無垢フローリングの隙間の補修方法は?

投稿日:2018年04月11日 作成者:


無垢フローリングを採用すると、隙間の問題は
避けては通れません。

必ず「隙間」が生じて、補修を余儀なくされるのか?
というと、程度の差はあるとしても、

季節変動によって、「隙間」そのものは、必ず発生しますし、
場合によっては、補修も必要になってしまいます。

では、無垢フローリングに「隙間」が出来た際、どう対処し、
どう補修できるのか、紹介したいと思います。

まず、1年待ってから判断する

無垢フローリングの隙間の補修

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
無垢フローリングは、湿気の多い夏場は、膨張して、
大きくなります。

そして、乾燥している冬場は、収縮して、
小さくなります。

そこで、無垢フローリングを施工する際には、
「時期」に応じて、キツメに貼ったり、ユルメに貼ったり
する訳です。

具体的に言うと、夏場は、隙間を空けないように施工しますが、
冬場は、夏場の膨張を考えて、多少隙間を空けて貼る訳です。

その「意図的な隙間」は、フローリングメーカーで、
ある程度設定がありますが、

実際は、現場の大工さんの判断ということになります。

その「キツメ」「ユルメ」の手加減を間違うと、
施工後に、「隙間」が出来たり、

ジョイントの部分が盛り上がってくる訳です。

ただし、そうした「不具合」が起こっても、すぐに「補修」せずに、
まずは、1年間は待った方がいいと思います。

夏場は、「隙間」がないのに、冬場になったら「隙間」が出来た
としても、その「隙間の大きさ」が、最大、どの程度になるのか?

張替えが必要になるほど、ひどい状態なのかを
判断する訳です。

実は、多くの場合、1年待ってみると、「適当」な感じに治まって、
補修しなくて良くなることは多いのです。

夏と冬の「違い」を比較する

無垢フローリングに「隙間」が空いてきたら、
まずは、慌てず、夏場に「どの程度回復するか」
確認する必要があります。

その上で、補修するのか、しないのかを判断されると良いと思います。

3mm、5mmの隙間であれば、夏場の湿気が多い時期になったら、
自然とふさがることも多いですし、

気にならなくなります。

それに、毎年同じ箇所が、同じだけ「開く」ということでもないので、
大らかに対処するという選択肢もあっていいと思います。

許容範囲なら、放置する

無垢フローリンングに隙間が空いて来て、「補修」を
考えた場合、まずは、1年を通して、

状況を把握する。

そして、年間を通しての「伸縮」が許容範囲であれば、
「放置する」「気にしない」ことにするといった

選択肢も、あっていいと思います。

意外と馴染んで、なれなりに魅力的なものです。

補修する場合は、埋め木で

そして、もし無垢フローリングの隙間を補修する場合は、
張替えか、埋め木になると思います。

5mmも1cmも隙間が空いていて、夏場にも、
隙間が埋まらないというのであれば、

施工されている無垢フローリングと同じ樹種の
木材を用意して、

細く割いて、隙間部分に埋めていけば、
「隙間」は、ふさがります。

その後、塗装やワックスを掛けて、周辺部と
似たような感じにして、目立たなくさせます。

この方法が、一番簡単だと思います。

あとは、隙間が空いている部分のフローリングを剥がして、
張替えるという方法になりますが、こちらは、
結構、手間暇も費用もかかりますので、

「埋め木」で処理されるのが、いいと思います。

パテ等では、補修にならない

以前実際にやっている人がいて、驚いたのですが、
無垢フローリングの「隙間」に、コークボンドと呼ばれる

パテ材を注入して、補修されている方がいました。
ただ、これは、一時的なものだし、

季節変動による無垢フローリングの伸縮を考えたら、
パテで隙間を埋めるというのは、止めておいた方がいいと思います。

夏場に補修すると、冬場は、隙間が復活して、
見苦しくなります。

また、冬場に補修すると、夏場は、パテが圧縮されて、
盛り上がってくる可能性があります。

いずれにしろ、パテで補修しても、直ぐにボロが出る訳です。

いかがでしょうか?

無垢フローリングを施工して「隙間」が出来たら、
どう「補修」すればいいかご理解頂けたでしょうか?

まずは、1年間は、「隙間」の様子を観察し、
その後「補修する」のか「放置する」のかを決定する。

そして、もし補修するとしたら、埋め木にするのか、
張替えるのかを考えるという段取りです。

私のお勧めは、よほど酷くない限りは、放置ですね。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 無垢フローリング 隙間 補修 | タグ: , , | 無垢フローリングの隙間の補修方法は? はコメントを受け付けていません。

無垢フローリングにして後悔するのか?

投稿日:2018年04月10日 作成者:


無垢フローリングを採用して、結果として後悔する
ことがあるといったら、どんなことでしょうか?

例えば、反ったり、割れたりといった「不具合」を
想像するかも知れません。

あるいは、メンテナンスが大変といったことが想像される
のかも知れません。

では、実際に、無垢フローリングを採用して、
後悔するとことがあるのでしょうか?

少し、想像してみたいと思います。

無垢にする後悔よりも、無垢にしない後悔

無垢フローリングにして、後悔する?

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
まず最初に思いつくのは、「無垢フローリングにした」後悔よりも、
「無垢フローリングにしなかった」後悔の方が大きい

ように思います。

ほとんどの建て主さんが、家作りは初めてです。

最初から、無垢フローリングに憧れを持っていて、
無垢フローリングにすると決めている人は多くなくて、

色々と、家づくりを勉強していく過程で、無垢フローリングの
存在を知り、あこがれて、知識を増やして行く訳です。

しかし、その過程で、「無垢は扱いが難しい」とか「反る」とか
「割れる」と脅かされて、ある一定の割合で、あきらめます。

無垢フローリングを採用したら「後悔」するのではないかと、
「心配」している人も、「諦める」危険な位置にいると思います。

無垢フローリングは、別に「扱い」が大変でも、
メンテナンスが大変な訳でもありません。

惑わされないことだと思います。

無垢フローリングのデメリット

無垢フローリングは、合板フローリングに比べて、
季節によって、伸びたり縮んだりします。

しかも、合板のように接着剤で張り合わせていないので、
その伸縮が、ストレートに反映されます。

フローリングの品質や、施工の仕方によっては、
隙間が空いたり、盛り上がってきたりということも、

ない訳ではありません。

しかし、それは、採用する製品の品質を吟味すれば防げるし、
キチンとした職人さんに工事してもらえば、

そうそう不具合が発生することもありません。

それに、もし、不具合が発生しても、直せます。

品質や施工上において、無垢フローリングのデメリット
というのは、ありません。

それに、合板フローリングだから、不具合が起こらない
という訳ではありません。

では、合板フローリングのデメリットは?

合板フローリングとは、台板(だいた)と呼ばれる下地の
合板の上に、突板(つきいた)と呼ばれる

無垢の薄いシートを貼って作ったフローリングです。

下地が合板なので、湿気の影響を受け難く、
伸縮しにくいという特徴があります。

また、無垢フローリングと違って、施工が簡単だし、
スピーディに工事が完了します。

だから、工事費も安くなります。

といっても、無垢フローリングと同様に、多少は伸縮しますし、
隙間が空いたり、反ったりといったことがゼロである

保証は、ありません。

また、もともとが、合板の上に、薄いシートを貼っただけの
フローリングなので、大きな傷がつくと、

下地の合板が露出します。

そして、補修も結構大変です。
とても、素人がチャチャと補修できるような代物ではありません。

フローリング以外の選択肢

合板フローリングにしろ、無垢フローリングにしろ、
フローリングは、木質系の床材なので、

季節によって、伸びたり、縮んだりします。
そのことによって、不具合も生じます。

だからといって、必ず後悔するとは限りません。

無垢フローリングの代わりの床材としては、
カーペットとか、ビニール系の素材という選択肢も
あると思います。

しかし、無垢フローリングの気持ち良さ、豪華さを考えると、
採用「しない」方が、後悔すると思います。

では、無垢にして後悔するケースは?

無垢フローリングを採用して後悔するケースというのは、
「キズの付き易さ」とか「温もりの度合」とか「色味」だと思います。

たとえば、「傷」が気になる人が、椅子を使う生活で、
柔らかい樹種のフローリングを採用したとしたら、

おそらく後悔します。

また、床暖房は採用しないけど、足触りが温かいフローリングを
希望する人が、広葉樹系の堅い木を採用したら、

後悔するかも知れません。

そして、床の「ワタボコリ」等が気になる人が、
ブラックウォールナット等の黒とか、濃茶の無垢フローリングを
採用したら、汚れが気になって、

後悔するかも知れません。

それ以外では、無垢フローリングを採用して、
後悔する場面が想像できません。

いかがでしょうか?

無垢フローリングの採用を決定して、後悔するケースは、
それほど多くないと思うのが、私の考えです。

傷のつき易さとか、足触りの温もりの度合とか、
掃除のし易さといった、いくつかの「判断基準」は、

あるとして、

無垢フローリングして、後悔することは多くないと
ご理解頂けたでしょうか?

ただし、合板フローリングよりも、無垢フローリングの方が、
費用は、高くつきます。

それでも、もし、予算が許すのであれば、
無垢フローリングの採用をお勧めしたいと思います。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 無垢フローリング 後悔 | タグ: , | 無垢フローリングにして後悔するのか? はコメントを受け付けていません。

無垢フローリング施工費の妥当な会社は?

投稿日:2018年03月30日 作成者:


無垢フローリングは高いと、根拠もなく考えている
人は、多いと思います。

では、本当に高いのでしょうか?
そして、妥当な価格というのは、いくらということになるのでしょうか?

ここでは、無垢フローリングの施工費を中心に
書いてみたいと思います。

DIYを選択肢に入れるのか?

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
無垢フローリングの施工というのは、難易度が高いです。
プロの大工さんが工事する場合でも、たまに失敗する
ことがあります。

では、どうして失敗するのでしょう?

それは、無垢フローリングが生きていて、動くからです。

湿度の高い夏場は、無垢フローリングが、湿気を吸って
膨張します。

そして、乾燥している冬場には、湿気を吐き出して
収縮します。

つまり、夏場は無垢フローリングが膨張していますから、
床に「施工」する際には、「きつめ」に施工していかないとならない訳です。

そして、冬場は、夏場の膨張を考慮して、
わざと「ゆるめ」に施工していきます。

この際、「名刺1枚」程度の厚みで、意図的な隙間を作ります。

スペーサーという道具を使う場合もありますが、
どの程度の「隙間」を空けながら貼っていったら良いのか?

その当たりは、施工する時期と、無垢フローリングの樹種と、
フローリングの巾の大きさなどが影響してくる訳です。

フローリングのメーカーから、製品ごとに、「隙間の目安」は、
提示されますから、それを頼りにしていいと思います。

ただし、施工する時期に応じて、無垢フローリングの
膨張や収縮を計算して、施工するなんてことが、

果たして、素人のDIYで出来るのかと言うと、
相当に難易度が高いと思います。

無垢フローリナングのDIYは難易度が高い

ご説明した通り、無垢フローリングの施工は、
湿気による収縮、膨張を計算に入れないといけないから、

難易度が高いです。

また、下地を整えたり、仕上げ材としての
無垢フローリングを貼るのも、

プロの道具がないと難しいと思います。

技術的にも難しいし、手間暇もかかります。

壁に、珪藻土や漆喰といった「塗り壁」を塗る方が、
DIYとしては、難易度が低いです。

だから、無垢フローリングの施工に関しては、
プロに頼んで、プロに施工費を払った方がいいと思います。

どんなフローリングを貼りたいかは、あらかじめ
製品を選んでおいて、「施主指定」するか、「施主支給」する
必要があります。

プロに頼むと、「お任せ」で大丈夫だろうと考えると、
失敗をするケースが多いです。

最近では、プロでも「普通のフローリング」と言うと、
「合板フローリング」だと思っています。

そして、「無垢フローリング」を指定しても、
ウレタン塗料で、ばっちりコーティングされたような
無垢フローリングしか知らないといったこともあります。

したがって、どの無垢フローリングを貼ってもらいたいのかを
あらかじめ決定し、「施主指定」でOKなのか、
「施主支給」した方がいいのかを確認する必要があるのです。

では、どんなプロに頼めば妥当な金額で、
無垢フローリングの工事をしてくれるのでしょうか?

誰に頼むかで、施工費は変わる

工事をお願い出来るプロの方というのは、沢山います。
しかし、設計が中心の設計事務所、不動産取引が中心の不動産会社、

工事全般を取り仕切る工務店、大工仕事だけをやる職人さん、
といったように、工事を頼める先は、多種多様です。

ところが、設計士事務所や不動産会社は、
自分で工事しませんから、工事は工事をする会社に頼むことになります。

実際に「現場」に来て、木を切ったり、
釘を打ったりするのは、「大工さん」という職人さんなので、

職人さんに直接頼むのが、一番施工費が安くつくと思います。

しかし、職人さんは、自分で「仕事を受注しない」ので、
直接、大工さんに工事を依頼するというチャンスは、

ほぼないと思います。

となると、仲介者である設計事務所や、不動産会社を
経由するという発想もありますが、

そうすると、職人さんの施工費の他に、設計事務所や
不動産会社の経費も、別途必要になります。

そして、設計事務所や不動産会社も、直接、大工さんに頼むケースは、まれで、
通常は、大工さんほか、職人集団を束ねている

工務店と呼ばれる「建築会社」に、工事を依頼します。
つまり、

職人さんの作業賃+工務店の経費+設計事務所(不動産会社)の経費

が、施工費用ということになる訳です。

職人直接に頼むメリットとデメリット

もし、大工職人さんを知っていて、直接工事を
お願い出来るとしたら、

施工費は、これが一番安いと思います。

但し、無垢フローリングそのものは、「施主指定」ではなく、
「施主支給」しないと難しいと思います。

大工職人さんは、会社ではなく、個人としてやっている
ことが多いので、仕入れ出来ないという話になるのです。

だから、建て主(施主)そのものが、無垢フローリングを
施主支給して、工事だけ実施してもらうということです。

でも、職人さんと上手に付き合って、自分の希望を
キチンと理解してもらって、

希望通りの家にしてもらうというのも、
ある程度、難易度が高いのです。

では、どうすればいいのか?

工務店に頼むのが、一番のお勧め

私のお勧めは、地域密着の工務店とか、リフォーム店、
あるいは、建築会社に依頼するということです。

どの会社がいいとか、どうやって、
優良な建築会社を探せばいいのかといったことは、

別のスキルが必要ですが、信頼できる
地域密着の工務店なり、建築会社を見つけることが出来たら、

そこに頼むのが、仕上がりも、施工費も
一番コストパフォーマンスが良くて、

かつ、満足度も高いと思います。

いかがでしょうか?

無垢フローリングを希望しているけど、施工費が気になって、
どこに頼んだら良いか分からないという人も多いと思います。

建築業界には、ブローカー的な存在もいるので、
頼む先を間違えたら、仕上がりに満足できないばかりか、

施工費も高くなり、2重3重に辛い思いをします。

私のお勧めは、やはり地域密着の小ぶりな工務店とか、
建設会社です。

そして、お勧めの無垢フローリングは、アトピッコハウス製品です。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 無垢フローリング 施工費 | タグ: , | 無垢フローリング施工費の妥当な会社は? はコメントを受け付けていません。

無垢フローリングの薄いものは、少ない

投稿日:2018年03月29日 作成者:


無垢フローリングの標準的な厚みは、15mmです。
そして、合板フローリングとか、複合フローリングと
呼ばれる工業系のフローリングは、12mm厚という薄い製品が、

一般的です。

また、合板フローリングでも、15mm厚のものが
無い訳ではありませんが、数が少ないです。

そして、無垢フローリングよりも、合板フローリングの方が、
圧倒的に普及しているので、

フローリングの厚みと言えば、12mm厚という薄い製品が
「普通」ということになる訳です。

その当たりを、もう少し詳しく説明してみましょう。

無垢フローリングは、15mm厚が基本

無垢フローリングの薄いものは少ない

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
合板フローリングは、12mm厚が「普通」だという話をしました。
なぜ、合板が12mmで、無垢が15mmなのか、

そもそもの理由が良く分かりませんが、
必要もなく、「厚く」作っても、無駄だし、高くなるから、

薄くなってきたのかも知れません。

というのも、合板フローリングは、910mm×1820mmの
合板の上に、0.3mmとか、0.5mmといった

薄くスライスした「突板(突板)」と呼ばれる
木目のシートを貼って、本物っぽく見せている
商品なので、勝負は、「表面」ということになります。

それに対して、無垢フローリングは、
15mmにしろ、12mmにしろ、

上から下まで、全部が無垢です。

針葉樹は弱いので、15mmは欲しい

フローリングに使われる「無垢材」にも、
杉、ヒノキといった「針葉樹」のほかに、

ナラ、カバといった「広葉樹」があります。

そして、杉、ヒノキといった針葉樹は、
「柔らかく、足触りが良い」といった利点がある代わりに、

「弱い」「傷付きやすい」という欠点もあります。

こちらは、「欠点」と言うよりは、樹種による
素材特性ということになるのですが、

「弱い」ということは事実です。

そこで、杉やヒノキといった針葉樹で
無垢フローリングを作ろうとすると、

12mmだと、多少薄い気がして、不安になる訳です。

もちろん、今時の施工は、必ず「下地」を入れますから、
12mmでも問題がないと言えば、問題がありません。

ただし、フローリングとして使う杉、ヒノキ等の針葉樹は、
大抵、15mm程度の厚さはある訳です。

広葉樹なら、12mmでも成立する

無垢フローリングは、床材として使われます。
そして、その代表的な樹種が、ナラとかカバという

「広葉樹」です。

杉、ヒノキなどの「針葉樹」と、ナラ、カバといった
「広葉樹」とは、何が違うのでしょうか?

まず、植物としての「細胞の形」が違います。
難しい話は、置いておくとしたら、

広葉樹から作られた無垢フローリングは、「堅い」です。

キズも付き難いです。
だから、無垢フローリングとして使われることが多いとも言えます。

しかし、無垢フローリングの場合は、厚さが15mmのものが、
一般的で、薄い無垢フローリングというのは、

あまり世の中に、ありません。

ところが、広く普及している合板フローリングが、12mm厚なので、
合板フローリングから、無垢フローリングに、

張替えたいといった場合に、厚さが違って困るのです。

無垢は15mm、合板は12mmです。
たった3mmですが、フローリングの張替えの際には、

現状と同じ厚みでないと、「ドア」が開かなくなったり、
段差が出来たりして、困るのです。

そこで開発されるようになったのが、12mm厚の少し薄い
無垢フローリングです。

薄いといっても、広葉樹は、硬くて丈夫なので、
12mm厚の製品であっても、何も心配はありません。

下地と併用するのが、普通

フローリングを施工する際には、必ず「下地」を
作ります。

最近だと、床全体に合板を敷き詰める訳です。
こちらの厚さが、9mmとか、12mm程度ありますから、

その上から、12mm厚の無垢フローリングの施工で、
全く問題にならない訳です。

しかも、一番普及している合板フローリングの厚みが
12mmなので、工事がし易い訳です。

つまり、合板フローリングから
無垢フローリングに張り替えても、

段差が生じない訳です。

24mmとか30mmのものもある

合板フローリングは、「表面勝負」だという話をしましたから、
「厚くする」意味も価値もありません。

しかし、無垢フローリングの場合は、厚みを厚くして、
下地材を兼ねさせる製品とか、

温もりや重厚感を優先した製品などもあります。

ただし、仕上げ材の無垢フローリングの厚みが、
標準的な12mmとか、15mmではなく、

24mmとか、30mmもあるといった場合は、
あらかじめ建築会社に確認をとっていないと、

床に段差が出来たり、「工事出来ません」と言われることに
なったりしかねません。

いかがでしょうか?

無垢フローリングで、薄いものというのは、あまり多く
有りません。

そして、あるとしたら、広葉樹で出来た製品が中心です。
それは、硬くて、丈夫だからです。

但し、キズの付き易さは別として、
杉やヒノキといった針葉樹の「温もり」も捨てがたいものがあります。

今は、下地を貼ってから、仕上げのフローリングを貼るのが
一般的ですから、薄い無垢フローリングを選んでも、

心配がありません。

そこは、無視して、12mm厚の無垢フローリングを
選ばれたら、いいと思います。

アトピッコハウスには、12mm厚の薄い無垢フローリングが、
沢山、品揃えされています。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 無垢フローリング 薄い | タグ: , | 無垢フローリングの薄いものは、少ない はコメントを受け付けていません。

無垢フローリングのオイル塗装

投稿日:2018年03月22日 作成者:


無垢フローリングを採用する際には、
UV塗料等の化学塗料で塗装する場合と、自然塗料と呼ばれる
オイル系の塗料で、塗装する場合と、

何も塗装しない無塗装という選択肢があります。

無塗装は別にして、UV塗装と、自然塗装では、
大きな違いがあるので、

どちらを選ぶかは、好みが分かれる所です。
私は、自然塗装派なので、オイル塗装に関して、少し解説してみたいと思います。

オイル塗装は、塗れ色が付く

無垢フローリングのオイル塗装

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
自然塗料と呼ばれるものは、
植物系のオイルを主原料としており、

また、その他の成分に関しても、天然由来のものです。

無垢フローリングを湿った雑巾などで拭くと、
「塗れ色」が付きますが、乾くと、もとの「白木」に戻ります。

しかし、オイルで拭くと、塗れ色が付いたままとなります。
このことを「オイル塗装」と呼ぶことになります。

UV塗料等の化学塗料と違って、
自然素材由来の「オイル塗装」というのは、

素人にも、比較的扱い易く、失敗もありません。

気をつけないとならないのは、一旦ついた「塗れ色」は、
取れないということ。

そして、オイルは「厚塗り」することがあるということです。

オイル塗装の基本は、「薄く、薄く」です。

無塗装という選択肢

無垢フローリング好きの人には、無塗装のまま
行きたいという人もいます。

ただ、オイル塗装もしない「白木」の状態だと、
樹種にもよりますが、汚れが相当に気になります。

シミや、汚れや傷さえも気にならないという
大らかな方であれば、

無塗装という選択肢も、贅沢でいいとは思いますが、
なかなか無塗装を許容し、使いこなせる方は、

多くないと思います。

一昔前なら、無塗装であっても、「ぬか袋」などを使用して、
掃除をしていました。

あれは、「油分の補給」ですから、オイル塗装のようなものです。

オイル塗装程度は、した方がいい

UV塗装と、自然塗装は、全く違うものですから、
どちらがいいか判断が別れますが、

もし、無塗装に近い状態で使いたいと考えたとしても、
オイル塗装程度は、しておいた方がいいと思います。

多少の撥水性も出ますし、汚れ防止にもなります。

それに、全体に「塗れ色」がついて、
色も濃くなりますから、汚れも、

目立ちにくくなります。

それに、のちのちのメンテナンスも楽です。

オイルは、塗装といっても、薄く擦り込んで、
乾くのを待つだけですから、

取扱いも簡単だし、失敗もありません。
必要を感じたら、「部分的に」塗り足すのもありです。

自然塗料よりも、オイル塗装が簡単

自然塗料は、植物や動物由来の油を原料にする訳ですが、
オイルよりは、取扱いが面倒で、難しいです。

失敗することもあります。

しかし、「オイル塗装」であれば、ハケとかローラーと
いった道具を使わなくても、

ボロ布を使って、簡単に塗装できます。

塗装というよりは、薄く「塗る」「伸ばす」といった
作業です。

ボロ布に、ラップを被せて、さらにボロ布をかぶせて、
タンポというものを作れば、

余分なオイルが、タンポの奥深くに染み込むこともないので、
オイルが無駄になることもありません。

日頃は、クリーナー程度のメンテナンス

オイル塗装した無垢フローリングは、
特に、日頃のメンテナンスも必要ありませんが、

多少、油分を含んだクリーナーと、フローリングワイパーで、
軽く拭き掃除をする程度で、いいと思います。

注意したいのは、薬剤が染み込んだフロアーモップは、
使わないということです。

自然素材系のクリーナーか、ワックス兼クリーナーのような
素材です。

無垢フローリングは、いちいち掃除機をかける必要もないので、
フローリングワイパーで、

チリやホコリだけを、拭き取る作業で、いいと思います。

そして、油分が足りなくなってきたなと思えば、
ワックス成分を含んだクリーナーを使用すればいい訳です。

いかがでしょうか?

無垢フローリングを採用するなら、UV塗装ではなく、
自然塗装がいいと思いますが、

オイル塗装なら、もっと手軽です。

自分で塗ることも出来るし、プロに頼むことも出来る。
しかも、失敗も少ない。

必要を感じたら、塗り足すことも出来るし、日頃のお手入れは、
フローリングワイパーで、綿ボコリを取る程度で、OK。

気楽なものです。

そして、もし、油分を補給したいと思えば、
ワックス成分を含んだクリーナーを使えばいい訳です。

アトピッコハウスだと、こめっとさんという製品があります。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 無垢フローリング オイル塗装 | タグ: , | 無垢フローリングのオイル塗装 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせは0467-33-4210(受付時間:平日8:00 ~ 17:00)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

無垢 Wood Floor

Calendar

2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

最近の投稿

カテゴリー