ヘリンボーン フローリング

ヘンリボーンフローリングとは、貼り方

投稿日:2017年11月29日 作成者:


ヘリンボーンとは、柄のことですが、先日、
裏庭に新築した小さな小屋の床を、

無垢フローリングで、ヘリンボーンに貼りました。
では、ヘリンボーンのフローリングとは、

いったいどんなものなのか、少し解説してみたいと思います。

ヘリンボーンになっているものは合板

ヘリンボーンに貼った、チェリーフローリング

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
冒頭でお話しした通り、ヘリンボーンとは、柄のことです。
もともと「開きにした魚の骨」の形状に似ていることから、
ニシン(herring)の骨(bone)という意味があります。

これをフローリングで実現させようとすると、
1枚1枚90度に交差させながら貼っていかないとなりません。

しかし、最初からヘリンボーンの形に貼られた
フローリングというものは、合板に上に貼られた

偽物ということになります。

「柄」がヘリンボーンになっていれば、特に
本物とか偽物といったことは気にならないという場合は、

問題ないとは思いますが、1枚1枚貼って、
ヘリンボーンにするということは認識しておいた方がいいと思います。

ヘリンボーンとは貼り方

ヘリンボーンは、開きにした魚の骨のような形状ですから、
フローリングを90度に交差させながら

貼っていかないとなりません。

しかも、同じ長さの短いフローリングを
何度も何度も、直角に敷き並べていかないとなりません。

そうして仕上げたものが、ヘリンボーンになる訳です。

見た目は好き好き

ヘリンボーンのフローリングは、90度に
交差した仕上がりになります。

フローリングの巾とか、長さによって、
それぞれ違った表情になります。

こちらは、好み次第ということになると思います。
ただし、手間暇は、相当にかかるということを

ご理解頂いておくといいと思います。

手間がかかって、費用もかかる

ヘリンボーンは、手間暇がかかるから、
当然に、費用もかかるし、

細工が細かいので、不具合が出る可能性も高いと
いうことを、同時に理解しておく必要があります。

というのは、フローリングというのは、
本来、巾方向には、「実(さね)」と呼ばれる凹凸があり、

長さ方向には、エンドマッチと呼ばれる凹凸があります。

普通に真っ直ぐ貼って行く場合には、巾方向も、長さ方向も、
凹凸をはめながら貼って行くので、

貼りあがった時には、下地が見えなくなります。

しかし、フローリングをヘリンボーンに貼っていこうとすると、
巾方向は問題なく凹凸が合うのですが、

長さ方向は、90度に重なるので、エンドマッチの出っ張り(凸)が、
はまる箇所がありません。

そこで、その出っ張り(凸)をカットして、
貼って行くことになるので、

90度に交差している箇所は、微妙な隙間が空きます。

実がない箇所の良し悪し

つまり、90度に交差した部分は、「実」が差し込まれていませんから、
フローリングが収縮すると、下地が見えるということに

なってしまうのです。

普通にフローリングの工事をする際は、下地が合板だと思います。
すると、ヘリンボーンに貼られたフローリングが

収縮すると、下地の合板が見えてしまうということに
なるのです。

もし、普通に貼っていけば、フローリングの4面とも、「実」が
ついていますので、

多少収縮しても、下地が見えてしまうということは
防げる訳です。

いかがでしょうか?

ヘリンボーンに仕上げられたフローリングというのは、
格好いいと思いますが、

どんなに上手に、丁寧に貼っても、
無垢フローリングであれば、直角に交差する部分には、
「実」がないので、収縮した際、

隙間から下地が見えてしまいます。

しかも、材料代も高いし、工事の手間暇も相当にかかるので、
費用は高くなります。

収縮のリスクを了解した上で、予算の捻出が出来る方であれば、
問題ないと思いますが、

ヘリンボーンに貼られたフローリングの特徴を
理解しておかないと、後悔することにもなりません。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: ヘリンボーン フローリング | タグ: , , | ヘンリボーンフローリングとは、貼り方 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせは0467-33-4210(受付時間:平日8:00 ~ 17:00)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

無垢 Wood Floor

Calendar

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

最近の投稿

カテゴリー