら、適当に交換して頂くといいと思います。

但し、多少先端が潰れていた方が、使いやすい場合もあるので、
適当に使い分けるといいと思います。

掃除機は、傷がつくし、手間がかかる

無垢フローリングの掃除となると、掃除機を
イメージされる方も多いと思いますが、

実は、お勧めは、フローリングワイパーです。
シートには、薬品や水分がついている必要は、ありません。

乾いたシートを使っても、十分にホコリは取れます。

掃除機を隅々までかけるのは、相当に手間暇がかかりますし、
無垢フローリングの床を傷つけます。

フローリングワイパーなら、サッサッと拭くだけで、
作業も簡単だし、無垢フローリングを傷つけません。

フローリングワイパーは傷がつかない

無垢フローリングの日頃の掃除は、フローリングワイパーが
お勧めです。

そして、無垢フローリングの隙間の掃除も、
爪楊枝や竹ひごを使って、ホコリを取ったら、

フローリングワイパーで、サッサッと拭き取っても
いいと思います。

多少は、またホコリが隙間に入るかも知れませんが、
ほぼ問題はないと思います。

すっきりと、「根こそぎ」ホコリを取りたいなら、
掃除機を使う。

そこそこ綺麗になればいいのであれば、フローリングワイパーを
使うです。

但し、掃除機を使う方が、労力がかかる上に、
床に傷がつく可能性も高いです。

どちらを選択するかは、自分の価値観次第ということになりますね。

いかがでしょうか?

無垢フローリングの隙間の掃除を気にする方は、
意外といらっしゃいますが、

隙間の掃除は、無垢フローリングが乾燥して、
隙間が大きくなる冬場がお勧めであること、

隙間の掃除には、爪楊枝とか、竹ひごを使うのが良い事、
そして、無垢フローリングの拭き掃除は、

掃除機ではなく、フローリングワイパーがいいこと等、
ご理解頂けたでしょうか?

また、そもそもの話ですが、十分に乾燥させて、
加工の精度も高い無垢フローリングを

採用した方がいいし、腕の良い大工さんに工事してもらえば、
たとえ無垢フローリングと言えども、

それほど大きな隙間は、空かないものだと言うことです。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 無垢フローリング 隙間 掃除 | タグ: , , | 無垢フローリングの隙間の掃除の仕方は? はコメントを受け付けていません。

無垢フローリングに使う接着剤の用途とは?

投稿日:2018年04月20日 作成者:


無垢フローリングと言えば、接着剤は使っていないと
思われると思いますが、

製品によっては、無垢フローリングにも接着剤が
使われています。

といっても、目くじらを立てるほどのことでは、ありません。
もし、その「少量」の接着剤も気になるということであれば、

料金が高くなることを容認し、かつ不具合が起こることも
容認しないとならなくなります。

では、無垢フローリングの何処に接着剤が使われているのでしょう?
詳しく解説してみたいと思います。

定尺の無垢フローリングは、接着している

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
無垢フローリングには、「定尺」という製品と、
「乱尺」という製品があります。

それぞれ、どういう製品で、どういった違いがあるかというと、
定尺という無垢フローリングは、30cmから60cm程度の
短い無垢フローリングを「接着」して、182cmの長さにします。

これを「定尺」と呼ぶのです。

182cmというと、1.82mです。
30cmの無垢材だと、およそ6本を繋ぎ合わせた程度のものになります。

そして、その接続部分をフィンガージョイントという
手の「指」を絡め合わせたような形状に加工した
ジョイントに接着剤を付けて、圧着するのです。

ユニとは、フィンガージョイントのこと

フィンガージョイントのことを「ユニ」とも言います。
UNI(ユニ)とはUnitedの略で、

無垢材を縦方向にジョイントしたもののことです。

両手の指と指を交互に差し込むことで、抜けにくく
なりますが、ここに少量の木工用ボンドを塗ります。

つまり接着剤です。

近頃であれば、最低でもF☆☆☆☆の製品が使われますから、
ホルムアルデヒドに関しては、

それほど気にする必要はないと思います。

フィンガーの接着剤まで気にするなら、乱尺

もし、ユニする際の少量の接着剤も容認できない
ということであれば、

「定尺」の無垢フローリングではなく、「乱尺」の
無垢フローリングを選ばざるを得ないと思います。

しかし、乱尺の無垢フローリングは、30cmとか、60cm、
長くても、90cm程度の長さしかありませんから、

貼る手間が、定尺の無垢フローリングの2倍も3倍も
かかってしまいます。

乱尺は、フローリングそのものも高いし、施工手間が高いので、
結局、費用が高くなります。

ただ、広葉樹系の「堅い樹種」は、今言ったような説明になりますが、
杉とかヒノキといった針葉樹系の樹種であれば、

2mとか、3mといったユニしていない無垢の製品もあります。
但し、ナラとかカバといった広葉樹系の無垢フローリングと比較すると、

節の数は多くなります。

どちらの無垢フローリングが良いかは、本人の好み次第ということになります。

乱尺のフローリングは、費用が高くつく

乱尺の無垢フローリングが、なぜ高くなるかというと、
それなりの長さの「良質な」無垢フローリングが、

手に入り難いということと、短い無垢フローリング
1本1本に、巾方向、長さ方向のジョイント加工をしないと
ならないからです。

原料に希少価値があり、加工に手間暇がかかれば、
そりゃー高くなります。

ただし、乱尺の無垢フローリングを採用すれば、
無垢フローリングそのものには、

全く接着剤は、使われていません。

フローリングを施工する際には、接着剤を使う

但し、乱尺の無垢フローリングを採用しようが、
定尺の無垢フローリングを採用しようが、

フローリングを床に貼って行く際には、接着剤は使います。

接着剤を使わずに工事するということも出来ない訳では
ありませんが、

もし、接着剤を使わず、無垢フローリングを施工したら、
「床鳴り」が発生する可能性があります。

床鳴りとは、フローリングを踏んだ時に、「キシキシ」とか、
「ギー」という音が鳴る事です。

これは、フローリングのジョイント部分がこすれて鳴ることが
多いのですが、無垢フローリングを

接着せずに施工したら、より「床鳴り」が発生する
可能性が高くなるということなのです。

いかがでしょうか?

折角、無垢フローリングにするのだから、接着剤なんて
使いたくないという方もいらっしゃると思います。

しかし、全く接着剤を使っていない無垢フローリングとなると、
「乱尺」の製品となることはご理解頂けたと思います。

そして、乱尺の製品は、高いし、工事に手間暇がかかるので、
工事費も高くなります。

それに、無垢フローリングを貼っていく際にも、
下地と無垢フローリングを、接着剤と、釘を使って貼っていきます。

微量の接着剤も気になるということだと、
床鳴りや、各種の不具合が発生することを「容認」しないと
なりません。

それでも良ければ、接着剤を使わず、無垢フローリングを
施工するという選択肢も残されていますが、

通常は、定尺の無垢フローリングを作る際の少量の
接着剤は、気にしないという方が、いいと思います。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 無垢フローリング 接着剤 | タグ: , | 無垢フローリングに使う接着剤の用途とは? はコメントを受け付けていません。

無垢フローリング自然塗装品の注意点

投稿日:2018年04月20日 作成者:


無垢フローリングにするなら、自然塗装品が
お勧めです。

しかし、自然塗装にも色々あって、無垢フローリングに
自然塗料が塗られているだけというものもあれば、

まるで、ウレタン塗装してあるのじゃないだろうという位、
ツルピカに仕上がっているものもあります。

では、自然塗装していながら、ツルピカに仕上がっている
無垢フローリングと、自然塗装しましたというだけの製品は、

いったいどこが違うのでしょうか?
詳しく解説してみたいと思います。

木地の研磨をしているか

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
まず初めに、無垢フローリングを自然塗装するには、
塗装する前に、無垢フローリングの表面を

丁寧に研磨しないとなりません。

無垢フローリングは、フローリングの形状に加工しただけでは、
表面がザラザラです。

このまま塗装しても、綺麗には仕上がりません。

そこで重要なのが、木地表面にサンドペーパーをかけ、
目に見えない毛羽立ちを解消します。

その後、やっと塗装できる訳です。

最低2度塗りしているか

無垢フローリングに自然塗装するといっても、
1回塗れば、それで完了する訳ではありません。

1回塗っては、軽くサンドして、その後、2回目を塗る訳です。
すると、塗料のムラもなくなり、

均一に塗装されるのです。

丁寧な塗装であれば、あるほど、2度塗り、3度塗り
というのを実施します。

あるいは、「下塗り」「上塗り」という工程で、
2度、3度と塗っていきます。

最後に、バフ掛けをしているか

無垢フローリングに塗料を塗る前は、サンドペーパーを掛けたり、
1度、2度と塗って行く過程で、サンドペーパーを

当てたりしますが、最終的な塗装が終わっても、
バフという「布」で、研磨します。

研磨というよりも、ワイピング、つまり、拭き取りですね。
サンドペーパーは、木の表面を削り取るイメージですが、

バフというのは、布で、無垢フローリングの表面を
拭き取るイメージです。

それで、塗装された表面を磨きあげる訳です。

原板の乾燥率は十分か

無垢フローリングが製品として完成し、その後、現場に施工され
反ったり、割れたりといったトラブルが起きるか起きないかは、

フローリングに加工される前の「原木」や「原板」の乾燥による
影響は大きいです。

まずは、原木の状態で、天然乾燥させるか、
海水につけて、木材の水分が抜けるのを待ちます。

その後、製材し、「原板」というものを作ります。

この原板を、木材用の「乾燥機」に入れて、
反りや狂いが発生しない「含水率」にするのです。

乾燥が十分であれば、フローリングに加工したあとも、
反ったり割れたりといったトラブルは、

起こり難くなります。

フローリングの加工精度は、十分か

そして、無垢フローリングの価値を決める
もう1つの要素は、加工の精度です。

無垢フローリングの厚みは、15mmが普通です。
そして、巾は75mmとか90mmが、

一般的です。

その15mmとか、75mm、90mmといった
正規の寸法に、許容される程度の範囲で、

ピタッとサイズが納まっていて、

実(さね)と呼ばれるジョイントの精度もよくて、
ピタッとはまるといったことが重要になる訳です。

無垢フローリングには、巾方向のジョイントの他に、
エンドマッチと呼ばれる「長さ方向」のジョイントもあります。

その両方の精度が高くないと、工事の際、
不具合が生じるのです。

しかし、こういった違いは、仕上がった無垢フローリングを
見ただけでは、判別できません。

そこで検討したいのが、そのメーカーがキチンとした会社か
どうかです。

このキチンとしているというのは、会社の規模の大きさではなく、
企業姿勢ということになりますね。

いかがでしょうか?

無垢フローリングの自然塗装品といっても、品質には、
色々とバラツキがあって、注意しないと、

施工後に、様々なトラブルが起こりそうだということを
ご理解頂けたでしょうか?

それに、製品によって、仕上がりの美しさも、色々です。
キチンと乾燥させた原板を使って、

精度高く加工し、丁寧な塗装をした製品と、
そうじゃない製品がありますから、

単に、無垢フローリングといっても、大きな違いが
あるということですね。

アトピッコハウスの自然塗装された無垢フローリングは、
ウレタン塗装したんじゃないかと思われるほど、

品質がよく、綺麗です。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 無垢フローリング 自然塗装 | タグ: , | 無垢フローリング自然塗装品の注意点 はコメントを受け付けていません。

無垢フローリング、杉材のメリット・デメリット

投稿日:2018年04月20日 作成者:


杉材と言えば、日本を代表する最も一般的な
無垢材です。

でも、無垢フローリングとして、杉がメジャーかというと、
そうではありません。

杉は価格も安いし、柔らかいので、温もりもあります。
しかし、傷がつき易いので、椅子を使う生活には

向いていないとも言えます。

では、無垢フローリングとしての杉材のメリット、デメリットとは、
いったい、どのようなことがあるでしょうか?

解説したいと思います。

杉は柔らかくて、温もりがある

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
なんといっても、杉、無垢フローリングの特徴と言えば、
柔らかいということがあります。

その理由は、空気を沢山含んでいるということです。

従って、素肌で触れると、「温もり」が感じられます。
これは、「杉」が温かいのではなく、

自分の「手の温もり」が、杉材の空気層に跳ね返って、
自分に戻ってくるからです。

それで、温もりを感じるのです。

それに反して、堅くて緻密な樹種は、多くの空気層が
ありません。

手を触れると、自分の体温を吸い取られる感じで、
冷たく感じます。

だから、堅い木は冷たく感じ、柔らかい木は、温かく感じるのです。

杉は柔らかいので、傷がつき易い

杉は、柔らかいので、無垢フローリングとして使用した場合
温もりが感じられて、温かいというお話をしました。

それは、杉、無垢フローリングのメリットと言えます。
しかし、その「柔らかさ」が、逆にデメリットにもなります。

というのは、杉は、柔らかいがゆえに、
傷がつき易いのです。

ちょっとしたものを落としても、直ぐに凹むし、
簡単に傷がつきます。

傷や凹みは気になりませんという大らかな人にとっては、
全く問題にならないと思いますが、

キズの付き方によっては、トゲが立ったりもするので、
注意が必要です。危険です!

ある程度のキズは、修復できる

杉の無垢フローノングは、直ぐに凹むし、傷がつき易いと
言いました。

これは、ある意味デメリットだと思います。
しかし、これは、杉が柔らかいから起こる現象です。

つまり、メリットの裏返しですね。

そして、杉は、この「柔らかさ」ゆえに、
ある程度のキズや凹みは、補修できる可能性があるのです。

まず、キズや凹みが出来たら、「その箇所」に、
濡れ雑巾を置いてみましょう。

あるいは、十分水を吸い込ませたあとで、
アイロンをかけてみましょう。

すると、水を含んで、凹みや傷が修復されるのです。
100%の保証がある訳ではないので、その当たりも、

大らかに考えられるかどうかがポイントになります。

ラフに使うのなら、杉もお勧め

無垢フローリング(杉)は、柔らかいから、
キズも付き易いし、簡単に凹みます。

キズが気になるお宅には、ちょっとお勧めできません。

但し、傷や凹みは気にしませんという大らかな方には、
1つの選択肢として考えられると思います。

要は、予算と価値観次第ということになります。

杉の無垢フローリングでも、特殊な加工をして、
傷がつき難くした製品もあります。

ただし、その特殊加工をすると、杉の柔らかさが失われ、
温もりも失われますから、

杉を選ぶ意味や理由が変わってくると思います。

イスを使う部屋には、杉はお勧めできない

杉の無垢フローリングは、柔らかいので、
素足で過ごす場所とか、居間とかは、いいかも知れません。

しかし、傷がつき易いし、気をつけないと、
トゲが立つので、危険な場合があります。

特に、椅子を使う部屋だと、余計に傷もつき易いので、
お勧めできません。

椅子を使う場合であっても、キチンと傷対策をしてあれば、
杉の無垢フローリングで大きな問題は起こらないと思いますが、

温もりがあるからと、無防備に、無塗装の
杉材フローリングを使うと、大変なことになります。

杉の無垢フローリングを採用する場合は、
最低でも、自然塗装か、オイル塗装をしておきたいと思います。

それで、傷やトゲは、ある程度予防できます。

いかがでしょうか?

無垢フローリングとして、杉を使った場合の
メリット、デメリットをご理解頂けたでしょうか?

杉は、価格も安いし、柔らかいので、
温もりを感じられるというのが、最大の特徴です。

もちろん、木目や、色合いが好きだという方もいると思います。

但し、最大のメリットである「柔らかい」という部分が、
逆に言うと、傷がつき易い、凹みやすいと言う、

デメリットにもなります。

従って、杉を採用する場合は、最低でも、何か塗装をした方が
いいと思います。

アトピッコハウスでは、杉の無垢フローリングは扱っていません。
その代わり、尾鷲のヒノキ材を扱っています。

杉よりも、傷がつき難いし、そこそこ温もりもあるからです。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 無垢フローリング 杉 | タグ: , | 無垢フローリング、杉材のメリット・デメリット はコメントを受け付けていません。

無垢フローリングを新築で無理なく採用する方法

投稿日:2018年04月19日 作成者:


家を新築するに当たって、無垢フローリングに
したいという方も居ると思います。

しかし、いくら無垢フローリングを希望していても、
業者さんへの話の手順、対応等を間違うと、

希望が叶わないということにもなりかねません。
ここでは、無垢フローリングを新築で、無理なく採用する方法について、
解説したいと思います。

まずは、優先順位を決定する

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
まず、家作りにおいては、やりたいこと、叶えたいことが
山のように出てきます。

また、建築会社の営業マンは、「ご希望」をおっしゃってくださいと、
甘い言葉を投げかけてきます。

しかし、予算が無制限にあって、希望を全て叶える
家作りが出来る人というのは、そう多くありません。

普通は、どれかは絶対に実現させて、どれかは諦めるというパターンです。
では、「何を」絶対に実現させたいのか?

家族で話し合って、決めておく必要があります。

たとえば、無垢フローリングにしたいといったことが
優先順位の高いことであれば、

他は削っても、実現させようと考えていないと難しくなります。

予算が無くなってくると、合板フローリング
でも、いいやという話になります。

もちろん、自分が納得しているのなら、それでも良いのですが、
新築後、無垢フローリングの夢を叶えた友人宅に行くのが、

辛くなるような家作りは、実に勿体ないと思うのです。

無垢フローリング分の予算を確保

まず、無垢フローリングを、新築段階で絶対に採用したい
ということであれば、

無垢フローリングにするための「費用」「予算」を
確保する必要があります。

といっても、合板フローリング等も、タダではないので、
新建材との「差額費用」を見積もっておけば良いだけの話です。

無垢フローリングが、いくら高いといっても、
合板フローリングと比較して、2倍も3倍もする筈がありません。

もし、そんな法外な金額を提示されたら、
おかしいと考えるのが、普通だと思います。

確かに、無垢フローリングは、材料費も高いし、
施工費も高いです。

しかし、差額で考えれば、なんとかなる訳です。

無垢フローリング採用の目的を明確にする

無垢フローリングを新築する家に取り入れたいという場合、
どこに魅力を感じるのか、どの程度強い希望なのかを
明確にしておいた方がいいです。

そのためにも、無垢フローリングの魅力を、実感を持って
体験しておくと、いいです。

格好いいとか、豪華とか、足触りがいいとか、温もりがあるとか、
絶対に採用したい理由が明確になっていれば、

予算が無くなってきても、簡単に「無垢フローリング」が
消えることはありません。

自然素材の特性を、知っていると公言

無垢フローリングを希望していながら、
最終的に諦める理由の一つが、

建築業者の「無垢は、メンテナンスが大変ですよぉ~」という
発言にあることがあります。

本当のところを言うと、品質の高い無垢フローリングは、
反ったり、割れたりといったトラプルは、

それほど起こるものではありません。

建築業者の方に脅かされても、ビビらないためにも、
無垢フローリングの特性、自然素材の特性を

理解しておいた方がいいと思います。

そして、無垢フローリングの特性は理解していますので、
大丈夫ですよ、と建築業者の方に言ってあげられると、

「無垢」を諦めさせようとするプレッシャーから解放されます。

脅かされても、慌てない

「無垢は、そりますよぉ~」
「無垢は、メンテナンスが大変ですよぉ~」
「無垢は、高いですよぉ~」

こうした「脅かし文句」に屈しないことです。

確かに、無垢フローリングは、合板フローリングよりも、
トラブルが発生することは多いです。

新築でも、リフォームでも、そこは同じです。

でも、直せるし、それほど、心配しなくても、
大問題になることは、ほぼありません。

大らかに考えればいいと思います。

建築業者は、「ナンセンスクレーム」を言われることを
一番警戒するだけなのです。

こちらが分かっていれば、慌てることも、心配することも無くなります。

いかがでしょうか?

家を新築する際、無垢フローリングを、どのように
採用したら良いか、イメージはつかめてきましたでしょうか?

無垢フローリングにしたい自分の希望を明確にする。
予算を確保する。

無垢フローリングの素材特性を理解して、
建築業者の方に脅かされても、慌てないようにする。

こういったことに注意すれば、
途中で、無垢フローリングを諦めるということも無くなります。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 無垢フローリング 新築 | タグ: , | 無垢フローリングを新築で無理なく採用する方法 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせは0467-33-4210(受付時間:平日8:00 ~ 17:00)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

無垢 Wood Floor

Calendar

2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

最近の投稿

カテゴリー