» お勧めのブログ記事

無垢フローリングの塗装のお勧めは?

投稿日:2018年04月12日 作成者:


無垢フローリング選びで迷う、もう1つのことが、
塗装をどうするかといったことですね。

無塗装という選択肢がない訳ではありませんが、
日頃のメンテナンスを考えると、無塗装という訳にもいかない。

やはり、無垢フローリングと言えども、何かの
塗装はした方がいいと考える訳です。

では、どんな塗装がお勧めなのか? 少し書いてみたいと思います。

まずは、塗装、無塗装の判断

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
無塗装の無垢フローリングというのは、
昔風で言うと、糠袋(ぬかぶくろ)で擦って、

米ぬかの油分で、フローリングを保護します。

あるいは、人間の足裏からも「油」は出ますから、
それで、自然と油分を補給する形になります。

しかし、無塗装の無垢フローリングは、
それなりに汚れます。

汚れても、見苦しくなっても構わないというのであれば、
無塗装でもいいと思いますが、

ある程度綺麗に保ちたいと考えたら、
多少の塗装なり、保護は考えた方がいいと思います。

では、どんな方法で、無垢フローリングを保護できるのでしょうか?

自然塗装と、化学塗装

無垢フローリングの塗装としては、植物系や
動物系の原材料を使った「自然塗料」と、

石油系の原材料を使った「化学塗料」とがあります。

それぞれメリットもデメリットもありますが、
どちらを選ぶかは、好み次第ということになります。

では、いったい、自然塗料と、化学塗料にも
どんな特徴があって、どんなメリット、デメリットが
あるのでしょうか?

自然塗装のメリット、デメリット

自然素材のメリットは、足触りの良さにあると思います。
自然塗料とは、植物や動物といった天然の原材料を

成分として作っています。

無垢フローリングの表面に、強い「塗膜」が出来るものではないので、
無垢フローリングの素材感が残ります。

つまりナチュラルな訳です。

しかし、塗装の耐久性は低いので、化学塗料よりも、
頻繁に塗り替えが必要になります。

それが、自然塗料のデメリットということになると思います。

水性と油性があり、もちろん、無垢フローリング表面に
バッチリ塗膜が出来るタイプの塗料もあります。

しかし、普通に「自然塗料」と言う場合は、
無垢フローリング表面に塗膜ができるタイプではなく、

フローリング内部に染み込んでいくタイプのものを言います。

化学塗装のメリット、デメリット

化学塗料とは、石油系の原材料を作った塗料のことです。
こちらも、水性と油性がありますし、

フローリング表面に塗膜が出来るタイプと、
内部に染み込むタイプがあります。

ただ、主に「化学塗料」というと、無垢フローリング表面に
「塗膜」が出来るタイプの塗料をイメージします。

石油系の原材料だから、必ずしも「身体に悪い」ということは、
ありません。

塗料を融かす溶剤なども、シンナーのように
揮発性があって、危険なものではなく、

紫外線に反応して固まるUV塗装なども普及しているので、
化学塗料だから避けた方がいいとは言えません。

バッチリ「塗膜」が出来る塗料は、水を弾き、
汚れを寄せ付けません。

但し、自然塗料とは違って、木材の呼吸を妨げるので、
無垢フローリングが調湿性能を発揮できなくなります。

では、オイルを塗るだけでは?

無垢フローリングを、塗装するか、塗装しないかといった
判断の中で、もう1つ選択肢があります。

それは、「オイル」を塗っておくという選択肢です。
乳液状のワックスでも、いいと思います。

オイルの塗れ色が付くだけで、
汚れを弾いてくれますし、

目立たなくなります。

いかがでしょうか?

無垢フローリングを採用するなら、無塗装ではなく、
最低でも自然塗装程度の保護はしてあげた方が、

いいと思います。

しかし、自然塗装と、化学塗装では、仕上がりも違うので、
どちらが好みに合うかを考えた上で、

選択した方がいいと思います。

私のお勧めは、断然、自然塗装です。
塗膜がバッチリ付く化学塗料だと、

無垢フローリングの質感も、足触りも失われてしまうので、
勿体ないと思います。

ただし、汚れ防止とか、撥水性を希望する場合は、
ウレタン等の化学塗料でも良いかも知れません。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 無垢フローリング 塗装 お勧め | タグ: , , | 無垢フローリングの塗装のお勧めは? はコメントを受け付けていません。

杉無垢フローリングの良し悪し

投稿日:2015年10月20日 作成者:


こんにちは!
無垢フローリング・遮音床材ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

杉無垢フローリングの良し悪しとは?

ナラ無垢フローリング

杉無垢フローリングは、安いし、日本全国
どこでも手に入ります。

しかし、フローリングとしては、
あまりメジャーではないし、

お勧めとも言えません。

なぜかというと、ある意味、柔らかすぎるのです。

なぜ柔らかいかというと、空気を沢山含んでいるからです。
そのため、触ると、温かいというか、

温もりを感じられます。

それは、堅いと感じる樹種よりも、
より強く、感じます。

しかし、柔らかい分、キズが付き易い。

だから、キズが気になる人にはお勧めできない
という訳です。

それと、基本的に節が多いので、
節が、「人の目」のように感じる人とか、

「誰かに見られている」と感じる人もいるので、
そんな感覚のある人には向かないと思います。

節がないとか、少ない「杉」もありますが、
それは希少性が高くて、

価格も高くなります。

木材の等級うんぬんに関して、
特別なリクエストがなければ、

杉は、手軽な無垢フローリングだと思います。

ただ、アトピッコハウスでは扱っていません。
杉の無垢フローリングなら、

どこでも手に入るし、
わざわざアトピッコハウスが扱う意味はないと思うからです。

杉無垢フローリングでも、
節がないものとか、少ないもので、

希少性の高い素材なら、
扱ってもいいとは思うのですが、

やはりそれでも、これまでは扱ってきませんでした。

杉は、ヒノキと違って、
どこにでもあるし、特徴が出し難い。

産地や品質をこだわらなければ、
本当に安い。

だから、予算がないけど、
無垢フローリングは諦めたくないという場合、

杉無垢フローリングにするという
選択肢もあると思います。

しかし、アトピッコハウスには、杉無垢フローリングは、ない。
杉同等の価格でご提供できる商品がないのです。

杉のように温もりのある素材なら、
ヴォルドーパインということになります。

杉よりも、若干堅くて、キズも付き難く、
節も少なく、高級な感じにはなってしまいますが、

尾鷲ヒノキなんかも、温もりがあります。

アトピッコハウスの無垢材フローリングは、
「ごろ寝フローリング」と言いますが、

床でゴロゴロして頂きたいという思いからの
ネーミングです。

「キズは家族の思い出」というキャッチフレーズで、
20年、30年、50年と長く使って頂きたいと
思っているのです。

その意味でも、無垢フローリングとしては、
針葉樹なら、ヒノキとか、ヴォルドーパイン、

広葉樹なら、ナラとか、オークとか、チェリーといった
キズの付き難い、無垢フローリングの王道ともいえる
樹種を取り扱っています。

キズの付き難い樹種を選定して、
キズを気にせず過ごす。

それでもキズは付きます。
しかし、それは「家族の想い出」として、

大らかに、過ごして頂きたいと思うのです。

無垢フローリングは、気持ちいいし、
長持ちするし、経年変化が美しい。

合板フローリングで我慢するなんてありえません。
予算が厳しければ、杉の無垢フローリングでもいいと思いますが、

ほかを削っても、無垢フローリングにする予算を
捻出したいと思いますね。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

 

カテゴリー: 杉 無垢 フローリング | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 杉無垢フローリングの良し悪し はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせは0467-33-4210(受付時間:平日8:00 ~ 17:00)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

無垢 Wood Floor

Calendar

2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

最近の投稿

カテゴリー