» 柔らかい木のブログ記事

リフォーム用フローリングは

投稿日:2015年11月04日 作成者:


こんにちは!
無垢フローリング・遮音床材ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

リフォームに適したフローリングとは?

リフォームに適したフローリング?

フローリングから、フローリングの場合と、
畳からフローリングに変更するのでは、

手順も難易度も変わりますが、
今もフローリングの部屋なんだけど、

フローリングを張替えるという場合は、
現状のフローリングが、どんなものかで、

手順が変わってきます。

もし、普通の合板フローリングであれば、
厚みが12mmほどです。

それに対して、もし、現状のフローリングが
無垢フローリングであれば、厚みは15mmあります。

このたった3mmの違いによって、
作業手順が変わるのです。

というのも、今まで12mmだったのに、
今度リフォームで張るフローリングが15mmあったら、
3mm高くなって、

飛び出してくるのです。

また逆に、今まで15mmだったのに、
新しくリフォームして、張るフローリングが
12mmしかないと、

3mmほど低くなって、段差が出来るのです。

たった3mmと思いますが、
このわずか3mmの違いが、とても目立つし、
足も引っかかって、危険なのです。

だから、床をリフォームする場合は、
現状と同じ厚みのフローリングを使ったほうが、

便利だし、見かけも綺麗に治まるのです。

ただ、合板フローリングは、12mm厚が一般的なのに対して、
無垢フローリングは、15mmが一般的ですから、

合板フローリングから無垢フローリングに張り替えようと
考えると、この「3mmの問題」を解消しないとならないのです。

アトピッコハウスにも、そうしたお問合せが多く、
創業まもない頃から、わざわざ12mm厚の無垢フローリングを
製造販売しています。

当初は、ナラ材とヒノキ材の2種類だけでしたが、
多少力もつけてきたので、

今では、12mm厚の製品は、6樹種、15バリエーション
取り揃えるようになりました。

また、一般的な15mm厚の製品も、
6樹種、11バリエーションご用意しています。

まだまだ弱小メーカーなので、
無理せずコツコツと、品質重視で、

徐々に製品バリエーションを増やして行っています。

リフォームで、フローリングを張替えるなら、
なんと言っても、無垢フローリングをお勧めしたいと思っています。

そして、出来れば、今と同じ厚みにすれば、
工事が簡単になるので、

工事費も節約できます。

厚みが薄いフローリングは、「弱い」のではないか?
そんな心配をされる方もいると思います。

確かに、杉のように「弱い樹種」は、
12mm厚だと、床板としては、適していません。

どちらかと言うと、広葉樹の堅い樹種のほうが、
安心だと思います。

だから、アトピッコハウスの「ごろ寝フローリング」も、
広葉樹が中心です。

キズも付き難いし、木目も綺麗です。

柔らかい木は、キズは付き易いですが、
温もりがあるので、

それが良くて、キズの付き易さは分かっていて
選択される場合は良いとして、

やはり床フリーリングは、多少堅い木の方が、
安心して気軽に使えるように思います。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

 

カテゴリー: リフォーム用フローリング | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | リフォーム用フローリングは はコメントを受け付けていません。

床をフローリングにする価値

投稿日:2015年01月13日 作成者:


こんにちは!
無垢フローリング・遮音床材ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

床をフローリングにするなら、無垢にしたい

無垢フローリングの施工事例

同じフローリングでも、無垢と合板では、
天地ほどの違いがあると思います。

まずは、冬場。

合板フローリングは、薄くスライスした木を
接着剤で何重にも接着しているため、
底冷えがします。

夜中トイレに立って、合板フローリングの床を
素足で触れた経験がある人なら、ご存じですが、

心臓が凍りつくほどに、ヒヤッとします。

しかし、それが、無垢フローリングなら、
そんなことはない。

樹種によって、温もりの度合が違うとは言っても、
無垢フローリングは、温もりがあって、

温かい。

それは、フローリングが空気を含んでいるから。

柔らかい樹種であれば樹種であるほど、
その傾向は強く、桐のフローリング等は、

まるで床暖房をしているのではないかと
思うほどに、温かい。

それは、木が柔らかく、
大量の「空気」を含んでいるから。

ただし、「柔らかい木」は、反面「キズが付きやすい」。

木が柔らかいというのと、キズが付きやすい
というのは、正比例の関係にあるので、

どちらを、より優先したいかは、
取捨選択する必要がある訳です。

しかし、たとえ、ある程度堅い樹種であっても、
普通にフローリング用として流通している樹種であれば、
床を合板フローリングにするよりは、

よほど「温もり」があると思います。

次に、夏場に関しての価値です。

梅雨や、夏の湿気の多い時期、
合板フローリングの床は、ベタベタします。

それは、表面の塗装が、ウレタン塗料などの
化学塗料で塗装されていることが大きいと思います。

しかし、合板フローリングで、自然塗装や
自然ワックス仕上げの製品は、「ない」から、

「合板フローリングの床=夏場はベタベタする」

ということになってしまうのです。

無垢フローリングの場合であっても、
ウレタン塗料で仕上げたものは、

合板フローリングの床と同様、
多少はベタベタとします。

しかし、自然塗装や、自然ワックスで仕上げた
無垢フローリングは、夏でもサラッとしていて、
気持ちいい。

足の裏の油分や水分は、フローリングが適度に
吸ってくれて、フローリングのためにもいい。

一昔前は、米糠を袋に詰めた「ぬか袋」で床を磨き、
米糠油を床に刷り込んでいたくらいだから、
人の体から出る油を、

無垢フローリングに吸収させることも悪くない。

メンテナンスで定期的にワックスをかけるのも、
「油分」の補給だから、

人の汗や、足の裏の油も、「油分補給」だと
大らかに考えていればいい訳です。

床を無垢フローリングにする価値は、
温もりがあるとか、床がベタベタしないといったこともありますが、

本物に触れて、癒される感覚も
大きいように感じます。

アトピッコハウスの「ごろ寝フローリング」にも、
自然塗装品、UV塗装品などがあります。

個人的には、自然塗装品が好きですが、
水染みが出来るのが嫌だとか、ペットを飼っているとか、
色んな理由で、UV塗装製品を選ばれる方もいると思います。

UV塗装とは、紫外線を照射することで固まる
ウレタン塗料のことです。

シンナーなどの有機溶剤は使っていないので、
それほど毛嫌いする必要もないと思います。

キズやメンテナンスが気になる人なら、
無理をせず、UV塗装製品を選んでいいかも知れません。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

 

カテゴリー: 床 フローリング | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 床をフローリングにする価値 はコメントを受け付けていません。

無垢フローリングと、床暖房

投稿日:2014年09月30日 作成者:


こんにちは!
無垢フローリング・遮音床材ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

無垢フローリングなら、床暖房はいらない。
というのが、私の結論です。

無垢フローリングは、床暖房いらず

といっても、床暖房の気持ち良さに慣れてしまった
人にとっては、無垢フローリングにして、

床暖房も入れたいという気持ちも分からなくありません。

では、どんな基準で、床暖房に相応しい
無垢フローリングを選び、

トラブルなく施工できるかというと、
いくつかの注意点があります。

まずは樹種の選定です。

硬い木は、冷たい感じがし、
柔らかい木は、温もりがあります。

それは、木材が空気を沢山含んでいるからですが、
柔らかい樹種の方が、

床暖房の立ち上がりが早いと思います。

また当然ですが、厚みのある無垢フローリングよりも、
薄手の無垢フローリングの方が、
早く温まるので、床暖房の立ち上がりは早くなります。

つまり、早く暖かくなるということです。

そして、無垢フローリングで、床暖房をする際に
気をつけたいことは、

しっかりと乾燥させた「床暖房用」の製品を使うということ。

床暖房用の無垢フローリングと、普通の無垢フローリングの
最大の特徴は、

「乾燥率」が違うということ。

普通の無垢フローリングは、12%~15%程度の
「含水率」であれば、普通の「良品」です。

乾燥が不十分な木材であれば、
含水率が20%以上ということもざらにあって、

そんな無垢フローリングを施工してしまうと、
あとで反ったり、割れたり、隙間が空いたりといった

トラブルが発生するのです。

床暖房用の無垢フローリングは、
含水率を4%程度の「絶乾」状態まで一旦乾燥させ、
その後、8%~10%に戻します。

プロの方は、その状態のことを「半殺し」と言います。

つまり、カラカラに乾燥させることで、
木の「伸縮性」を奪ってしまうのです。

だからといって、全く伸縮しなくなるという訳ではなく、
絶乾状態にした無垢フローリングであっても、

湿気の影響で、伸縮するのです。

ただ、熱や湿気の影響で伸縮し難い状態になっていると
いうことなのです。

また、柔らかい樹種は、伸縮の幅が大きいので、
杉、ヒノキといった針葉樹よりも、

ナラ、ウォールナットといった広葉樹で、
硬い木の方が、伸縮し難いという特徴があります。

ただ、堅い木は、伸縮し難いので、
隙間が空いたり、割れたり、反ったりといった

トラブルが発生し難い反面、
価格が若干高く、また、足触りがつめたく、

床暖房の立ち上がりが遅いといった特徴があります。

それと、メンテナンスに関しても、
十分に検討する必要があります。

床暖房は、およそ10年ほどで壊れるといいます。

すると、床を剥がして修理しなければならない
可能性があるのです。

または、壊れたら、使わなくなる。

私のお勧めは、床暖房はしない。
という選択肢です。

柔らかい樹種なら、足触りもいいし、
床暖房しなくても、十分に温もりがあります。

今の家は「普通」に気密性が高いので、
ちょっと暖房すれば、部屋中暖かくなると思います。

好みの問題ではありますが、
無垢フローリングにするのなら、

床暖房は、いらないと思いますね!

アトピッコハウスにも、床暖房対応の
無垢フローリングがあるので、ご参照ください。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

 

カテゴリー: 無垢フローリング 床暖房 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 無垢フローリングと、床暖房 はコメントを受け付けていません。

床の補修方法、無垢の場合

投稿日:2014年08月19日 作成者:


こんにちは!
無垢フローリング・遮音床材ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

床に出来るキズは家族の思い出、そう考えられない人
のために傷、汚れの補修方法を解説してみたいと思います。

無垢フローリング、施工事例

床材といっても、
無垢フローリングもあれば、合板フローリングもある。
そして、塗装してあるものもあれば、

無塗装のものもある。

さらに、塗装にも、自然塗装と化学塗装があるので、
それによっても補修方法は、異なってきます。

まずは、多少の傷や汚れは、
「家族の思い出」「歩み」として大らかに対処すればいいと思いますが、

直したい場合は、床材の種類、塗装の有無、種類によって、
相応しいやり方をした方がいいと思います。

もし、補修したい床材の樹種が、
杉のように柔らかい樹種で、

無塗装品や自然塗装品なら、
塗れたタオルを置いておくと、

木の細胞が水分を吸収し、
その結果、キズやヘコミが目立ちにくくなる
可能性があります。

ただし、たとえ柔らかい樹種であっても、
塗装がUV塗料のように、

堅い塗膜がバッチリつくタイプだと、
濡れタオルを乗っけても、

復元は難しいと思います。

また、この手法は、柔らかい木には
応用できますが、

堅い樹種には、効果がありません。
それは、自然塗装品であっても、無塗装品であってもです。

堅い樹種の床材を補修する方法は、
塗料の種類によって、異なります。

もし、自然塗装品なら、
表面を削るとか、凹んだ箇所に、「埋め木」をして、
その上から、同じ種類の自然塗料を塗ってやれば、

傷や凹みは、目立たなくなります。

もし、UV塗料等の化学塗料の場合は、
塗膜がバッチリついているので、

素人の補修では限界があるかも知れません。

また、もし着色されている床材の場合は、
似た色に着色しないと、

補修した箇所が目立って、可笑しいと思います。

UV塗装された床材の場合は、
削ったり、埋め木をしたりというよりは、

ホームセンターなどで売られている
補修キットを使って

「お絵かき」する感じです。

大きく凹んでいる場合は、パテで埋めて、
乾いたら、周囲と同じ着色をするのです。

プロが補修する場合は、
周囲の木目に合せて、

木目まで書きますので、補修後、
補修箇所が分からなくなるほど、

完璧に補修してもらえます。

ただ、費用も高いので、
お手頃に補修したいということであれば、

補修キットを買ってきて、
自分で補修するということになると思います。

合板フローリングなどの場合も、
ほぼ100%化学塗料ですから、

似たような補修方法になると思います。

補修の簡便さを考えても、
無垢フローリングの自然塗装品を選び、

しかも、塗装は、「クリア塗料」にすることを
お勧めしたいと思いますね!

着色していないので、塗装といっても、
濡れ色が付くだけです。

たとえ削ったり、サイドペーパーで擦って、
表面が白くなっても、

また塗装してやれば、
目立たなくなります。

多少の傷や汚れは、気にしないことに
限りますが、

どうしても補修したい場合は、
ここでご紹介した手順で、補修されるといいと思います。

最初っから、激しいことをしないので、
徐々に、対策を強化していくことが、

後悔を減らせる補修方法だと思います。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

 

カテゴリー: 床 補修 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 床の補修方法、無垢の場合 はコメントを受け付けていません。

床板選びは、色柄ですか?

投稿日:2014年06月02日 作成者:


こんにちは!
無垢フローリング・遮音床材ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

床板を、色柄で選ぶという神経が分かりません。

無垢材サンプル、チャーリー

床を、床板にしたいと考える人なら、
無垢フローリングを視野に入れている筈です。

もちろん、好きな樹種とか、色とか、
木目とか、堅さ・柔らかさといった

様々な要素で床板選びをしている筈です。

その中で、色柄にこだわり過ぎるのは、
いかがなものかと思うケースがあります。

まさか、無垢の床板を検討される方には
いないと思うのですが、

無垢の床板は、御存じの通り、
天然のものです。

同じ樹種でも、1本1本、
色合いも木目も違います。

それなのに、
「木目が違う~」「色が同じじゃない」と、
リクエストされる方がいるのです。

もちろん、無垢の床板であっても、
サンプルとして提示しているものがある以上、

それと比較して、「似ても似つかわない」というのでは、
クレームになっても仕方ありません。

そこは、メーカーの責任だと思います。

しかし、合板の床板は、
表面にプリントした紙を貼っていたり、

木目の綺麗な薄い板を張っていたりするので、
木目も色も拾っていますが、

無垢の床板の場合は、
そこまでは、そろわないのです。

それに、無垢の床板の魅力の1つは、
経年変化の美しさです。

年々、色が濃くなっていくのです。

それを「味」だとか「魅力」だと
感じないとしたら、

合板の床板にされた方がいいかも知れません。

しかし、合板の床板は、
経年変化しないかわりに、

経年劣化します。

特に顕著なのは、
直射日光が当たる縁側や、窓際ですね!

太陽の光が長期間当たる場所は、
そうじゃない場所と比較して、

いち早く色褪せしてきます。
しかも、窓ガラスの結露水が染み込むことで、

表面が剥がれてくることさえあります。

それに対して、無垢の床板には、そうした変化はなく、
どちらかというと、均一に色が濃くなってきます。

私は、「キズは家族の思い出」というフレーズが大好きです。

無垢の床板なら、
多少の傷がついても、

傷が味になるし、それほど気にならないものです。

もし、無垢の床板にしたいけど、
傷が付き難い樹種が良いのであれば、

堅い木を選べばいいのです。

柔らかい木は、温もりがある代わりに、
傷が付き易いので、

「温もり」を優先するか、「傷の付き難さ」を優先するのかを
考えて樹種選びをされたら、

いいと思います。

無垢の床板を選ぶのなら、
「着色」はしないで、

クリア塗装とし、樹種ごとが持つ
天然の色合いを楽しむ方がいいと思います。

どんな樹種でも、無塗装の状態よりは、
もしそれがクリア塗装であっても、

若干色が濃くなります。

しかし、無塗装の状態だと、
汚れも気になりますし、

日々の生活も、ちょっと窮屈になるので、
表面保護の意味も含めて、

着色をしないクリア塗装された製品を
選ぶべきだと思いますね!

アトピッコハウスの「ごろ寝フローリング」には、
無塗装の製品もありますし、

塗装した製品もあります。

塗装した製品は、自然塗装とUV塗装があるので、
好みに応じて選ばれるといいと思います。

アトピッコハウスでは、樹種選びの参考して、
「樹種見本」のチャーリーというサンプルを
ご用意しています。

全樹種、着色していません。

樹種の違いによる天然の色合いの違い、
堅さ、温もりなどを実感頂けたら、いいと思います。

自分は、色柄で床板を選ぶ人なのか?
温もりや、傷の付き難さを優先する人なのか?

そんなにことも、視野にいれるといいと思います。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 床板 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 床板選びは、色柄ですか? はコメントを受け付けていません。
12

お電話でのお問い合わせは0467-33-4210(受付時間:平日8:00 ~ 17:00)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

無垢 Wood Floor

Calendar

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

最近の投稿

カテゴリー