» 厚みのブログ記事

無垢フローリングの厚みは何cm

投稿日:2017年01月31日 作成者:


無垢フローリングの厚みと、合板フローリングの厚みは
違います。

少し前は、合板フローリングも、15mm厚と、
12mm厚が普通に流通していましたが、

今は、12mm厚が一般的です。
もっと薄いものもあります。

では、無垢フローリングの厚みは、何cmあるのでしょう?
解説してみたいと思います。

無垢フローリングの標準は15mm厚

無垢フローリングの厚みは、15mm

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
理由は分かりませんが、無垢フローリングの厚みは、
15mm厚が「普通」です。

そして建築の世界では、厚みはcmで表現するのではなく、
mmで表現します。

長さは、高さも、巾も、全て、mmで表現されている
と考えると、分かりやすいです。

では、なぜ、無垢フローリングが、15mm厚なのかというと、
床材として使用する場合は、

15mm程度ないと、人の体重や家具の重みを支えられない
という理由からだと思います。

もちろん、15mm厚であれば、床材として充分とは言っても、
やはり「下地の板」を貼りますから、
12mmでも、あるいは、もっと薄いフローリングでも、

強度的には問題がありません。

それに、15mm厚のフローリングだからといって、
下地なしで、直接、フローリングを張る
ということは、あまりやりません。

製品によって、厚みは変わる

無垢フローリングも、厚さが15mmのものも、
12mmのものも、もっと薄いものも、

もっと厚いものもあります。

杉やヒノキといった柔らかい樹種で
12mm厚だと、床材としては、多少不安が残ります。

しかし、その場合でも、下地がしっかりしていれば、
問題は起こらないので、

12mm厚の杉、ヒノキの無垢フローリングがない訳ではありません。
しかし、杉、ヒノキであれば、

15mm厚以上でないと、「床用」という認識は、
あまり持ちません。

ただ、ナラ、カバ等の広葉樹であれば、
木も硬くて丈夫なので、12mm厚の

無垢フローリングであっても、十分、強度的に問題がないし、
床材として使用しても不安がありません。

といっても、この場合も、「下地の板」を貼ることが前提になります。

下地不要の厚い無垢フローリングもある

無垢フローリングの中には、
厚みが30mmもあって、下地不要という

製品もあります。

主に、杉とかパインといった柔らかめの
無垢フローリングです。

杉とかパインは価格も安いし、軽いので、
30mmの厚さにしても、

作業性は、それほど低下しないのです。

もし、これで、ナラ材とかカバ材で30mmもあったら、
とても高くて買える人はいないと思いますし、

重いし、硬いしで、工事をするのも、
相当にてこずると思います。

だから、30mmもある厚い無垢フローリングは、
杉とかパインといった

柔らかい樹種と相場が決まっている訳です。

そして、厚みが30mmもあれば、
下地の厚さ12mm程度と、仕上げの無垢フローリングの厚さ15mm
合計27mm以上に厚い訳なので、

下地なしでも、施工できます。

下地の施工賃がない分、安く仕上がる場合もありますが、
仕上がりの質感等、好き嫌いもありますから、

単純にお勧めという訳でもありません。

合板フローリングは、12mm厚が多い

今、「普通のフローリング」というと、ほぼ100%
合板フローリンングです。

そして、合板フローリングは、12mm厚のものが、
標準的です。

だから、家の作り方も、フローリングは、
12mm厚を前提として作っています。

新築の場合は、15mmだろうが、
12mmだろうが調整も出来ますが、

やっかいなのは、リフォームの時です。

リフォームには、12mm厚が便利

「普通」と呼ばれる標準的なフローリングは、
12mm厚の合板フローリングが多い訳ですから、

無垢フローリングに張替えようと思うと、
無垢フローリングの厚みは、15mmですから、

3mmほどの「違い」が出てきます。

この、たった3mmの違いでも、床を張替えようと
思うと、実に、やっかいな問題が起こります。

敷居や廊下との間に、「段差」が出来てしまうのです。

だから、この「段差」を起こさないためには、
12mm厚の無垢フローリングが有難いということに
なる訳です。

ただ、杉、ヒノキ、パイン等の柔らかい木は、
もともと15mm厚が普通なので、

床用としては、適さないということになります。

そこで、ナラ材とかカバ材といった
広葉樹系の樹種で、12mm厚に加工された

無垢フローリングが重宝がられる訳です。

つまり、12mm厚の無垢フローリングは便利がいい

ハウスメーカーなどは、もともと12mm厚の
合板フローリングを標準にしていますから、

たとえ新築の場合であっても、
15mm厚の無垢フローリングよりも、

厚みが12mmの方が、仕様変更しなくて済むので、
便利で重宝します。

それに、リフォームの場合などは、
特に、その傾向が強いと言えます。

アトピッコハウスの「ごろ寝フローリング」は、
無垢フローリングです。

12mm厚も、15mm厚もありますが、
12mmの方がバリエーションを多く保有しています。

小さな会社ですから、「何でもあります」といった
品揃えは出来ませんし、

品質の分からない「よその商品」を仕入れて販売すると
いうのも、責任が持てないので、

自社で責任が持てる範囲の商品バリエーションにしています。

加工精度が高く、品質がいいので、「ロス」が少ないと
評価頂いています。

「ロス」とは、品質が悪くて「使えない」部分のことです。
品質の悪い無垢フローリングは、3割も、4割も
使えない部分があったりするのです。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 無垢フローリング 厚み | タグ: , | 無垢フローリングの厚みは何cm はコメントを受け付けていません。

和室をフローリングにするには

投稿日:2015年10月15日 作成者:


こんにちは!
無垢フローリング・遮音床材ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

和室をフローリングにするのは、難易度高いです。

無垢フローリングの施工事例

まずは、確実にDIYでは無理なので、
プロに依頼することを考えましょう。

和室といえば、床は畳の筈です。
畳は通常、55mmから、60mmの厚さがあります。

この「ミリ」で表現するところも、プロ特有です。

素人の人なら、5.5cmとか、6cmという方が、
「センチ」の方が、馴染みがあると思います。

さて、その畳の厚さが仮に、6cmあるとして、
畳を剥がすと、下地に「合板」が貼られていると思います。

あるいは、戸建住宅で、少し古いお宅だと、
巾の狭い板が貼られていて、

場合によっては、床下が見えるかもしれません。

いずれにしろ、畳を剥がすと、6cmほどの
段差が生じるので、

それを埋めないとなりません。

一般的なフローリングは、厚みが1.5cmほどなので、
畳が6cmあるとしたら、あと、4.5cmあります。

4.5cmもあると、合板を張るだけでは済みません。
一般的な合板は、1.2cmとか1.5cmなので、

厚さ3cmの木材(根太といいます)を30cm程度の間隔で
敷き並べて行って、

そのうえに、1.5cmの合板を敷いて、
それからフローリングを設置していけば、

合計6cmということで、

もともとの畳の厚さと同じになります。

また、畳の部屋には、部屋の周囲に
「畳寄せ」という木材が設置されているので、

その「畳寄せ」を残したままフローリングを設置すると、
和室の名残りが残った感じになります。

かといって、「畳寄せ」を取り外すのも、
難易度が高いです。

場合によっては、壁を傷つけてしまう場合もあるので、
工事が、更に大掛かりなものになってしまいます。

また、和室の壁は、「真壁」といって、
柱が見える形になっている場合があるので、

柱が見えない「大壁」に変更しようとすると、
やはり壁のリフォームもしないとなりません。

床だけフローリングになれば、
多少の見てくれは、気にしないということであれば、
たとえ、柱が見える「真壁」であっても、

そのまま工事していいと思います。

つまり、和室をフローリングにする目的が、
床だけの問題なのか、

部屋全体の問題なのかによって、
難易度が変わるということです。

いずれにしろ、素人の方がDIYでやるようなものではないので、
迷わず、プロに依頼しましょう。

フローリングの工事は難易度が高いです。

予算がないとしたら、
節のある材料とか、色違いの材料といった
お値打ちなフローリングを採用されるといいと思います。

無垢フローリングのいいところは、
経年変化が美しいということです。

5年もたてば、馴染んでくるので、
節の量や、木目、色違いなどを気にしなければ、

コストを抑えて、和室をフローリングにすることも
出来なくはないと思います。

部屋の用途を変更するといった時にも、
フローリングに張り替えるニーズというのは、
あると思いますが、

本格的に壁も天井も工事しなくても、
畳をフローリングに張り替えて、
壁の周辺部に、巾木という「裾隠し」を設置すれば、

それなりの格好になるのです。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

 

カテゴリー: 和室 フローリング | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 和室をフローリングにするには はコメントを受け付けていません。

畳をフローリングに変える費用

投稿日:2014年10月20日 作成者:


こんにちは!
無垢フローリング・遮音床材ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

畳の部屋は、多機能に使えて便利なのですが、
数が減ってきました。

無垢フローリングの施工事例

ただ、フローリングにもフローリングの良さがあるので、
住む方の好み、生活スタイルによって、

畳の部屋をフローリングに変更したいという場合も
あると思います。

しかし畳をフローリングに変えるのは、
素人には難易度が高いので、

プロに依頼した方がいいと思います。

費用もそれなりにかかりますが、
まずは、信頼できる工事業者さんに見積もって頂くと
いいと思います。

畳は通常5.5cmから、6cmの厚みがあります。

そして、フローリングの厚みは、
一般的な合板フローリングなら1.2cm、
一般的な無垢フローリングなら、1.5cmです。

業界的には、12mmとか、15mmといったように、
mmで表現することが一般的ですが、
ユーザーの方は、cmで表現する方が、シックリ来るかもしれません。

いずれにしろ畳の厚みが、55mmとか、60mm
あるのに対して、

フローリングの厚みが、12mmとか、15mmしかないので、
その高さの違いを調整しないとならない訳です。

一般的な調整の仕方としては、
根太(ねだ)と呼ばれる角材を30cm間隔に敷き並べ、
その上に、下地の合板を敷きます。

敷くといっても、釘や接着剤を使って、
しっかりと固定する訳です。

根太(ねだ)も、普通は、30mm×45mmのサイズなので、
合板の厚みが12mmとしも、

そのまま重ねていくと、ぴったり55mmとか、
60mmという厚みにならないので、

根太の厚みで調整するか、合板の厚みで調整するしかありません。

15mmより厚いフローリングもあるので、
そういったフローリングを採用するといった方法もありますし、

合板も12mmより厚いものも、
薄いものもあるので、

それらを組み合わせて、最終的な厚みが、
現状の畳の厚さと同じであれば良い訳です。

ただ、こうした作業は、難易度が高いし、
手間暇も大変です。

DIYを楽しみたいという方でなければ、
多少の費用がかさんでも、

プロに工事を依頼された方がいいと思います。

仕上がりもきれいだし、
なにしろ、苦労をしなくて済みます。

フローリングの工事は、切ったり張ったりという作業が
あるので、

プロの道具がないと素人には無理です。

少ない面積で、多少の仕上がりの不揃いさは
気にならないというのであれば、
DIYも可能かも知れませんで、

畳の部屋をフローリングに変更するという
リフォームの工事は、

相当に難易度が高いと思います。

プロに頼めば、工事のスピードも速いし、
綺麗に仕上げてくれます。

フローリングの工事で一番大変なのは、
工事の最初ではなく、

最終段階の「張り納め」です。

フローリングの幅を調整して、カットしないといけないので、
プロの道具がないと厳しいし、

上手に仕上がらないのです。

費用は、フローリング、接着剤、釘といった材料のほか、
床の養生用の資材等も、副資材として
必要となります。

あとは、準備のための養生作業、実際の施工、
そして、後片付けです。

住みながらのリフォームであれば、
別な部屋にチリ、ホコリが舞い込まないよう、
そこも養生しないとなりません。

プロには、プロの技があるので、
費用を見積もって頂きましょう。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

 

カテゴリー: 畳 フローリング 費用 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 畳をフローリングに変える費用 はコメントを受け付けていません。

フローリングの張替えは、同じ厚みが都合いい

投稿日:2014年03月03日 作成者:


こんにちは!
無垢フローリング・遮音床材ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

フローリングを張替える際には、同じ厚みの
フローリングが都合いいです。

フローリング施工事例

というのも、フローリングの厚みが、
現状のものより、

厚くなると、敷居とピッタリ合わないとか、
ドアが開かなくなったりということがあるのです。

一般的な「普通のフローリング」というと、
合板フローリングが基本です。

複合フローリングとか、カラーフローリングとか、
高耐久フローリングとか、

各社色々な名前をつけていますが、
つまりは、どれも基本は、

工業製品だし、合板フローリングと呼ばれるものです。

そして、厚みは、大抵の場合、12mmなので、
フローリングを張替える際にも、

同じ厚みの12mmが都合いいのです。

合板フローリングから合板フローリングへの
張替えなら、

厚みが同じなので、特に問題は発生しません。

しかし、無垢フローリングは、
通常厚さが15mmあるので、

3mmほど厚くなってしまいます。

すると、たった3mmの違いではありますが、
現状より床が高くなり、

敷居と高さが合わなくなったり、
ドアが開かなくなったり、

格好が悪くなったりという不都合がある訳です。

また現状が、12mmの合板フローリングであっても、
接着剤でバッチリと張り付けているので、

下地が合板であれば、ほぼ100%、下地の合板も
張替えることになります。

現状のフローリングの上から、重ね貼りするといいう
ケースもありますが、

これは、床が現状よりも高くなるので、
敷居とか、廊下といった隣接した部屋との接触部分で、
調整が必要になります。

あと、マンションでフローリングの張替えをする場合は、
床の遮音規定という取り決めがあるので、

「音の対策」をしないと工事できないという話しになります。

アトピッコハウスでは、
永年、無垢フローリングを製造販売する過程で、

フローリングの張替えに便利な
12mm厚の無垢フローリングを数多くバリエーションしています。

これだと、現状の床の高さを変えずに、
無垢フローリングに張替えることも可能になるのです。

もちろん、マンションの床の構造には、
色々な種類があるので、

全てのマンションに対応している訳ではありません。

しかし、合板フローリングと同じ厚みの
12mm厚の無垢フローリングということに価値があるのです。

また、マンションのフローリング張替えで
効果を発揮する床遮音材「わんぱく応援マット」という製品を
製造販売しているので、

こちらも、フローリングの張替えに役立てると
思います。

素人の方がご自身で、フローリングを張替える
というケースは多くないと思うので、

工事はプロに依頼されると思います。

その際、厚さ12mmの無垢フローリングがあることや、
マンション用の床遮音材があることを

お知らせするといいと思います。

管理組合の管理規定も色々なので、
全てのマンションで許可が下りる保証はありませんが、

工事を依頼される業者の方に、相談されてみるといいと思います。

マンションで床を張替える場合は、
とくかく管理組合の許可と、階下もしくは、
階下と隣家の許可をもらわないと、

工事できないのです。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

 

床遮音材「わんぱく応援マット」の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: フローリング 張替え | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | フローリングの張替えは、同じ厚みが都合いい はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせは0467-33-4210(受付時間:平日8:00 ~ 17:00)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

無垢 Wood Floor

Calendar

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

最近の投稿

カテゴリー