» 塗装のブログ記事

無垢フローリングの塗装のお勧めは?

投稿日:2018年04月12日 作成者:


無垢フローリング選びで迷う、もう1つのことが、
塗装をどうするかといったことですね。

無塗装という選択肢がない訳ではありませんが、
日頃のメンテナンスを考えると、無塗装という訳にもいかない。

やはり、無垢フローリングと言えども、何かの
塗装はした方がいいと考える訳です。

では、どんな塗装がお勧めなのか? 少し書いてみたいと思います。

まずは、塗装、無塗装の判断

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
無塗装の無垢フローリングというのは、
昔風で言うと、糠袋(ぬかぶくろ)で擦って、

米ぬかの油分で、フローリングを保護します。

あるいは、人間の足裏からも「油」は出ますから、
それで、自然と油分を補給する形になります。

しかし、無塗装の無垢フローリングは、
それなりに汚れます。

汚れても、見苦しくなっても構わないというのであれば、
無塗装でもいいと思いますが、

ある程度綺麗に保ちたいと考えたら、
多少の塗装なり、保護は考えた方がいいと思います。

では、どんな方法で、無垢フローリングを保護できるのでしょうか?

自然塗装と、化学塗装

無垢フローリングの塗装としては、植物系や
動物系の原材料を使った「自然塗料」と、

石油系の原材料を使った「化学塗料」とがあります。

それぞれメリットもデメリットもありますが、
どちらを選ぶかは、好み次第ということになります。

では、いったい、自然塗料と、化学塗料にも
どんな特徴があって、どんなメリット、デメリットが
あるのでしょうか?

自然塗装のメリット、デメリット

自然素材のメリットは、足触りの良さにあると思います。
自然塗料とは、植物や動物といった天然の原材料を

成分として作っています。

無垢フローリングの表面に、強い「塗膜」が出来るものではないので、
無垢フローリングの素材感が残ります。

つまりナチュラルな訳です。

しかし、塗装の耐久性は低いので、化学塗料よりも、
頻繁に塗り替えが必要になります。

それが、自然塗料のデメリットということになると思います。

水性と油性があり、もちろん、無垢フローリング表面に
バッチリ塗膜が出来るタイプの塗料もあります。

しかし、普通に「自然塗料」と言う場合は、
無垢フローリング表面に塗膜ができるタイプではなく、

フローリング内部に染み込んでいくタイプのものを言います。

化学塗装のメリット、デメリット

化学塗料とは、石油系の原材料を作った塗料のことです。
こちらも、水性と油性がありますし、

フローリング表面に塗膜が出来るタイプと、
内部に染み込むタイプがあります。

ただ、主に「化学塗料」というと、無垢フローリング表面に
「塗膜」が出来るタイプの塗料をイメージします。

石油系の原材料だから、必ずしも「身体に悪い」ということは、
ありません。

塗料を融かす溶剤なども、シンナーのように
揮発性があって、危険なものではなく、

紫外線に反応して固まるUV塗装なども普及しているので、
化学塗料だから避けた方がいいとは言えません。

バッチリ「塗膜」が出来る塗料は、水を弾き、
汚れを寄せ付けません。

但し、自然塗料とは違って、木材の呼吸を妨げるので、
無垢フローリングが調湿性能を発揮できなくなります。

では、オイルを塗るだけでは?

無垢フローリングを、塗装するか、塗装しないかといった
判断の中で、もう1つ選択肢があります。

それは、「オイル」を塗っておくという選択肢です。
乳液状のワックスでも、いいと思います。

オイルの塗れ色が付くだけで、
汚れを弾いてくれますし、

目立たなくなります。

いかがでしょうか?

無垢フローリングを採用するなら、無塗装ではなく、
最低でも自然塗装程度の保護はしてあげた方が、

いいと思います。

しかし、自然塗装と、化学塗装では、仕上がりも違うので、
どちらが好みに合うかを考えた上で、

選択した方がいいと思います。

私のお勧めは、断然、自然塗装です。
塗膜がバッチリ付く化学塗料だと、

無垢フローリングの質感も、足触りも失われてしまうので、
勿体ないと思います。

ただし、汚れ防止とか、撥水性を希望する場合は、
ウレタン等の化学塗料でも良いかも知れません。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 無垢フローリング 塗装 お勧め | タグ: , , | 無垢フローリングの塗装のお勧めは? はコメントを受け付けていません。

無垢フローリングの塗装の選択肢

投稿日:2016年01月27日 作成者:


こんにちは!
無垢フローリング・遮音床材ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

無垢フローリングを塗装するか、塗装しないか?

無垢フローリングを塗装する?

塗装していない木のことを「白木」と呼び、
私も大好きですが、やはり汚れやすい。

汚れもキズも味だと考えられる人にとっては、
無垢フローリングを「白木」のまま使うという

選択肢でも悪くはないかも知れない。

しかし、メンテナンスが大変であることは、
まぎれもない。

一昔前なら、「ぬか袋」で、せっせと床を磨くことで、
米糠に含まれている油分が

無垢フローリングに移り、保護材になりました。

今は、「ぬか袋」は使わないので、
「白木」つまり、無塗装の無垢フローリングの

表面保護には、オイルを塗ったり、
塗装をしたりする訳です。

では、どんな塗装の種類があって、
どんな塗装をするかというと、
そこは、「ニーズ」と「好み」ということになる訳です。

オイルを塗るという場合は、
自然素材のドロッとしたオイルか
乳液状か、半固形のワックスタイプのものです。

世の中には、色々なオイルやワックスが売られています。

アトピッコハウスの場合なら、
自然素材原料100%で作った「ミツバチワックス
というものがあります。

そして、塗装する場合は、
自然塗料にするか、化学塗料にするかといった

大きな選択肢があります。

自然塗料による自然塗装と、化学塗料による塗装の
大きな違いというのは、

まずは、成分と塗膜だと思います。

例外はありますが、自然塗装は、
フローリングの内部に染み込んでいくので、

「塗膜」が出来ないのに対して、
化学塗料の場合は、

ばっちりと「塗膜」が出来ます。

アトピッコハウスの「ごろ寝フローリング」には、
自然塗装の製品と、化学塗装の製品の

両方があります。

UV塗装というのが、化学塗装のことです。

化学塗装というと、イメージが良くありませんが、
UV塗装というのは、危険な「有機溶剤」を使う塗装ではなく、

紫外線を当てることで、硬化する塗料のことです。

UVとは、紫外線のことです。

塗料が固まってしまえば、
有害な揮発成分は、残らないので、

安全性を不安視することもないと思います。

ただ、自然塗装との大きな違いは、
無垢フローリングの持つ「調湿性能」という特徴を
奪ってしまうことです。

UV塗装をした無垢フローリングは、
水をはじいてくれるので、

お掃除はしやすいかもしれませんが、
調湿性はなくなります。

またUV塗装のベースは、ウレタンなので、
素人が簡単に補修できるというものではありません。

傷がついて補修するといった場合は、
プロに依頼する必要があります。

その点、自然塗装の製品なら、
自分で、自然塗料を買ってきて塗ることも出来ますし、

多少塗料が剥がれても、
もともと、フローリングの表面に
塗膜がつくような塗料ではないので、

大らかに考えていいと思います。

メンテナンス重視なのか、素材感や温もり重視なのか、
それによっても、

無垢フローリングの塗装選びは
変わってくると思います。

私なら、断然、自然塗装を選びます。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

 

カテゴリー: 無垢フローリング 塗装 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 無垢フローリングの塗装の選択肢 はコメントを受け付けていません。

リフォームの床材選びのコツ

投稿日:2015年11月19日 作成者:


こんにちは!
無垢フローリング・遮音床材ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

リフォームするなら、床材は無垢にしたい

リフォームり床材選び

リフォームする際の床材の選び方は、
キズが付くことが、

どの程度気になるかで、大きく変わると思います。

もし、キズが付くのが嫌なら、
傷が付き難い樹種を選んだ方がいい。

但し、キズが付き難い樹種というのは、
堅い木なので、

足触りが、冷たい感じがします。

なぜそうなるかと言うと、
堅い木は、密度が高く隙間がないので、

ドッシリと重たく、冷たい感じになるのです。

それとは反対に、
傷がつくことを、あまり気にしないというのであれば、
柔らかい樹種の床材を

選択されてもいいかも知れない。

柔らかい樹種は、空気を沢山含んでいるので、
足触りが優しく温もりがあります。

リフォームで床材を選ぶのであれば、
傷が、気になるか、気にならないか?

あと、木目や節に関するこだわりや、
木の色とか、塗装の有無といったことも、

重要な要素になります。

機能面を重視するのであれば、
温もりがあるとか、ないといったことも

大きなポイントになると思いますし、
意匠面に、強いこだわりがあるのであれば、

自分にベストマッチする樹種は変わる筈です。

せっかく床材を無垢フローリングにするのなら、
床暖房などは入れずに、

天然の木の温もりを味わいたいと思います。

堅い木で、色も濃く重厚感のあるものも素敵だし、
柔らかい木で、色も白く温もりのあるものも
素敵だと思います。

やはり、この当たりは、好みで選んで頂くのが、
一番間違いがないと思います。

間違っても、「普通でいい」とは言わないことです。

今の時代「普通でいい」というと、
ほぼ100%、合板フローリングになります。

接着剤で貼り合せた合板の上に、
木目が均一に印刷されたシートを張って、

「フローリング風」に見える素材を作っても、
それは、本物ではありませんから、

重厚感なんて伝わってきません。

大して金額も違わないのに、
合板フローリングの床材で我慢するなんて、

あり得ない選択肢だと思います。

リフォームで、床材を選ぶのなら、
どんな樹種がいいかを考えて、

自然塗装がいいか、UV塗装がいいか?

そんなことを考えて、床材選びを
決定するといいと思う。

無垢フローリングは、合板フローリングよりも、
若干高いし、工事の手間暇もかかるので、

合計の費用は、高くなります。

しかし、施工後の満足感は、
合板フローリングの10倍以上だと思います。

「経年変化」という言葉があります。
無垢は、「経年変化」で美しくなり「味」になりますが、

合板は、「経年変化」ではなく、
「経年劣化」します。

古くなることで価値が増す、
まるでアンティークのような床材が、

無垢フローリングなのです。

高いといっても、差額で考えたら、
大した金額ではありません。

リフォームするなら、無垢の床材を
取り入れることを諦めないで欲しいと思います。

無垢の豪華さ、気持ち良さは、
捨てがたい魅力です。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

 

カテゴリー: リフォーム 床材 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | リフォームの床材選びのコツ はコメントを受け付けていません。

無垢材の床の気持ち良さを感じる

投稿日:2015年09月14日 作成者:


こんにちは!
無垢フローリング・遮音床材ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

無垢材の床は、気持ちいい

無垢材床は、気持ちいい

夏場の湿気が多い時期に、
素足で無垢材の床の上を歩くのも
気持ちいいけど、

寒くなった時期に、温もりのある
無垢材の床に接するのも、気持ちいい。

特に、無塗装の無垢材床や、
自然塗装の無垢材床は、余計に温もりが感じられて、
気持ちいい。

無垢の床材には、樹種によって、
堅いものとか、柔らかいものがあって、

柔らかい樹種ほど、温もりを感じます。

というのも、木材は、水を吸い上げるための
「水の通り道」を持っています。

気が生きている間は、その空間は、
水で満たされている訳ですが、

伐採されて乾燥が進むと、
水の通り道だった部分は、空洞になって、
「空気の層」が出来ます。

その「空気の層」が、断熱材になり、
断熱効果を発揮する訳です。

無垢材に、手の平や、足の裏をふれると、
温もりを感じるのは、

自分自身の「熱」が反射して戻ってきているのです。

床をフローリングにする際、
「床暖房」にしたいという方も、

結構な割合でいらっしゃると思いますが、
私としては、品質のいい

無垢材で、自然塗装してあるものを選ばれることを
お勧めしたいと思っています。

せっかく無垢材の床材を選ばれても、
ばっちりウレタン系の塗装をしていたのでは、
温もりを感じる効果も半減してしまいます。

せっかくなら、無垢材の気持ち良さを
直接感じられるよう、

自然塗装の製品をお勧めしたいと思います。

無垢材の床は、季節によって
伸縮します。

湿気の多い夏場は湿気を吸収して膨張し、
湿気の少ない冬場は、乾燥して、収縮するのです。

だから調湿性能を発揮する訳だし、
温もりを感じる訳です。

ところが、汚れや傷を気にして、
強烈な塗装を施された無垢材を選ぶと、

確かに傷は付き難いかもしれませんが、
「無垢の温もり」は感じられないし、

逆に冷たい感じがします。

無垢材の床にするのなら、
床暖房は入れない。

そして、キズが気にならないのなら、
少し柔らかめの樹種を選ぶと、

温もりを感じられます。

それになによりも、
無垢材の床は、格好がいいです。

長持ちもするので、多少、最初に費用が掛かっても、
思い切って無垢材の床にしておくと、

あとあと、「良い決断」をしたと思えると思います。

合板フローリングのような新建材だって、
タダではありません。

とすれば、無垢の床材が高いといっても、
「差額」で考えれば、

実現不可能な訳ではありません。

10年でダメになる豪華なキッチンや、
お風呂よりも、

家族全員が、日々、豪華さや気持ち良さに
触れられる無垢材の床は、

投資効果が高いと思います。

50万、100万といった差額費用を捻出して、
無垢材の床にするか、

他を削って、自然素材の費用に回すか、
取捨選択すればいいと思います。

無制限に予算がある人はいないので、
「価値観」次第だと思います。

なにを優先したいのか?
それによって、無垢材の床にするのか?
合板の床にするのか?

決定していいと思います。
でも、私は絶対的に「無垢材」の「床」をお勧め致します。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

 

カテゴリー: 無垢材 床 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 無垢材の床の気持ち良さを感じる はコメントを受け付けていません。

フローリング、激安のニーズは?

投稿日:2015年07月31日 作成者:


こんにちは!
無垢フローリング・遮音床材ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

「フローリング 激安」と検索する人の
ニーズは何でしょうか?

無垢フローリングの施工事例

価格が安い商品は、いくらでもあります。
そして、価格が高い商品も、いくらでもあります。

ただ、品質は価格に比例することが多いので、
安いフローリングの品質は、それなりということになります。

品質もよくて、価格は「激安」というのは、
あり得ないと思います。

たまに掘り出し物とか、お値打ちの商品というのも
ないことはないと思いますが、

通常は、価格相応の商品ということになると思います。

品質は兎も角、価格が優先するというのなら、
「フローリング 激安」と検索して、

価格優先の商品選択をするのもいいと思います。

但し、もし、ユーザーの方が、
「施主支給」という形で、「激安フローリング」を
工事してもらおうと考えると、

トラブルが起こる場合があります。

品質の悪い「激安フローリング」は、
施工性が悪い、ロスといって使えない部分が多い、

品質安定性が悪いから、反ったり、割れたり、空いたりといった
施工後のトラブルも多い。

だから、工事業者さんも施工を嫌がる。

それは、もしトラブルが発生した時、
フローリングの品質を度外視して、

「クレーム」を付けられることを嫌うからです。

つまり「施主支給」で、無垢フローリングを
施工してもらおうと考える場合、

ある程度品質のいいフローリングでないと問題が起こる
ということなのです。

また「施主指定」といって、
メーカー名、品番等をユーザーが指定して、

業者に買って頂く場合でも、
フローリングの品質によって、

工事業者さんが「保険」をかけます。

つまり品質の悪い「激安フローリング」だと、
施工時も、施工後もトラブルが起こりやすいので、

料金を割増し請求するのです。

そうでないと、工事業者さんだって、
儲からないし、あとでトラブルになると困るからです。

ユーザーの意向に関係なく、
工事業者さんが勝手に「激安フローリング」を仕入れてきて
工事したような場合は、

ユーザーは、遠慮なく文句を言っていいと思います。

ただ、事前に工事業者さんから、
「激安フローリング」であること、品質に問題があること等の
説明を受けていれば、

トラブルがあっても納得しないといけないし、
その場合の対処に関しては、

話し合いで円満解決せざるを得ないと思います。

「激安フローリング」は、それなりの品質ですから、
施工中も、施工後もトラブルが起こりやすい。

それに、ロスという使えない部分が多いから、
思ったほどに、お得にならないかも知れない

ということを理解した上で、採用を決定した方がいいと思います。

充分に乾燥していないとか、ジョイントの形状が悪いとか、
表面加工が悪いとか、塗装が酷いとか、

手を抜ける箇所は色々とあって、
それで「激安」になっている可能性があるのです。

またそもそも「原板」の品質も悪いかも知れません。

フローリングは、1本の丸太から作ります。
節もあれば、木目もあります。

白い部分もあれば、赤い部分もあります。
それをバランスよく組み合わせたものが、
品質の高い高級品だし、

余ったものを寄せ集めたものが、
「激安フローリング」かも知れない訳なのです。

何を選ぶかは、本人の価値観次第です。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

 

カテゴリー: フローリング 激安 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | フローリング、激安のニーズは? はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせは0467-33-4210(受付時間:平日8:00 ~ 17:00)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

無垢 Wood Floor

Calendar

2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

最近の投稿

カテゴリー