» 無垢のブログ記事

無垢床材の価格は、いくら?

投稿日:2017年09月07日 作成者:


無垢床材は、価格が高いと思われている方が
多いと思います。

しかし、無垢床材もピンキリだし、沢山の種類があるから、
単純に「高い」とは言い難いし、「安い」ものもあります。

では、どうゆう要素で、無垢床材の価格が決定するのか?
少し詳しく書いてみたいと思います。

無垢床材の価格は、樹種によって違う

無垢床材の価格は?

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
無垢床材といっても、沢山の種類があります。
その樹種の違いによって、当然のことですが、

価格も変わります。

希少性が高くて、手に入り難い樹種で、かつ人気があれば、
当然、高くなります。

それと、もともと樹種によって、高いものと、安いものがあります。

日本の木で言うと、「杉」は一般的な樹種に感じられ、
「檜」は、高級な樹種に感じられます。

確かに、価格も、杉より檜のほうが、樹種という点では、
価格が高い無垢床材ということになります。

無垢床材の価格は、品質によって違う

次に、無垢床材の価格を決定する要素としては、
製品の品質ということになると思います。

同じ樹種であっても、産地や、樹齢、丸太から
切り出される部位、節の多さとか、木目、色違いなどの

品質によって、価格は、変わってきます。

もちろん、木目や、節の多さなどに関しては、
好みもありますから、価格が高い材料が高級品で、

安いものが、普及品だとは言えません。

いくら節のない無垢床材であっても、それが、
自然素材らしくない印象だとしたら、

好きじゃないという無垢床材好きの人もいると思います。

ある程度、はっきりした木目があって、節もある程度あった方が
自然素材っぽく感じる訳です。

確かに、「檜舞台」の床材に使われる
無垢板は、木目のない「柾目」で、しかも、節もありません。

パッと見の印象は、プリント合板のようにも見えてしまいます。
しかし、価格は、べらぼうに高いのです。

無垢床材の価格は、等級によって違う

節の多さ少なさとか、色違いの有無等の見かけによって、
無垢床材の等級が決定します。

もちろん、十分に乾燥されているとか、加工の精度が良い
といったことも、品質には影響します。

ただし、等級というのは、主に「見た目」ということです。

節が少なくても、色違いがなくて、木目が整っていれば、
価格は高いのです。

無垢床材の価格は、立場によって違う

無垢床材は、丸太から切り出して、乾燥させ、
フローリングの形に整え、市場に流通します。

無垢床材のメーカーであれば、商社、問屋、建築業者など、
各種のプロが流通に介在することを前提に

価格設定をします。

そこで、購入される方の「立場」によって、
価格が変わります。

それは、商売ですから、普通のことです。

一般消費者が、メーカーに問合せをしても、
問屋価格や、工事業者価格は教えてくれませんし、

そのプロ用の価格では売ってくれません。

建築業者の方は、工事代金のほかに、材料にも、
多少の利益を乗っけて、「材工価格」として、

お客様に工事代金を請求します。

それが、普通です。

相場は、有って無いようなもの

同じ樹種でも、同じ等級でも、似たような品質でも、
価格が同じではないというのが、

無垢床材の価格です。

製品化され、定価が設定された無垢床材であれば、
毎回毎回、製造の度に価格が変わるということもありません。

しかし、製造しているメーカーの立場でいうと、
毎回、原木の価格は変わりますし、

仕入れ価格は、変わります。
「相場」というのは、有って無いようなものなのです。

同じ樹種でも、品質が良ければ、高くなりますし、
ある程度欠点を容認すれば、安くなるのです。

いかがでしょうか?

無垢床材の価格といっても、相場がある訳ではないので、
目安になるものは、ありません。

しかし、希少性のある樹種であったり、
品質が高い製品等は、価格も高いということです。

多少の欠点を容認すれば、お値打ちな価格で、
無垢床材を手に入れることも出来ます。

ある意味「生もの」ですから、出会いです。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 無垢 床材 価格 | タグ: , , | 無垢床材の価格は、いくら? はコメントを受け付けていません。

無垢で、床暖房にするかしないか

投稿日:2016年12月02日 作成者:


無垢フローリングにするのなら、
床暖房は必要ないという主義でしたが、

事務所を移転するに当たっては、
無垢に床暖房を導入しました。

というのも、前の事務所が寒すぎたし、
築40年の建物をリフォームしたので、
相当の警戒感もあったのです。

無垢で、床暖房は必要か?

床暖房は、気持ちいい

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
無垢材は、温もりがあります。

合板フローリングと違って、床暖房しなくても、
十分に暖かいと思います。

ただし、無垢にも種類があって、
広葉樹系の堅い木よりも、針葉樹系の柔らかい木のほうが、

より一層温もりがあります。

だから、杉やヒノキといった針葉樹なら、
ナラやカバといった広葉樹系のフローリングよりも、

より一層、床暖房は、いらないという判断も出来ると
思います。

しかし、床暖房は、室内空気を汚染しない点、
床からジンワリと暖かくなるという点において、

快適だし、健康的であるとも言えると思います。

なんらかの暖房は考える

家を新築もしくはリフォームする際、
なんの空調もしないという方は、いないと思います。
室内で直接燃料を燃やすタイプの暖房は、
空気を汚染しますし、湿気の影響も受けてしまいます。
空気を汚染しないタイプの暖房としては、
オイルヒーターなどがあります。

エアコンという場合もあると思います。

取捨選択の1つとしての床暖房

暖房なしで冬を過ごすという家庭は少ないでしょうから、
選択肢の一つとして、床暖房もあっていいとは
思います。

ただし、床暖房は、万が一故障したとき、
修理が大変だし、費用も、それなりにかかるという点は、
覚悟したほうがいいと思います。

建物の気密性と、好み

現代は、住宅の気密性が高いので、
室内の空気を汚染すると、
人の健康に与える影響も大きいと考えざるを得ません。

石油ストーブやガスストーブは、直接室内空気を使って
燃焼し、室内に排気を放出します。

なかには、屋外に排気するタイプもありますから、
もし、ガスや石油といったストーブを使う場合でも、

可能であれば、屋外吸排気の製品を選ぶべきだと思います。

予算も考慮して最終結論を出す

床暖房は、電気やガス、灯油など、様々な熱源がありますが、
室内空気が汚染されないというメリットと、
床がジンワリ暖かく快適であるといったメリットはありますが、
やはり設備費が高くつくということがあります。

ただ、もし予算が確保できる、
あるいは、他を削ってでも、床暖房は実現させたいという
ことであれば、

魅力的な選択肢の1つかも知れません。

いかがでしょうか?

無垢フローリングにするなら、
あえて床暖房にする必要もないとは思いますが、
どうせ何らかの暖房は考えるわけですから、
予算が許すなら、床暖房にしてみるというのも、

悪くないかも知れません。

ただ、建物の気密性を確保しないと、
どんな暖房を取り入れても、

ロスが大きくて、効率が悪いと思います。

アトピッコハウスの新事務所においても、
床下や屋根裏に断熱材を追加し、

床下の換気口は、気温によって、
開閉できるようにし、

軒裏の排気口も、換気扇を設置して、
空気の流れをコントロールできるようにしました。

その上で、無垢フローリングに、床暖房を設置し、
かつエアコンも入れています。

1Fは、ナラ材の床暖房用、2Fは、ブラックウォールナットです。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

 

カテゴリー: 無垢 床暖房 | タグ: , | 無垢で、床暖房にするかしないか はコメントを受け付けていません。

無垢フローリングの塗装の選択肢

投稿日:2016年01月27日 作成者:


こんにちは!
無垢フローリング・遮音床材ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

無垢フローリングを塗装するか、塗装しないか?

無垢フローリングを塗装する?

塗装していない木のことを「白木」と呼び、
私も大好きですが、やはり汚れやすい。

汚れもキズも味だと考えられる人にとっては、
無垢フローリングを「白木」のまま使うという

選択肢でも悪くはないかも知れない。

しかし、メンテナンスが大変であることは、
まぎれもない。

一昔前なら、「ぬか袋」で、せっせと床を磨くことで、
米糠に含まれている油分が

無垢フローリングに移り、保護材になりました。

今は、「ぬか袋」は使わないので、
「白木」つまり、無塗装の無垢フローリングの

表面保護には、オイルを塗ったり、
塗装をしたりする訳です。

では、どんな塗装の種類があって、
どんな塗装をするかというと、
そこは、「ニーズ」と「好み」ということになる訳です。

オイルを塗るという場合は、
自然素材のドロッとしたオイルか
乳液状か、半固形のワックスタイプのものです。

世の中には、色々なオイルやワックスが売られています。

アトピッコハウスの場合なら、
自然素材原料100%で作った「ミツバチワックス
というものがあります。

そして、塗装する場合は、
自然塗料にするか、化学塗料にするかといった

大きな選択肢があります。

自然塗料による自然塗装と、化学塗料による塗装の
大きな違いというのは、

まずは、成分と塗膜だと思います。

例外はありますが、自然塗装は、
フローリングの内部に染み込んでいくので、

「塗膜」が出来ないのに対して、
化学塗料の場合は、

ばっちりと「塗膜」が出来ます。

アトピッコハウスの「ごろ寝フローリング」には、
自然塗装の製品と、化学塗装の製品の

両方があります。

UV塗装というのが、化学塗装のことです。

化学塗装というと、イメージが良くありませんが、
UV塗装というのは、危険な「有機溶剤」を使う塗装ではなく、

紫外線を当てることで、硬化する塗料のことです。

UVとは、紫外線のことです。

塗料が固まってしまえば、
有害な揮発成分は、残らないので、

安全性を不安視することもないと思います。

ただ、自然塗装との大きな違いは、
無垢フローリングの持つ「調湿性能」という特徴を
奪ってしまうことです。

UV塗装をした無垢フローリングは、
水をはじいてくれるので、

お掃除はしやすいかもしれませんが、
調湿性はなくなります。

またUV塗装のベースは、ウレタンなので、
素人が簡単に補修できるというものではありません。

傷がついて補修するといった場合は、
プロに依頼する必要があります。

その点、自然塗装の製品なら、
自分で、自然塗料を買ってきて塗ることも出来ますし、

多少塗料が剥がれても、
もともと、フローリングの表面に
塗膜がつくような塗料ではないので、

大らかに考えていいと思います。

メンテナンス重視なのか、素材感や温もり重視なのか、
それによっても、

無垢フローリングの塗装選びは
変わってくると思います。

私なら、断然、自然塗装を選びます。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

 

カテゴリー: 無垢フローリング 塗装 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 無垢フローリングの塗装の選択肢 はコメントを受け付けていません。

床板の張替えは、業者発注に限る

投稿日:2016年01月19日 作成者:


こんにちは!
無垢フローリング・遮音床材ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

床板をdiyで張り替えるのは難しいと思います

床板の張替えは、業者に依頼

器用な人もいるから絶対に無理とは言いませんが、
床板の張替えは、diyの中でも、

難易度が高いです。

というよりも、床板の張替えは、diyの域を超えています。
既存の床を剥がして、下地を調整し、

その後、新しい床板を張らないとならない訳ですから、
手間暇も大変ですが、

材料を切ったり張ったりするのに、
プロが使うような道具がないと、

とても無理だと思うのです。

私も床板の新商品開発で、試作品を自宅に張ったことがあるので、
床板のdiyを経験しています。

私は、どちらかというと、器用な方です。
しかし、それでも、やってみて思うことは、

床板の張替えをdiyでやるのは、
お勧めできないということです。

もし、diyが趣味で、とにかく自分でやってみたい
ということであれば、

「大変」なことも、「楽しい」ことと思えますが、
経費を抑えたいから、床板の張替えを

Diyしたいと考えるのだとしたら、
多分、相当に辛いと思うので、

もう少しお金を貯めてから、プロに工事を依頼されては
どうですか? と、私なら、お勧めしてしまいます。

それほど、床板の張替えは、面倒だし、
難しいです。

それに、無垢材の床板は、
工事する季節によって、

きつめに張ったり、ゆるめに張ったりという
配慮が必要です。

それは、湿気に影響されて、伸縮するという
素材特有の特徴があるからです。

プロが工事する場合は、
スペーサーという「隙間を空けるため」の道具を使いますし、
長年の経験がありますから、

床板の乾燥の具合とか、
季節による湿気の感じとかを計算して、

相応しい「意図的な隙間」を考えながら、
床板を張っていきます。

それでも、失敗することがあります。
つまり、プロが工事するとしても、

床板の伸縮を読み違えると、
ジョイント部分が突き上げてきたり、

透いたりする訳です。

「突き上げ」とは、せり上がってくる状態のことをいいます。

木材は、湿気に影響されて伸縮しますが、
縦横で伸縮率が違います。

長さ方向よりも、幅方向の伸縮率の方が大きいので、
ジョイントが透いたり、突き上げてくるのは、

大抵は、幅方向です。

特に、十分に乾燥させていない床板の場合は、
床に張ってからも、乾燥が進むので、

「やせる」という現象が起こってしまいます。

これは、湿気による伸縮とは違って、
余分な水分が抜けることによって、

収縮することなので、
充分に乾燥していない「生材」を使うと、
トラブルが起こりやすくなります。

但し、手間暇をかけていない床材は、
値段は安い場合があるので、

施工後のトラブルも気にならないというのであれば、
「生材」を使って、床板の張替えをするというのも、
選択肢の一つかもしれません。

但し、私は絶対にお勧めしません。

床板は、十分に乾燥させたものを使用すべきだし、
工事はプロの業者さんに依頼すべきだと思います。

床板のdiyは考えない方がいいと思いますね!

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

 

カテゴリー: 床板 張替え | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 床板の張替えは、業者発注に限る はコメントを受け付けていません。

diyのフローリング工事は得か損か

投稿日:2016年01月07日 作成者:


こんにちは!
無垢フローリング・遮音床材ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

diyで実施するフローリング工事に関してです。

フローリングのdiyは難易度が高い

得か、損かと言われると、価値観によると思います。
金額だけの話でいうと、

フローリングや接着材、釘といった
材料費だけになりますから、

安く仕上がると思います。

しかし、手間暇といった時間をお金に換算すると、
それなりになると思います。

diyが趣味で、自分で施工したいという場合は、
投資する時間そのものが、

楽しいものとなりますから、
多少大変でも、多少仕上がりが悪くても、

それも含めて味になるし、思い出になりますから、
妥協できると思います。

要は、diyを単に「費用」だけで考えると、
楽しいものにはならないということです。

確かにプロの職人さんに依頼すれば、
美しい仕上がりが保証されますし、

自分でdiyすることを考えれば、
はるかに楽です。

しかし、それなりの工事費用が掛かります。

フローリング工事の工事代というのは、
人件費と、接着剤、釘といった副資材、

そして、機械の「損料」も入ってきます。

機械も使えば痛むので、メンテナンスも必要だし、
買い替えも必要になります。

その費用をまかなうために、
資金の貯蓄が必要になる。

そんが「損料」ということになる訳です。

フローリング工事をdiyする場合なら、
プロ用の道具を買うか、借りるかとしないとなりません。

そのために費用が発生します。

工事する面積にもよりますが、
ノコギリと金槌程度の道具だけだと、

工事は大変です。

時間がかかっても問題なくて、
楽しめるのなら、

それでもいいと思います。

しかし、さっさと工事を完了させたいとか、
diyが苦痛だといった場合は、

プロ用の道具を手に入れて、効率よく
工事をした方がいいと思います。

床をフローリングにするというのは、
やはり高価であることは、間違いがありません。

しかし、その価値に「魅力」を感じるかどうか?
それ次第だと思います。

diyを楽しめるのなら、自分でやるという選択肢もありますが、
楽しめない、もしくは、避けたいということであれば、

思い切って、プロに工事を依頼した方がいいと思います。

床をフローリングにするという工事は、
diyの中でも、難易度が高いものです。

私は、メーカーの経営者として、
自社開発の製品をテストするために、

過去にフローリングをdiyしたことはありますが、
仮に家を直すとしても、

いつもdiyしたいとは思いません。

大変ということもありますが、
やはり、素人がdiyするのと、

プロに工事してもらうのでは、出来あがりの品質が、
天地ほど違うからです。

diyでフローリングを工事することが、
得か損かは、やはり、

自分の価値観次第だと思います。

自分でやって工事費を浮かせたい、
あるいは、diyを楽しみたいというのであれば、

diyという選択肢を取られればいいし、
仕上がりを重視したいというのであれば、

プロに工事を依頼すべきだと思います。

プロの持っている道具は違いますし、
仕上がりも綺麗です。

どのフローリングがいいかだけ迷って、
あとは、プロに工事を依頼されては、どうでしょうか?

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

 

カテゴリー: diy フローリング | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | diyのフローリング工事は得か損か はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせは0467-33-4210(受付時間:平日8:00 ~ 17:00)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

無垢 Wood Floor

Calendar

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

最近の投稿

カテゴリー