» 米糠のブログ記事

無垢フローリングの塗装の選択肢

投稿日:2016年01月27日 作成者:


こんにちは!
無垢フローリング・遮音床材ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

無垢フローリングを塗装するか、塗装しないか?

無垢フローリングを塗装する?

塗装していない木のことを「白木」と呼び、
私も大好きですが、やはり汚れやすい。

汚れもキズも味だと考えられる人にとっては、
無垢フローリングを「白木」のまま使うという

選択肢でも悪くはないかも知れない。

しかし、メンテナンスが大変であることは、
まぎれもない。

一昔前なら、「ぬか袋」で、せっせと床を磨くことで、
米糠に含まれている油分が

無垢フローリングに移り、保護材になりました。

今は、「ぬか袋」は使わないので、
「白木」つまり、無塗装の無垢フローリングの

表面保護には、オイルを塗ったり、
塗装をしたりする訳です。

では、どんな塗装の種類があって、
どんな塗装をするかというと、
そこは、「ニーズ」と「好み」ということになる訳です。

オイルを塗るという場合は、
自然素材のドロッとしたオイルか
乳液状か、半固形のワックスタイプのものです。

世の中には、色々なオイルやワックスが売られています。

アトピッコハウスの場合なら、
自然素材原料100%で作った「ミツバチワックス
というものがあります。

そして、塗装する場合は、
自然塗料にするか、化学塗料にするかといった

大きな選択肢があります。

自然塗料による自然塗装と、化学塗料による塗装の
大きな違いというのは、

まずは、成分と塗膜だと思います。

例外はありますが、自然塗装は、
フローリングの内部に染み込んでいくので、

「塗膜」が出来ないのに対して、
化学塗料の場合は、

ばっちりと「塗膜」が出来ます。

アトピッコハウスの「ごろ寝フローリング」には、
自然塗装の製品と、化学塗装の製品の

両方があります。

UV塗装というのが、化学塗装のことです。

化学塗装というと、イメージが良くありませんが、
UV塗装というのは、危険な「有機溶剤」を使う塗装ではなく、

紫外線を当てることで、硬化する塗料のことです。

UVとは、紫外線のことです。

塗料が固まってしまえば、
有害な揮発成分は、残らないので、

安全性を不安視することもないと思います。

ただ、自然塗装との大きな違いは、
無垢フローリングの持つ「調湿性能」という特徴を
奪ってしまうことです。

UV塗装をした無垢フローリングは、
水をはじいてくれるので、

お掃除はしやすいかもしれませんが、
調湿性はなくなります。

またUV塗装のベースは、ウレタンなので、
素人が簡単に補修できるというものではありません。

傷がついて補修するといった場合は、
プロに依頼する必要があります。

その点、自然塗装の製品なら、
自分で、自然塗料を買ってきて塗ることも出来ますし、

多少塗料が剥がれても、
もともと、フローリングの表面に
塗膜がつくような塗料ではないので、

大らかに考えていいと思います。

メンテナンス重視なのか、素材感や温もり重視なのか、
それによっても、

無垢フローリングの塗装選びは
変わってくると思います。

私なら、断然、自然塗装を選びます。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

 

カテゴリー: 無垢フローリング 塗装 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 無垢フローリングの塗装の選択肢 はコメントを受け付けていません。

床を無垢材にする気持ち良さ

投稿日:2015年06月24日 作成者:


こんにちは!
無垢フローリング・遮音床材ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

床を無垢材にすると、気持ちいい

床を無垢にすると、気持ちいい

多少値段が高くても、価格以上の価値があると思う。

ちょっと前なら、床は無垢材しかなかったし、
無垢材の床が普通のことでした。

今ほど乾燥の技術も進んでないから、
乾燥が不十分な木材を使うと、

反ったり、割れたり、縮んだりといった
やっかいなことも起きた。

しかし、今は、乾燥技術も進んでいるし、
機械も充実しているから、

丁寧に乾燥し、丁寧に加工さえしてくれていれば、
それほど大きな問題が起こることはない。

ましてや、床を無垢材にすると、
メンテナンスが大変なんじゃないかといった

間違った憶測で、無垢材を諦めてしまうことは、
もったいないし、残念だと思う。

無垢材のフローリングは、冬は、温もりがあり、
夏はサラッとして気持ちいい。

合板フローリングのように、足触りも
ベタベタしないから、

素足で過ごすのも気持ちいい。

無垢材の床は、適度に呼吸しているから、
足から出る油も吸収してくれる。

昔なら、「米糠」を袋につめた「ぬか袋」というもので、
せっせと床を磨いていました。

あれは、「油分の補給」にほかなりません。

今時、「ぬか袋」を使う人はいないと思うので、
適度にワックスがけをすることが理想ですが、

それだって、そんなに神経質になる必要はない。

木そのものが、潤いをもっているし、
足の裏の油分も、床の無垢材に吸収されて、

いい感じになると思う。

つまり、無垢の床材は、
想いのほか、手間がかからない。

掃除だって、日頃はフローリングワイパーで、
ホコリを取り除くだけだし、

たまに掃除機をかけたり、
クリーナー兼用のワックスで、

ササッと磨けば、それでOKです。

アトピッコハウスの無垢フローリングは、
「ごろ寝フローリング」と言います。

無垢フローリングなら、床にゴロゴロしても、
気持ちいいし、愛着もわきます。

だから、「ごろ寝フローリング」。

多少キズがついても、合板フローリングのように、
みすぼらしい感じになるのではなく、

「味」になって行きます。

床を無垢材にするのなら、「キズは家族の想い出」といった
大らかな感じで、無垢材の気持ち良さを

味わって欲しいと思います。

合板フローリングのように、
5年、10年で剥がれてくることもないし、

太陽の光で、色あせすることもありません。

よくサッシの結露水で、合板フローリングが
めくれてきたり、縁側の日の当たる箇所が、

色あせしたりしているのを見かけますが、
無垢材の床は、そんな風になりません。

色あせしないし、結露水に当たっても、
めくれてきません。

50年、100年単位に、価値が長持ちする、
そんな魅力があります。

床を無垢材にしたら、
直接素足で歩いたり、床で、ゴロゴロしたくなると思います。

それも、床を無垢材にする魅力の1つだと思います。

価格が高いとか、メンテナンスが大変といったことに
惑わされずに、

しっかりと本物の価値を見定めたいですね。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

 

カテゴリー: 床 無垢材 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 床を無垢材にする気持ち良さ はコメントを受け付けていません。

床をフローリングにする価値

投稿日:2015年01月13日 作成者:


こんにちは!
無垢フローリング・遮音床材ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

床をフローリングにするなら、無垢にしたい

無垢フローリングの施工事例

同じフローリングでも、無垢と合板では、
天地ほどの違いがあると思います。

まずは、冬場。

合板フローリングは、薄くスライスした木を
接着剤で何重にも接着しているため、
底冷えがします。

夜中トイレに立って、合板フローリングの床を
素足で触れた経験がある人なら、ご存じですが、

心臓が凍りつくほどに、ヒヤッとします。

しかし、それが、無垢フローリングなら、
そんなことはない。

樹種によって、温もりの度合が違うとは言っても、
無垢フローリングは、温もりがあって、

温かい。

それは、フローリングが空気を含んでいるから。

柔らかい樹種であれば樹種であるほど、
その傾向は強く、桐のフローリング等は、

まるで床暖房をしているのではないかと
思うほどに、温かい。

それは、木が柔らかく、
大量の「空気」を含んでいるから。

ただし、「柔らかい木」は、反面「キズが付きやすい」。

木が柔らかいというのと、キズが付きやすい
というのは、正比例の関係にあるので、

どちらを、より優先したいかは、
取捨選択する必要がある訳です。

しかし、たとえ、ある程度堅い樹種であっても、
普通にフローリング用として流通している樹種であれば、
床を合板フローリングにするよりは、

よほど「温もり」があると思います。

次に、夏場に関しての価値です。

梅雨や、夏の湿気の多い時期、
合板フローリングの床は、ベタベタします。

それは、表面の塗装が、ウレタン塗料などの
化学塗料で塗装されていることが大きいと思います。

しかし、合板フローリングで、自然塗装や
自然ワックス仕上げの製品は、「ない」から、

「合板フローリングの床=夏場はベタベタする」

ということになってしまうのです。

無垢フローリングの場合であっても、
ウレタン塗料で仕上げたものは、

合板フローリングの床と同様、
多少はベタベタとします。

しかし、自然塗装や、自然ワックスで仕上げた
無垢フローリングは、夏でもサラッとしていて、
気持ちいい。

足の裏の油分や水分は、フローリングが適度に
吸ってくれて、フローリングのためにもいい。

一昔前は、米糠を袋に詰めた「ぬか袋」で床を磨き、
米糠油を床に刷り込んでいたくらいだから、
人の体から出る油を、

無垢フローリングに吸収させることも悪くない。

メンテナンスで定期的にワックスをかけるのも、
「油分」の補給だから、

人の汗や、足の裏の油も、「油分補給」だと
大らかに考えていればいい訳です。

床を無垢フローリングにする価値は、
温もりがあるとか、床がベタベタしないといったこともありますが、

本物に触れて、癒される感覚も
大きいように感じます。

アトピッコハウスの「ごろ寝フローリング」にも、
自然塗装品、UV塗装品などがあります。

個人的には、自然塗装品が好きですが、
水染みが出来るのが嫌だとか、ペットを飼っているとか、
色んな理由で、UV塗装製品を選ばれる方もいると思います。

UV塗装とは、紫外線を照射することで固まる
ウレタン塗料のことです。

シンナーなどの有機溶剤は使っていないので、
それほど毛嫌いする必要もないと思います。

キズやメンテナンスが気になる人なら、
無理をせず、UV塗装製品を選んでいいかも知れません。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

 

カテゴリー: 床 フローリング | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 床をフローリングにする価値 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせは0467-33-4210(受付時間:平日8:00 ~ 17:00)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

無垢 Wood Floor

Calendar

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

最近の投稿

カテゴリー