» 床のブログ記事

diyで、床の工事は出来るのか?

投稿日:2017年08月16日 作成者:


床の工事をdiyで施工したいと考える人というのは、
相当の強者です。

最近はdiyばやりで、壁塗りなどに挑戦される方も多いですが、
diyで床を施工するというのは、相当に難易度が高いです。

では、床の工事は、diy出来ないのかというと、
そういう訳でもありません。

では、どういった形であれば、diyで床を工事できるのか
解説してみたいと思います。

出来ない訳ではないけど、難易度は高い

床のdiyは、難易度が高い

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
まず、最初に考えないといけないのは、
床のdiyというのは、珪藻土を壁に塗るといった

塗り壁のdiyなどとは、比較にならないほど、
難易度が高いということです。

壁塗りであれば、現状のビニールクロスの上から、
ちょっとした下地処理をした上で、

直ぐに、塗っていくことが出来ますし、
diy用に製品化された塗り壁材などもありますので、

お手軽に作業を開始できます。

しかし、床工事の場合は、まずは、
現状のフローリングを剥がすとか、

畳の部屋であれば、「下地を作る」という作業が伴います。

まず、一般的には、「それ」が無理です。
床の下地を作るというのは、プロの仕事です。

ちょっと器用といった程度の素人がやるような
工事内容ではないです。

一番簡単なのは、現状の床の上に、
新しいフローリングなり、床材を重ね張りしていく
パターンです。

これなら、下地を作る必要がないので、
難易度はグッと下がります。

プロの道具がないと無理

床をdiyで工事しようとすると、
プロの道具がないと、

まず難しいだろうと思います。

仮に、床の下地が、なんとか作れたとしても、
フローリングをカットする作業が、

想像以上に大変なのです。

フローリングは、巾9cm、長さ182cm、
そして、厚みは、1.5cmとか、1.2cmあります。

部屋の隅から貼っていって、最後は、
フローリングの巾の9cm以下のスペースに
はめるので、長さ方向にカットしないとなりません。

巾は、9cmほどですから、ある程度まっすぐに切れます。
しかし、182cmもある「長さ方向」にカットするのは、

普通のノコギリだけでは、しんどいです。

「丸ノコ」と呼ばれる道具があれば、カット出来ない訳ではありませんが、
9cmの巾の3cmだけを切り落として、

6cmにするといったことは、丸ノコだけでは危険だし、
難しいです。

それに、プロが工事する際には、「オシキリ」という
別の道具も使いますから、

フローリングを垂直に切ることが可能ですが、
普通のノコギリだと、まっすぐ切る事だけでも大変ですし、
沢山の量をカットするのは、

相当にしんどいです。

広い面積は、無理

6帖の部屋1部屋だけの床工事だから、
diyでやっても、あっという間に出来てしまうと

考えるかも知れませんが、

そんなことありません。

相当に大変です。

プロの道具があれば、作業そのものは楽になりますが、
よほど注意しないと危険です。

それなりの仕上がりで納得しないと無理

そして、もう1つ重要なことは、
Diyで床を工事しようとすると、

プロに工事を依頼するような「美しい」仕上がりには、
ならないということです。

「それなり」で納得する「潔さ」がないと、
満足度は高くならないし、

達成感も味わえません。

プロに依頼した方が簡単

diyで床を工事することは、難易度が高いし、
仮に出来ても、それなりにしか仕上がりません。

もし、広い面積の床工事をするのなら、
プロに依頼した方がいいと思いますし、

「美しい仕上り」を求めたり、後日の「不具合」を
心配したくないのであれば、

プロに工事を依頼した方がいいと思います。

いかがでしょうか?

diyで床を工事することの難易度の高さを
ご理解頂けたでしょうか?

床の工事は、diy出来ないとは言いませんが、
プロの道具がないと難しいし、

それなりの仕上がりにしかなりません。

それを理解した上で、diyに挑戦しないと、
満足は得られないということなのです。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: diy 床 | タグ: , | diyで、床の工事は出来るのか? はコメントを受け付けていません。

床張替えは、diy出来るのか?

投稿日:2017年07月28日 作成者:


リフォームなどで床を張替えるという場合、
diy出来ないとは、言わないですが、

床の張替えは、難易度が高いので、普通の素人が、
安く納めるために挑戦するとしたら、

色々と覚悟しておいた方がいいと思います。
では、床の張替えをdiyする場合、

どんなことが考えられるのでしょうか?

出来ない訳じゃないけど、難易度は高い

床張替えdiyは、難易度が高い

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
確かにdiyはブームになっているし、
テレビなんかで見ると、簡単に出来るような

印象があります。

しかし、床の張替えをdiy施工するというのは、
相当に難易度が高いです。

ちょっと器用だという程度では、挑戦しない方がいいと思います。

プロの道具がないと、工事は無理

床の張替えは、塗り壁のdiyなどと違って、
フローリングのカットなどの作業が必要となります。

もちろん普通にノコギリを使って、コツコツと
作業することが出来ないとは言いませんが、
難しいのは、フローリングを巾方向にカットすることです。

無垢フローリングなどは、巾が75mmとか90mmで、
長さが1,820mm程度と相場が決まっています。

75mmとか90mmの巾をカットするのであれば、
普通のノコギリでも出来るかも知れません。

しかし、2メートル近くにもなるフローリングの
巾を詰めるというのは、相当に大変です。

プロが使う道具を使わないと、まっすぐ切れません。

その道具をどこで借りてきますか?
という話にもなります。

簡単な道具ならホームセンターで借りるということも
可能かも知れません。

また、1本2本のフローリングの巾詰めなら、
ホームセンターでやるということも可能かも知れません。

しかし、何本も幅を詰めないとならないとすると、
ちょっと面倒なことになります。

ただ、問題になるのは、貼り納めの部分だけですので、
もし、何日も時間がかかっていいということであれば、

コツコツとdiyして行って、最終段階だけ、
ホームセンターに駆け込むというのでも、行けるのかも知れません。

経費を惜しむdiyは止めた方がいい

床の張替えをdiyするというのは、難易度が高いです。
楽しんでdiy出来るなら、難易度が高くても、

diyで施工するというのも、
ありかも知れませんが、

もし、費用を安く上げたいという理由で、
床の張替えをdiy施工しようと考えるのなら、

ちょっと慎重になった方がいいかも知れません。

やるなら、それなりで満足する

仮にプロの道具が手配できたり、
必要に応じて、ホームセンターに駆け込む等できる

というのなら、床の張替えdiyに挑戦するというのも
ありかも知れません。

しかし、仕上がりは、それなりで満足するという
開き直りが必要だと思います。

器用な人でも、床の張替えは、難易度が高いです。

頑張って施工しても、仕上がりは、それなりです。
その「それなり」というのが我慢できないとしたら、

プロに工事を依頼した方がいいと思います。

仕上り重視なら、プロに頼む

プロが床の張替えを工事する場合、
季節に応じて、床材と床材の間をキツメに貼ったり、

緩めに貼ったりして調整します。

それは、夏場は、床材が水分を吸って、膨張しているし、
冬場は乾燥して、収縮しているからです。

その膨張や収縮を計算して、フローリングを張っていかないと、
冬になると、床に隙間が出来たり、

夏になると、床が膨らんできたりする訳です。

無垢フローリングは、生きています。
調湿作用もあるし、温もりがあります。

だから気持ちいい訳ですが、施工するに当たっては、
それなりの注意が必要なのです。

いかがでしょうか?

床の張替えをdiyで施工することは、
難易度が高そうだと理解頂けたでしょうか?

もし工事するなら、プロの道具が必要だし、
それなりの仕上がりで我慢しないとなりません。

経費を浮かせたいという程度の気持ちだと、
くじけてしまうと思います。

もし、楽しむために床の張替えをdiyするというのなら
問題ありませんが、

それでも、広い面積は、相当に大変です。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 床 張替え diy | タグ: , , | 床張替えは、diy出来るのか? はコメントを受け付けていません。

リフォームで床張替えなら、無垢

投稿日:2015年10月27日 作成者:


こんにちは!
無垢フローリング・遮音床材ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

リフォームで、床を張替えるなら無垢にしたい

キズは、家族の想い出

新築のときから、無垢フローリングの魅力を
知っていて、

無垢フローリングを選べる人は多くないと思います。

しかし、リフォームで床を張り替えるなら、
ここは迷わず、無垢フローリングを選びたいところです。

無垢フローリングの床は、温もりがあるし、
経年変化が美しいです。

合板フローリングは、経年劣化というけど、
無垢フローリングの場合は「劣化」ではなく、

味わい深くなる。

20年、30年、50年の長きにわたって、
愛着を込めて使って欲しいし、

実際に使える。

そんな価値と魅力があるのが、無垢フローリングです。

目的や好みによって、自分にあった樹種が変わるので、
樹種の選定と、塗装の有無に関しては、

検討したほうがいいと思いますが、
特別難しいことを考える必要はありません。

キズが気になるなら、堅い木を選べばいいし、
キズが気にならないのなら、

柔らかい樹種でいい訳です。

また、堅い木は確かに傷が付き難いのですが、
足触り、手触りが、ヒンヤリした感じになります。

もし、無垢材の温もりを感じたいということであれば、
柔らかい木を選べばいい訳です。

ただし、柔らかい木は、傷が付き易いので、
傷の付き易さ、付き難さを優先するのか、
温もりを優先するのか?

そんな選択をされるといいと思います。

柔らかい樹種の代表格としては、杉とかヒノキだと思います。
どちらとも針葉樹です。

杉はどこでも手に入りますし、価格も安いですが、
やはり、柔らかいので、

傷は付き易いです。
ただ、温もりはある。

ヒノキは、杉よりは、若干堅い。
樹種としては少し高級になるし、

銘木と呼ばれるものも、各地にあります。

温もりよりも、傷が付き難いフローリングの方がいいという
場合は、迷わず、ナラとかオークといった

広葉樹系のフローリングがいいと思います。

木が堅いです。

堅い樹種は、傷が付き難い代わりに、
冷たい感じがする。

では、その「温もり」の違いはなにかというと、
木に含まれている「空気」の量なのです。

空気が断熱材の役割をしているので、
熱を弾き返してくれるので、

温もりがある訳です。

25℃の室内にある鉄の家具も、木製の家具も、
実は、温度は、同じ25℃です。

しかし、鉄の家具に触れると、ヒヤッと冷たさを感じ、
木製の家具に触れると、温もりを感じる。

これは、木製の家具は、自分の体温を弾き返してくれるのに対して、
鉄の家具は、熱を奪うからなのです。

床のフローリングの場合も同じです。
柔らかい樹種は熱を弾き返してくれて、

堅い木は、熱を奪うのです。

どの程度「堅い木」が自分の好みにあうのか
悩むところだと思いますが、

私は、「キズは家族の想い出」という
価値観を持っているので、

大らかに考えた方がいいと思いますね。

ただ、キャスター付きの椅子をコロコロと動かすような場所では、
ナラやオークといった広葉樹系が間違いないと思います。

あとは、好みで選んでいいと思います!

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

 

カテゴリー: リフォーム 床張替え | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | リフォームで床張替えなら、無垢 はコメントを受け付けていません。

トイレの床張替えの素材選び

投稿日:2015年10月05日 作成者:


こんにちは!
無垢フローリング・遮音床材ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

トイレの床の張替えは悩みますね!

無垢フローリングは、温かい

うちにもワンちゃんが2匹いて、トイレに
ワンちゃん用のトイレを設置しているから、

余計に素材選びに悩む気持ちが分かります。

うちの場合、トイレの床材は、クッションフロアです。
水をはじいてくれるので、

多少の粗相があっても、安心。
でも、やはりしょせんは、塩ビなので、

味わいもなければ、足触りも冷たい。

では、もし張り替えるとしたら、
無垢フローリングにするか? と聞かれたら、
迷うところです。

ワンちゃんさえいなければ、
100%無垢フローリングにしますね。

そもそも豪華だし、足触りが気持ちいいし、
温かい。

おしっこの飛沫が気になると言うのなら、
ウレタン塗装してある製品だっていいと思う。

ただ、自然塗装の無垢フローリングでも、
人間だけのことを考えたら、

床をベチャベチャにするほどの粗相はないだろうから、
自然塗装程度の無垢フローリングでもいいと思う。

あまり強烈な塗装をすると、折角の
フローリングの味わいが消えちゃうから、

木目や、無垢材の素材感を生かした自然塗装程度に
留めておきたいと思う。

その上で、自然素材系のワックスを塗っておけば、
多少の水は弾いてくれるし、

水をこぼしたら、直ぐに拭けばいいわけだから、
それほど神経質にならなくていいと思う。

気持ち良さを求めて、無垢フローリングにするのなら、
大らかな気持ちで、対処したい。

アトピッコハウスには、ペット対応品の無垢フローリング
がありますから、

ワンちゃんがいる場合でも、それほど気にせず、
無垢フローリングにしてもいいかもしれないし、

ワンちゃんがいない場合なら、
トイレの床であっても、

自然塗装品の無垢フローリングという選択肢は、
あっていいと思う。

トイレに床暖房を考える位なら、
足触りが優しくて、温もりのある
柔らかい樹種を選んで、自然塗装したらいいと思う。

ただ、柔らかい樹種は、温もりがある代わりに、
キズが付き易いので、

その点は、大らかに考えてほしいと思います。

私は、「キズは家族の想い出」という考え方を
広めたいと思っているので、

キズがついても、そのままでいいと思うのですが、
もし、気になるのなら、直すことだって出来ます。

ただ、キズや汚れも、少し経つと「味」になるので、
そのままにしていていいと思いますね。

キズや汚れが気になるのは、新築直後だけだと思います。

何年かしたら、気にならなくなるし、
気にしなくなると思います。

そんなことよりも、無垢フローリングの気持ち良さが、
普通のことになると思います。

おしっこの飛沫なんて目に見えないし、
たとえ床がクッションフロアだって、無垢フローリングだって、
お掃除の頻度は、それほど変わらないと思います。

だったら、大らかに、味触りが気持ちのいい素材にしては
どうかと思います。

冬暖かくて、夏サラッとしている。
無垢フローリングは、素足が気持ちいい素材です。

床暖房もいらないと思うし、
勿体ないと思います。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

 

カテゴリー: トイレ 床 張替え | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | トイレの床張替えの素材選び はコメントを受け付けていません。

無垢材の床の気持ち良さを感じる

投稿日:2015年09月14日 作成者:


こんにちは!
無垢フローリング・遮音床材ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

無垢材の床は、気持ちいい

無垢材床は、気持ちいい

夏場の湿気が多い時期に、
素足で無垢材の床の上を歩くのも
気持ちいいけど、

寒くなった時期に、温もりのある
無垢材の床に接するのも、気持ちいい。

特に、無塗装の無垢材床や、
自然塗装の無垢材床は、余計に温もりが感じられて、
気持ちいい。

無垢の床材には、樹種によって、
堅いものとか、柔らかいものがあって、

柔らかい樹種ほど、温もりを感じます。

というのも、木材は、水を吸い上げるための
「水の通り道」を持っています。

気が生きている間は、その空間は、
水で満たされている訳ですが、

伐採されて乾燥が進むと、
水の通り道だった部分は、空洞になって、
「空気の層」が出来ます。

その「空気の層」が、断熱材になり、
断熱効果を発揮する訳です。

無垢材に、手の平や、足の裏をふれると、
温もりを感じるのは、

自分自身の「熱」が反射して戻ってきているのです。

床をフローリングにする際、
「床暖房」にしたいという方も、

結構な割合でいらっしゃると思いますが、
私としては、品質のいい

無垢材で、自然塗装してあるものを選ばれることを
お勧めしたいと思っています。

せっかく無垢材の床材を選ばれても、
ばっちりウレタン系の塗装をしていたのでは、
温もりを感じる効果も半減してしまいます。

せっかくなら、無垢材の気持ち良さを
直接感じられるよう、

自然塗装の製品をお勧めしたいと思います。

無垢材の床は、季節によって
伸縮します。

湿気の多い夏場は湿気を吸収して膨張し、
湿気の少ない冬場は、乾燥して、収縮するのです。

だから調湿性能を発揮する訳だし、
温もりを感じる訳です。

ところが、汚れや傷を気にして、
強烈な塗装を施された無垢材を選ぶと、

確かに傷は付き難いかもしれませんが、
「無垢の温もり」は感じられないし、

逆に冷たい感じがします。

無垢材の床にするのなら、
床暖房は入れない。

そして、キズが気にならないのなら、
少し柔らかめの樹種を選ぶと、

温もりを感じられます。

それになによりも、
無垢材の床は、格好がいいです。

長持ちもするので、多少、最初に費用が掛かっても、
思い切って無垢材の床にしておくと、

あとあと、「良い決断」をしたと思えると思います。

合板フローリングのような新建材だって、
タダではありません。

とすれば、無垢の床材が高いといっても、
「差額」で考えれば、

実現不可能な訳ではありません。

10年でダメになる豪華なキッチンや、
お風呂よりも、

家族全員が、日々、豪華さや気持ち良さに
触れられる無垢材の床は、

投資効果が高いと思います。

50万、100万といった差額費用を捻出して、
無垢材の床にするか、

他を削って、自然素材の費用に回すか、
取捨選択すればいいと思います。

無制限に予算がある人はいないので、
「価値観」次第だと思います。

なにを優先したいのか?
それによって、無垢材の床にするのか?
合板の床にするのか?

決定していいと思います。
でも、私は絶対的に「無垢材」の「床」をお勧め致します。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

 

カテゴリー: 無垢材 床 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 無垢材の床の気持ち良さを感じる はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせは0467-33-4210(受付時間:平日8:00 ~ 17:00)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

無垢 Wood Floor

Calendar

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

最近の投稿

カテゴリー