アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

無垢フローリングのウレタン塗装はお勧めか?

  • 13
  • 4月
  • 2018

無垢フローリングの塗装には、ウレタン塗装と、
自然塗装の2種類があります。

それぞれ違うものであり、メリットも
デメリットもあるので、

どちらが良いとは言い辛い面がありますが、
今回は、ウレタン塗装に絞ってお話ししてみたいと思います。

まずは、ウレタン塗装とは、どんなものなのでしょうか?

最近のウレタン塗装は、UV塗装が主流

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
まず、無垢フローリングに施す「ウレタン塗装」というのは、
ポリウレタンのことです。

「ポリ」と付くものは、石油系の原材料という理解で
まず、間違いがありません。

しかし、石油系だから、体に悪いとか、
お勧め出来ないという単純な話ではありません。

それに、ウレタン塗装には、ウレタン塗装の良さがあります。
ただ、注意したいのは、

ウレタン塗装の「良い面」と「悪い面」を
承知しておく必要があるということです。

一昔前のウレタン塗装は、シンナー等の溶剤を使っていました。
作業をする人の健康にも良くないし、

現場に施工されたあとも、シンナー等の溶剤が、
徐々に、しかも長期間揮発して、

健康的にも問題がありました。

しかし、今は、UVウレタン塗装が主流になっています。

これは、シンナー等の溶剤が揮発して「硬化」するのではなく、
紫外線(UV)を照射することによって、硬化する

ウレタン塗料のことです。

ウレタン塗装は、調湿性を損なう

無垢フローリングをウレタン塗装すると、
水汚れ等が起こっても、サッと拭き取れて、

シミにもなり難いです。

また、無垢フローリングの表面をコーティングするので、
湿気の影響を受け難くします。

その結果、フローリングが伸縮し難くなります。
といっても、完全ではないので、伸縮します。

そして、ウレタン塗装すると、無垢フローリングの
特徴の1つでもある「調湿性能」は、

阻害してしまいます。

つまり、調湿しなくなるということです。
これは、フローリングの隙間が空く心配は軽減されるけど、

部屋の湿度調整には、貢献しなくなるということです。

ウレタン塗装は、水を弾く

無垢フローリングをウレタン塗装すると、水を弾くようになります。
但し、水をこぼして、そのまま放置すれば、

水滴の跡は残りますから、水をこぼしたら、
早めに拭いた方がいいのは、自然塗装と同じです。

但し、無垢フローリングを自然塗装するよりも、
ウレタン塗装した方が、汚れが「染み込み難く」なるということなのです。

ただ、残念なことは、無垢フローリングであっても、
ウレタン塗装すると、表面はペタペタした感じになることは、

事実です。

無垢フローリングの足触りの気持ち良さというのは、
無くなってしまいます。

ペットの足腰に優しい製品もある

自然塗装の場合は、無垢フローリングの内部に浸透する
塗料が中心なので、

表面に塗膜(塗装の膜)が出来ません。

しかし、ウレタン塗装の場合は、フローリング表面に
塗膜が出来ます。

そして、種類によっては、スリップし難いとか、
弾力性があって、ペットの足腰に優しいという製品も、

あるのです。

足触りは、ペタッとする

無垢フローリングのウレタン塗装品は、
水を弾く、汚れにくい、ペットの足腰に優しい製品もある等、

良い面もあります。

ただし、無垢フローリングの調湿性は阻害しますし、
ペタペタして、足触りは良くないです。

これが一番の「難点(欠点)」だと思いますね!

いかがでしょうか?

無垢フローリングをウレタン塗装した製品の
イメージが掴めましたでしょうか?

ウレタン塗装は、無垢フローリングの呼吸を止めるので、
狂い難くします。

つまり、隙間が出来難くなるということです。

また、汚れにくくもなります。

但し、夏場や梅雨の時期には、ペタペタします。
それは、あまり気持ちいいものではありません。

それを踏まえて、メリットとデメリットを
比較されるのが、いいと思います。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

ごろ寝フローリング