無垢フローリングをキッチンに貼る場合の選択肢

投稿日:2018年04月18日 作成者:


家全体の床を無垢フローリングにした時、
キッチンは、どうしようと迷うと思います。

そうした相談も、よく受けます。
確かに、水をこぼしたり、時には、食材を落としたり、
油をこぼしたりするかも知れません。

無垢フローリングは、キッチンには合わないのでしょうか?
私は、そうは思いません。

私の会社のキッチンは、無垢フローリングの自然塗装品です。
水もこぼすし、食材もこぼします。

それでも、綺麗だし、清潔に保てています。
では、無垢フローリングをキッチンに貼る場合の
選択肢について、解説してみたいと思います。

キッチンでも、特別扱いしなくて良い

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
キッチンは、確かに、水はねもするし、食材を落としたり、
油はねしたりもします。

しかし、こぼしたり、水はねすれば、
直ぐに「拭けば」いいし、普通は、直ぐに拭くと思います。

水はねや、油はねして、そのまま放置すれば、
水だろうが、油だろうが、無垢フローリングの

奥深くに染み込みます。

特に、無塗装の無垢フローリングだとしたら、
汚れが、相当に気になると思います。

だから最低でも、自然塗料なり、オイル程度は塗って、
無垢フローリングを保護したいと思います。

その方が、気が楽です。
ただ、それ以外は、大らかに考えればいいと思います。

汚れは、放置すれば、シミになるし、汚くなります。
でも、汚しても、直ぐに拭けば、

綺麗な状態を保てます。
キッチンの床だからといって、特別扱いする必要はないと思います。

水をこぼしたら、直ぐに拭き取る

キッチンの床を無垢フローリングにした場合、
一番気になるのが、「水はね」かも知れません。

キッチンマットを敷くという方もいるかも知れませんが、
もし、そのままの状態で使うのであれば、

水が跳ねたら、拭けばいいと思います。
これは、自然塗装した無垢フローリングであっても、

ウレタン塗装した無垢フローリングでも同じです。

ウレタン塗装でも、水染みは付く

ウレタン塗装とは、石油系の化学塗料のことです。
植物原料を使った「自然塗料」と違って、バッチリと塗膜が付きます。

「塗膜」とは、「塗料の膜」のことで、つまりは、
フローリングの木目をバッチリと隠す(保護する)塗料という
ことです。

塗膜がバッチリ付きますから、水をこぼしても
弾いてくれます。

自然塗料と違って、フローリングの奥に染み込み難くもあります。

ただし、たとえ、ウレタン塗装であっても、長時間放置すると、
「水染み」も「油染み」も付きます。

水はね、食べこぼし等、床を汚したら、
直ぐに、拭き掃除をするのが基本だし、

それさえ注意していれば、それほど神経質になる
必要はありません。

自然塗装品でも、それほど問題にならない

私の感覚では、自然塗装品の無垢フローリングをキッチンに貼っても
特に問題にならないように感じています。

水はねや、食べこぼしは、直ぐに拭けば
染みにもならないし、清潔な状態を保てます。

自然塗装は、無垢フローリングの呼吸を止めないし、
表面を完全コーティングしないので、

素足で歩いても、ベタベタしません。
それが一番の魅力かも知れません。

多少汚れても、生活に支障をきたすことはないし、
ウレタン塗装でも、シミはつくし、汚れる訳だから、

折角、無垢フローリングにするのなら、
キッチンも、思い切って、自然塗装品の無垢フローリングで
良いと感じています。

たまにワックスを掛ける程度で良い

自然塗装品にしろ、ウレタン塗装品にしろ、
たまにはワックスを掛けてあげた方が、

水を弾いたり、汚れを弾いてくれるので、
清潔な状態を保ちやすいし、

掃除も簡単です。

別に、全面的にワックスを掛けなくても、
気になった箇所だけ、シュシュとやればいいと思います。

そうした時に役立つのが、自然素材を原料とした
クリーナー兼用のワックスですね。

アトピッコハウスでは、こめっとさんという製品を扱っています。

いかがでしょうか?

キッチンだから、無垢フローリングにするのは、
躊躇するという特別な理由がないことを

ご理解頂けたでしょうか?

水はねや、油はね、食べこぼしなどは、
早めに拭き取った方がいいし、

時々は、ワックスを掛けてやった方が
掃除もしやすくなるし、清潔に保てます。

それに、流し台の前は、特に気になるということであれば、
キッチンマットを使えばいいと思います。

ただし、キッチンマットも清潔にしないと、
かえって汚くなると思います。

キッチンにお勧めの無垢フローリングとは、どんなものでしょうか?

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 無垢フローリング キッチン | タグ: , | 無垢フローリングをキッチンに貼る場合の選択肢 はコメントを受け付けていません。

無垢フローリング、カーペットからの張替え

投稿日:2018年04月17日 作成者:


カーペット張りの床を、無垢フローリングに変更したい
というニーズは、結構あります。

それは、カーペットが流行った時期があったからですが、
カーペットの床は、掃除もし難いし、

衛生面の問題からも、張替えしたくなるという訳です。

しかし、カーペットの床を無垢フローリングに張り替える
というのは、意外と面倒だったりします。

では、その詳細を解説してみましょう。

まずは、管理組合の許可は大丈夫?

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
もし、無垢フローリングに張り替えたいと考えている建物が、
戸建ての住宅であれば、誰はばかることもなく、

自分の判断だけで、工事の実施を決断できます。

しかし、工事をする場所が、マンションの1室ということであれば、
まず最初にやらないとならないのは、

マンションの管理組合に許可をとることです。

マンションには、「遮音規定」というのが定められているので、
階下に迷惑が掛からないよう、

規定を守らないとなりません。

まずは、その内容を確認し、既定の内容に適合した工事内容を提示し、
管理組合に許可を取らないと、ならない訳です。

カーペットを剥がさずに、重ね張り

ここからは、管理組合の許可とは別の話をします。
つまり、施工に関してです。

現状の床がカーペットで、それを無垢フローリングに
張替えるとした場合、

現状のカーペットを剥がしてから、無垢フローリングを貼ろう
と考えるのが、普通です。

しかし、現状のカーペットは、そのままにして、
その上から、無垢フローリングを貼るということが、

出来ない訳ではありません。

この方法は、カーペットが下地に接着されていて、
なかなか剥がれないという時にお勧めの施工方法です。

この場合は、カーペットの上に、合板を捨て貼りして、
その上から、無垢フローリングを貼る訳です。

仕上がったフローリングは、足元がフワフワするといった
こともないので、それで、お客様や、管理組合がOKであれば、

割と、手軽な施工方法の1つです。

但し、遮音の問題がある場合は、対処しないとならないし、
重ね張りをすると、仕上がった床が高くなるので、

その対処も必要です。

カーペットを剥がしたら、下地を整えて

現状の床がカーペットであれば、一旦カーペットを剥がして、
その上で、無垢フローリングを貼るというのが、

普通だと思います。

また、現状のカーペットを剥がしたら、
下地の合板が出て来る筈なので、

部屋周囲の「グリッパー」というカーペットを引っ掛ける
部材を撤去すれば、フローリングを貼る下地は、

整うと思います。

もし、それ以上に「荒れた」下地であれば、
それを整えた上で、無垢フローリングを貼ることになります。

床が高くなるので、建具調整が必要

カーペットを剥がして、無垢フローリングを貼る場合は、
床の高さは、それほど変わらないと思います。

それでもカーペットの厚みよりも、フローリングの方が
厚みがあるはずなので、多少は、床が上がります。

また、現状のカーペットを剥がさず、「重ね張り」を
する場合は、確実に現状より、床が高くなります。

したがって、そのままの状態では、扉が開かなくなるので、
建具の下をカットしたり、敷居に詰め物をして、

床の高さを調整する必要があります。

もし、既存のカーペットが簡単に撤去できるタイプなら、
撤去した方がいいと思いますが、

そのままにすることによって、「音対策」に貢献する
可能性があります。

ただ、管理組合に確認して、キチンとした「遮音対策」をしないと
ならないのなら、

ちゃんとした遮音材を入れて、工事をした方がいいと思います。

壁際は、巾木で隠す

カーペットの上に、無垢フローリングを重ね張りする場合でも、
一旦、カーペットを剥がして工事する場合でも、

無垢フローリングを床全面に貼ったあとの壁際は、
「巾木」という部材で隠すことになります。

無垢フローリングは、湿気の影響で伸縮します。
その伸縮対策として、わざと、壁際に「隙間」を作るので、

その「意図的な隙間」を「巾木」で隠すのです。

いかがでしょうか?

カーペットを剥がして、無垢フローリングにする場合、
重ね張りという方法と、カーペットを一旦剥がして貼る

という方法の2通りの施工方法があることを
ご理解頂けたでしょうか?

もし、工事する場所がマンションの場合は、
管理組合に「工事の許可」を取る必要があります。

そして、遮音規定に合致した工事内容で工事しないとなりません。
また、カーペットを無垢フローリングに変更すると、

床が多少上がるので、建具の下をカットしたり、
敷居の高さを調整したりという作業も必要になります。

しかし、それで、ご希望の無垢フローリングにすることが出来るのです。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 無垢フローリング カーペット | タグ: , | 無垢フローリング、カーペットからの張替え はコメントを受け付けていません。

無垢フローリング、市松仕上げはなぜ高い

投稿日:2018年04月17日 作成者:


市松模様の無垢フローリングというと、
無垢フローリングを4枚ほどまとめて、縦横に貼っていき、

縦横のブロックを作ったような無垢フローリングの
貼り方を言います。

とてつもなく、工事に手間暇がかかり、不具合も起こりやすい
無垢フローリングの仕上げ方です。

では、無垢フローリングの市松仕上げとは、どんなもので、
どんな不具合が考えられるのか、解説してみたいと思います。

市松仕上げは、手間暇が大変

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
まず、無垢フローリングを市松模様に、仕上げていく
手間暇をご説明しないとなりません。

無垢フローリングは、通常75mmとか、90mmという巾です。
長さは、1,820mmの定尺か、60cm以上程度の乱尺です。

最初から、市松用として加工してある無垢フローリングであれば、
巾は75mmか、90mmで、長さは、300mm程度か、270mmか、
360mm程度というのが一般的だと思います。

巾が75mm(7.5cm)で、長さが300mm(30cm)程度の
短い無垢フローリングを1本1本貼っていかないとなりません。

無垢フローリング1枚の巾が75mmとすれは、
同じ方向に4枚貼って、

次は、90度反転させて、また4枚貼ることになります。

たった30cmほどの長さの無垢フローリングですが、
長さ方向にも、巾方向にも、実(さね)と呼ばれる

ジョイント加工がされています。

そのジョイント部分の凸部を、凹部に差込みながら、
4枚づつ交互に貼っていくのです。

ものすごい手間暇です。
だから、工事費も高くなるのです。

市松模様の作り方

市松模様は、交互に貼られたフローリングです。
30cm程度ごとに、90度反転させて貼っていきます。

仕上がると、縦から見ても、横から見ても、
90度ごとに、反転されているイメージです。

30cmほどのフローリングの前後左右4箇所には、
実(さね)加工がされていますから、

実の部分を、相手側の溝に差し込みながら、
工事を進めて行くことになります。

実と言うのは、凸部を雄実(おざね)と言い、凹部を雌実(めざね)といいます。
この凹凸を組み合わせながら、

90度交差させて、貼って行く訳です。

市松は、不具合も起こりやすい

無垢フローリングは、無垢材を原料として作ります。
そして、無垢材は、高さ方向と、巾方向とで、

「伸縮率」が違います。

通常の無垢フローリングは、1部屋全部、
同じ方向に向けて貼りますから、

乾燥収縮で隙間が出来たとしても、巾方向だけということが
良くあります。

それは、巾方法の方が、伸縮率が高いので、
目立つ訳です。

長さ方向だって、伸縮しない訳ではありませんが、
目立たない訳です。

そこで、通常なら、「巾方向」だけを心配していればいいのに、
市松仕上げにした無垢フローリングの場合は、

縦(長さ方向)も、横(巾方向)も、伸縮の心配をしないと
ならなくなる訳です。

4方実(しほうざね)になっていないと、下地が見える

無垢フローリングは、合板フローリングよりも、
大きく伸縮します。

しかも、市松模様で、無垢フローリングを施工すると、
縦も、横も伸縮して「隙間」が出来る可能性があります。

もし、うっかり伸縮し過ぎると、フローリングの間に隙間が空いて、
下地の合板なりが見えてしまう可能性があります。

したがって、施工に関しては高い技術と、丁寧な作業を
必要とします。

また、もし、無垢フローリングが市松用に4方実(しほうざね)に
なっていないと、相手側に差し込めないので、伸縮して、

隙間が出来たときには、そのままストレートに
下地が見えることになります。

市松の補修も面倒

市松模様に仕上げた無垢フローリングは、補修も大変です。
隙間が出来る可能性は、縦、横両方にありますから、

どこに隙間が出来ても、おかしくない訳です。

もし、隙間が出来たら、「埋め木」をするのが一番ですが、
まずは、1年間様子を見て、

ある程度「納まってから」、どこをどう直すか、
検討するといいと思います。

そして、1年様子を見た結果、どうしても、
直したいと思った箇所だけ「埋め木」すれば

いいと思います。

市松模様に貼った無垢フローリングの補修は大変です。
出来れば、多少の隙間は、大らからに考えた方が、

いいように思います。

いかがでしょうか?

無垢フローリングの市松仕上げも、格好いいとは思いますが、
施工に手間暇がかかり、不具合も起こりやすいと
いうことをご理解頂けたでしょうか?

そして、手間暇がかかる分、施工費も高くつきます。
もちろん、材料費だって、高くつきます。

それでも、無垢フローリングを市松仕上げにしたい
という場合は、おおらかに考えるというのが、

お勧めだと思います。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 無垢フローリング 市松 | タグ: , | 無垢フローリング、市松仕上げはなぜ高い はコメントを受け付けていません。

無垢フローリングで、椅子を使う場合の注意点

投稿日:2018年04月17日 作成者:


無垢フローリングにして、椅子を使うという場合、
床に傷が付くことを気にされる人は多いと思います。

私は「キズは家族の思い出」とする考え方が好きですが、
やはり「傷はつけたくない」という方のために、

無垢フローリングで、椅子を使うけど、なるべく
傷をつけない方法というのをお伝えしたいと思います。

傷が付くのが嫌なら、堅い樹種

無垢フローリングで、椅子

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
無垢フローリングは、格好いいし、あこがれる人は
多いと思います。

傷も「味」という考え方もありますが、
注意しないと、ボロボロしたり、トゲが立ったりと、

無垢フローリング表面が荒れて、見栄えが悪いだけでなく、
危険な状態になることも考えられます。

もし、無垢フローリングを採用して、椅子を使うけれど、
床に傷をつけたくないという場合は、

ナラ、カバといった傷がつき難い樹種を選ぶべきだと思います。

ナラ、カバは、広葉樹という樹種になります。
特に、ナラ材は、オークとも呼ばれ、堅く、木目が綺麗なことから、

家具やフローリングなどに使われる「高級」な樹種の1つです。
ヒノキや杉といった針葉樹と比較すると、

多少値段も張りますが、無垢フローリングで、椅子を使用し、
キズが付き難い樹種を選ぶという場合は、

お勧めだと思います。

椅子の足にフェルトを貼る

無垢フローリングを採用し、椅子を使うけど、
フローリングに傷をつけたくないという場合、

堅い樹種を選ぶ選択肢以外で、次に出来ることは、
椅子そのものの対策です。

まず、簡単な方法は、椅子の足の裏にフェルトを貼る
方法です。

表面からは、見えないので、格好が悪くなることもありません。
ただし、薄いフェルトだし、椅子の足全部を覆う訳ではありませんから、

角(かど)が当たれば、傷はつきます。
しかし、椅子を多少引きずっても、直ぐに傷が付く
ということは、避けられます。

椅子の足に、ゴムをはめる

無垢フローリングを採用し、椅子を使う。
でも、フローリングに傷をつけたくない。

椅子の足の裏にフェルトを貼る、次の方法は、
椅子の足に、ゴムをはめてしまうという方法です。

これだと、椅子が床に接している面全て、
厚めのゴムで覆われていますので、

少々、椅子を手荒に扱っても、床に傷つくということは
防げます。

ただし、椅子の足にゴムがはめられている状態を
容認できるかどうかが問題になります。

確かに、傷はつき難いと思いますが、
格好悪いと言えなくもありません。

傷がつくのを容認するか、格好悪いのを我慢するか、
ご自身の価値観次第ということになりますね。

傷がつくのは、容認する

堅い樹種の無垢フローリングを採用すれば、椅子を使って、
椅子の足に「保護材」を付けなくても、

ある程度、傷は防げます。

しかし、杉やヒノキといった柔らかい樹種を採用した場合、
ナラ、カバといった堅い樹種と違って、傷はつき易いと思います。

ただし、「キズは家族の想い出」と、おおらかに
捉えることが出来るのなら、

多少のキズがついても、気にしないという選択肢があります。
汚れも、キズも、その家ならではの「味」に変わります。

キャスター付きの椅子にする

堅い樹種の無垢フローリングを採用した方が、
椅子を使っても、キズが付き難いことは、事実ですが、

足の裏にフェルトを付ける、ゴムをはめるといった
方法のほかに、キャスター付の椅子にするという選択肢もあります。

堅い樹種の無垢フローリングであれば、
キャスター付の椅子で、コロコロやっても、

傷がつくことはありません。

但し、スギやヒノキといった柔らかい樹種だと、
キャスター付の椅子でも、

座っている人の体重がキャスターを通じて、
床に伝わるため、キャスターで、コロコロやっている箇所が

微妙に凹んできます。

ただ、ある程度凹んだら、それで安定するので、
気にしないという方法もあります。

椅子が動く部分に、カーペットやマット、コルク等を敷く
という方法もありますが、

折角の無垢フローリングですから、
そのまま使われた方が、いいように思います。

いかがでしょうか?

床を無垢フローリングにし、椅子を使うけど、
フローリングに傷を付けたくないという場合は、

堅い樹種の無垢フローリングを採用し、
キャスター付の椅子を使ったり、

椅子の足の裏にフェルトを貼ったり、椅子の足に
ゴムをはめるという方法で、傷を防げるということが、

ご理解頂けたでしょうか?

そして、一番の対策は、大らかに考えるということですね。
「キズは家族の想い出」といった程度の考え方で、

多少キズがついても、気にしないでおくのが、いいと思います。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 無垢フローリング 椅子 | タグ: , | 無垢フローリングで、椅子を使う場合の注意点 はコメントを受け付けていません。

無垢フローリングのウレタン塗装はお勧めか?

投稿日:2018年04月13日 作成者:


無垢フローリングの塗装には、ウレタン塗装と、
自然塗装の2種類があります。

それぞれ違うものであり、メリットも
デメリットもあるので、

どちらが良いとは言い辛い面がありますが、
今回は、ウレタン塗装に絞ってお話ししてみたいと思います。

まずは、ウレタン塗装とは、どんなものなのでしょうか?

最近のウレタン塗装は、UV塗装が主流

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
まず、無垢フローリングに施す「ウレタン塗装」というのは、
ポリウレタンのことです。

「ポリ」と付くものは、石油系の原材料という理解で
まず、間違いがありません。

しかし、石油系だから、体に悪いとか、
お勧め出来ないという単純な話ではありません。

それに、ウレタン塗装には、ウレタン塗装の良さがあります。
ただ、注意したいのは、

ウレタン塗装の「良い面」と「悪い面」を
承知しておく必要があるということです。

一昔前のウレタン塗装は、シンナー等の溶剤を使っていました。
作業をする人の健康にも良くないし、

現場に施工されたあとも、シンナー等の溶剤が、
徐々に、しかも長期間揮発して、

健康的にも問題がありました。

しかし、今は、UVウレタン塗装が主流になっています。

これは、シンナー等の溶剤が揮発して「硬化」するのではなく、
紫外線(UV)を照射することによって、硬化する

ウレタン塗料のことです。

ウレタン塗装は、調湿性を損なう

無垢フローリングをウレタン塗装すると、
水汚れ等が起こっても、サッと拭き取れて、

シミにもなり難いです。

また、無垢フローリングの表面をコーティングするので、
湿気の影響を受け難くします。

その結果、フローリングが伸縮し難くなります。
といっても、完全ではないので、伸縮します。

そして、ウレタン塗装すると、無垢フローリングの
特徴の1つでもある「調湿性能」は、

阻害してしまいます。

つまり、調湿しなくなるということです。
これは、フローリングの隙間が空く心配は軽減されるけど、

部屋の湿度調整には、貢献しなくなるということです。

ウレタン塗装は、水を弾く

無垢フローリングをウレタン塗装すると、水を弾くようになります。
但し、水をこぼして、そのまま放置すれば、

水滴の跡は残りますから、水をこぼしたら、
早めに拭いた方がいいのは、自然塗装と同じです。

但し、無垢フローリングを自然塗装するよりも、
ウレタン塗装した方が、汚れが「染み込み難く」なるということなのです。

ただ、残念なことは、無垢フローリングであっても、
ウレタン塗装すると、表面はペタペタした感じになることは、

事実です。

無垢フローリングの足触りの気持ち良さというのは、
無くなってしまいます。

ペットの足腰に優しい製品もある

自然塗装の場合は、無垢フローリングの内部に浸透する
塗料が中心なので、

表面に塗膜(塗装の膜)が出来ません。

しかし、ウレタン塗装の場合は、フローリング表面に
塗膜が出来ます。

そして、種類によっては、スリップし難いとか、
弾力性があって、ペットの足腰に優しいという製品も、

あるのです。

足触りは、ペタッとする

無垢フローリングのウレタン塗装品は、
水を弾く、汚れにくい、ペットの足腰に優しい製品もある等、

良い面もあります。

ただし、無垢フローリングの調湿性は阻害しますし、
ペタペタして、足触りは良くないです。

これが一番の「難点(欠点)」だと思いますね!

いかがでしょうか?

無垢フローリングをウレタン塗装した製品の
イメージが掴めましたでしょうか?

ウレタン塗装は、無垢フローリングの呼吸を止めるので、
狂い難くします。

つまり、隙間が出来難くなるということです。

また、汚れにくくもなります。

但し、夏場や梅雨の時期には、ペタペタします。
それは、あまり気持ちいいものではありません。

それを踏まえて、メリットとデメリットを
比較されるのが、いいと思います。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 無垢フローリング ウレタン塗装 | タグ: , | 無垢フローリングのウレタン塗装はお勧めか? はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせは0467-33-4210(受付時間:平日8:00 ~ 17:00)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

無垢 Wood Floor

Calendar

2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

最近の投稿

カテゴリー