無垢フローリング アンティーク

無垢フローリングのアンティーク調に関して

投稿日:2017年07月14日 作成者:


アンティークの無垢フローリングも、魅力的です。
しかし、本物のアンティークは、施工が難しいし、
手にも入り難いです。

では、アンティーク風に見える無垢フローリングは、
どのようにして施工すればいいのでしょうか?

少し書いてみたいと思います。

本物のアンティークは、施工が難しい

アンティーク風に見える無垢フローリング

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
アンティークの無垢フローリングというと、
一旦施工されて、その後、建物の解体とか、リニューアルに伴い、
床から剥がされた製品ということになります。

接着剤などが発達していなかった時代なら、
丁寧に剥がした無垢フローリングは、

いい感じで、アンティークになっていますから、
数量さえ確保できれば、素敵なアンティークの無垢フローリング
として、再利用できると思います。

しかし、家具などのアンティークと違って、
無垢フローリングの場合は、

床に打ち付ける際の釘の穴だとか、板の割れだとかあって、
必ずしも、状態がいいとは限りません。

「新古品」のように、使われていない死蔵在庫でもあれば、
新品同様の施工性は期待できると思いますが、

まず、未使用のまま、アンティークと呼ばれるほど、
古びた感じに美しく経年変化している無垢フローリングが、

ある程度まとまった数量で手に入るということはないと思います。

それと、最近のように「接着剤」と併用して施工する場合、
床から剥がしても、再利用できるような

状態になりません。

アンティーク調に加工した製品もある

そこで、一番現実的で、お手軽なのが、
アンティーク調に加工した新品の無垢フローリングを
採用するという考え方です。

新品ですから、施工の問題はありません。

そして、フローリングの表面は、古びた感じに
仕上がっています。

わざと適度に、キズをつけたり、塗装も、色ムラを出したりと、
経年変化を意図的に演出します。

樹種も、フローリングの厚みも、巾も、
塗装の色も、色々な選択肢があります。

樹種の選択で、アンティーク風にする

例えば、本物のアンティークの無垢フローリングを探すとか、
アンティーク調に加工された無垢フローリングを探すという

手間暇をかけずに、

樹種の選択で、アンティーク風にするということも可能です。

塗装しなくても、グッとシックな色合いの
無垢フローリングもありますし、

クリア塗装で、「塗れ色」をつけてやるだけで、
グッとシックな感じになる樹種もあります。

さらには、希望であれば、アンティーク風に見える
塗料を塗るという選択肢もあります。

好み次第で、選択肢は沢山あります。

自分で塗装して、アンティーク風にする

難易度は高くなりますが、無塗装の無垢フローリングを
施工してもらって、

現場で、あとから塗装するという方法もあります。

本格的な塗装だと難易度も高いので、
職人さんに依頼するとか、手伝ってもらう。

あるいは、仕上がりの良し悪しは度外視して、
自分達で、DIYするということです。

ムラのある塗装が、かえって、アンティーク風に
感じさせるということも

あるかも知れません。

大らかに、考えたら、いいと思います。

経年変化を楽しむという選択肢

最後の手段は、経年変化を楽しむということです。
わざわざアンティーク調の無垢フローリングを施工しなくても、

施工して何年か経てば、自然と、古びた感じになりますし、
経年変化して、美しくなります。

大抵は、色が濃くなっていきますね!

「キズは、家族の想い出」という考え方もあるので、
生活していれば、フローリングに傷もつきます。

そのキズも味の1つです。

3年か、5年かすれば、いい感じに経年変化しますので、
大らかに、待っていればいいと思うのです。

いかがでしょうか?

最初から、本物のアンティークの無垢フローリングを
施工するというやり方もありますし、

アンティーク調のフローリングを施工するという考えもあります。

そして、自分たちで塗装して、アンティーク風にするという
やり方もあります。

あるいは、好きな樹種を選んで、経年変化を楽しむ
という考え方もあります。

色の濃い樹種を選んでもいいし、白っぽい樹種を選んで、
徐々に変化することを楽しむという考え方です。

どちでも、いいと思います。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 無垢フローリング アンティーク | タグ: , | 無垢フローリングのアンティーク調に関して はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせは0467-33-4210(受付時間:平日8:00 ~ 17:00)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

無垢 Wood Floor

Calendar

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

最近の投稿

カテゴリー