» diyのブログ記事

diyで、床の工事は出来るのか?

投稿日:2017年08月16日 作成者:


床の工事をdiyで施工したいと考える人というのは、
相当の強者です。

最近はdiyばやりで、壁塗りなどに挑戦される方も多いですが、
diyで床を施工するというのは、相当に難易度が高いです。

では、床の工事は、diy出来ないのかというと、
そういう訳でもありません。

では、どういった形であれば、diyで床を工事できるのか
解説してみたいと思います。

出来ない訳ではないけど、難易度は高い

床のdiyは、難易度が高い

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
まず、最初に考えないといけないのは、
床のdiyというのは、珪藻土を壁に塗るといった

塗り壁のdiyなどとは、比較にならないほど、
難易度が高いということです。

壁塗りであれば、現状のビニールクロスの上から、
ちょっとした下地処理をした上で、

直ぐに、塗っていくことが出来ますし、
diy用に製品化された塗り壁材などもありますので、

お手軽に作業を開始できます。

しかし、床工事の場合は、まずは、
現状のフローリングを剥がすとか、

畳の部屋であれば、「下地を作る」という作業が伴います。

まず、一般的には、「それ」が無理です。
床の下地を作るというのは、プロの仕事です。

ちょっと器用といった程度の素人がやるような
工事内容ではないです。

一番簡単なのは、現状の床の上に、
新しいフローリングなり、床材を重ね張りしていく
パターンです。

これなら、下地を作る必要がないので、
難易度はグッと下がります。

プロの道具がないと無理

床をdiyで工事しようとすると、
プロの道具がないと、

まず難しいだろうと思います。

仮に、床の下地が、なんとか作れたとしても、
フローリングをカットする作業が、

想像以上に大変なのです。

フローリングは、巾9cm、長さ182cm、
そして、厚みは、1.5cmとか、1.2cmあります。

部屋の隅から貼っていって、最後は、
フローリングの巾の9cm以下のスペースに
はめるので、長さ方向にカットしないとなりません。

巾は、9cmほどですから、ある程度まっすぐに切れます。
しかし、182cmもある「長さ方向」にカットするのは、

普通のノコギリだけでは、しんどいです。

「丸ノコ」と呼ばれる道具があれば、カット出来ない訳ではありませんが、
9cmの巾の3cmだけを切り落として、

6cmにするといったことは、丸ノコだけでは危険だし、
難しいです。

それに、プロが工事する際には、「オシキリ」という
別の道具も使いますから、

フローリングを垂直に切ることが可能ですが、
普通のノコギリだと、まっすぐ切る事だけでも大変ですし、
沢山の量をカットするのは、

相当にしんどいです。

広い面積は、無理

6帖の部屋1部屋だけの床工事だから、
diyでやっても、あっという間に出来てしまうと

考えるかも知れませんが、

そんなことありません。

相当に大変です。

プロの道具があれば、作業そのものは楽になりますが、
よほど注意しないと危険です。

それなりの仕上がりで納得しないと無理

そして、もう1つ重要なことは、
Diyで床を工事しようとすると、

プロに工事を依頼するような「美しい」仕上がりには、
ならないということです。

「それなり」で納得する「潔さ」がないと、
満足度は高くならないし、

達成感も味わえません。

プロに依頼した方が簡単

diyで床を工事することは、難易度が高いし、
仮に出来ても、それなりにしか仕上がりません。

もし、広い面積の床工事をするのなら、
プロに依頼した方がいいと思いますし、

「美しい仕上り」を求めたり、後日の「不具合」を
心配したくないのであれば、

プロに工事を依頼した方がいいと思います。

いかがでしょうか?

diyで床を工事することの難易度の高さを
ご理解頂けたでしょうか?

床の工事は、diy出来ないとは言いませんが、
プロの道具がないと難しいし、

それなりの仕上がりにしかなりません。

それを理解した上で、diyに挑戦しないと、
満足は得られないということなのです。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: diy 床 | タグ: , | diyで、床の工事は出来るのか? はコメントを受け付けていません。

床張替えは、diy出来るのか?

投稿日:2017年07月28日 作成者:


リフォームなどで床を張替えるという場合、
diy出来ないとは、言わないですが、

床の張替えは、難易度が高いので、普通の素人が、
安く納めるために挑戦するとしたら、

色々と覚悟しておいた方がいいと思います。
では、床の張替えをdiyする場合、

どんなことが考えられるのでしょうか?

出来ない訳じゃないけど、難易度は高い

床張替えdiyは、難易度が高い

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
確かにdiyはブームになっているし、
テレビなんかで見ると、簡単に出来るような

印象があります。

しかし、床の張替えをdiy施工するというのは、
相当に難易度が高いです。

ちょっと器用だという程度では、挑戦しない方がいいと思います。

プロの道具がないと、工事は無理

床の張替えは、塗り壁のdiyなどと違って、
フローリングのカットなどの作業が必要となります。

もちろん普通にノコギリを使って、コツコツと
作業することが出来ないとは言いませんが、
難しいのは、フローリングを巾方向にカットすることです。

無垢フローリングなどは、巾が75mmとか90mmで、
長さが1,820mm程度と相場が決まっています。

75mmとか90mmの巾をカットするのであれば、
普通のノコギリでも出来るかも知れません。

しかし、2メートル近くにもなるフローリングの
巾を詰めるというのは、相当に大変です。

プロが使う道具を使わないと、まっすぐ切れません。

その道具をどこで借りてきますか?
という話にもなります。

簡単な道具ならホームセンターで借りるということも
可能かも知れません。

また、1本2本のフローリングの巾詰めなら、
ホームセンターでやるということも可能かも知れません。

しかし、何本も幅を詰めないとならないとすると、
ちょっと面倒なことになります。

ただ、問題になるのは、貼り納めの部分だけですので、
もし、何日も時間がかかっていいということであれば、

コツコツとdiyして行って、最終段階だけ、
ホームセンターに駆け込むというのでも、行けるのかも知れません。

経費を惜しむdiyは止めた方がいい

床の張替えをdiyするというのは、難易度が高いです。
楽しんでdiy出来るなら、難易度が高くても、

diyで施工するというのも、
ありかも知れませんが、

もし、費用を安く上げたいという理由で、
床の張替えをdiy施工しようと考えるのなら、

ちょっと慎重になった方がいいかも知れません。

やるなら、それなりで満足する

仮にプロの道具が手配できたり、
必要に応じて、ホームセンターに駆け込む等できる

というのなら、床の張替えdiyに挑戦するというのも
ありかも知れません。

しかし、仕上がりは、それなりで満足するという
開き直りが必要だと思います。

器用な人でも、床の張替えは、難易度が高いです。

頑張って施工しても、仕上がりは、それなりです。
その「それなり」というのが我慢できないとしたら、

プロに工事を依頼した方がいいと思います。

仕上り重視なら、プロに頼む

プロが床の張替えを工事する場合、
季節に応じて、床材と床材の間をキツメに貼ったり、

緩めに貼ったりして調整します。

それは、夏場は、床材が水分を吸って、膨張しているし、
冬場は乾燥して、収縮しているからです。

その膨張や収縮を計算して、フローリングを張っていかないと、
冬になると、床に隙間が出来たり、

夏になると、床が膨らんできたりする訳です。

無垢フローリングは、生きています。
調湿作用もあるし、温もりがあります。

だから気持ちいい訳ですが、施工するに当たっては、
それなりの注意が必要なのです。

いかがでしょうか?

床の張替えをdiyで施工することは、
難易度が高そうだと理解頂けたでしょうか?

もし工事するなら、プロの道具が必要だし、
それなりの仕上がりで我慢しないとなりません。

経費を浮かせたいという程度の気持ちだと、
くじけてしまうと思います。

もし、楽しむために床の張替えをdiyするというのなら
問題ありませんが、

それでも、広い面積は、相当に大変です。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 床 張替え diy | タグ: , , | 床張替えは、diy出来るのか? はコメントを受け付けていません。

床板の張替えは、業者発注に限る

投稿日:2016年01月19日 作成者:


こんにちは!
無垢フローリング・遮音床材ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

床板をdiyで張り替えるのは難しいと思います

床板の張替えは、業者に依頼

器用な人もいるから絶対に無理とは言いませんが、
床板の張替えは、diyの中でも、

難易度が高いです。

というよりも、床板の張替えは、diyの域を超えています。
既存の床を剥がして、下地を調整し、

その後、新しい床板を張らないとならない訳ですから、
手間暇も大変ですが、

材料を切ったり張ったりするのに、
プロが使うような道具がないと、

とても無理だと思うのです。

私も床板の新商品開発で、試作品を自宅に張ったことがあるので、
床板のdiyを経験しています。

私は、どちらかというと、器用な方です。
しかし、それでも、やってみて思うことは、

床板の張替えをdiyでやるのは、
お勧めできないということです。

もし、diyが趣味で、とにかく自分でやってみたい
ということであれば、

「大変」なことも、「楽しい」ことと思えますが、
経費を抑えたいから、床板の張替えを

Diyしたいと考えるのだとしたら、
多分、相当に辛いと思うので、

もう少しお金を貯めてから、プロに工事を依頼されては
どうですか? と、私なら、お勧めしてしまいます。

それほど、床板の張替えは、面倒だし、
難しいです。

それに、無垢材の床板は、
工事する季節によって、

きつめに張ったり、ゆるめに張ったりという
配慮が必要です。

それは、湿気に影響されて、伸縮するという
素材特有の特徴があるからです。

プロが工事する場合は、
スペーサーという「隙間を空けるため」の道具を使いますし、
長年の経験がありますから、

床板の乾燥の具合とか、
季節による湿気の感じとかを計算して、

相応しい「意図的な隙間」を考えながら、
床板を張っていきます。

それでも、失敗することがあります。
つまり、プロが工事するとしても、

床板の伸縮を読み違えると、
ジョイント部分が突き上げてきたり、

透いたりする訳です。

「突き上げ」とは、せり上がってくる状態のことをいいます。

木材は、湿気に影響されて伸縮しますが、
縦横で伸縮率が違います。

長さ方向よりも、幅方向の伸縮率の方が大きいので、
ジョイントが透いたり、突き上げてくるのは、

大抵は、幅方向です。

特に、十分に乾燥させていない床板の場合は、
床に張ってからも、乾燥が進むので、

「やせる」という現象が起こってしまいます。

これは、湿気による伸縮とは違って、
余分な水分が抜けることによって、

収縮することなので、
充分に乾燥していない「生材」を使うと、
トラブルが起こりやすくなります。

但し、手間暇をかけていない床材は、
値段は安い場合があるので、

施工後のトラブルも気にならないというのであれば、
「生材」を使って、床板の張替えをするというのも、
選択肢の一つかもしれません。

但し、私は絶対にお勧めしません。

床板は、十分に乾燥させたものを使用すべきだし、
工事はプロの業者さんに依頼すべきだと思います。

床板のdiyは考えない方がいいと思いますね!

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

 

カテゴリー: 床板 張替え | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 床板の張替えは、業者発注に限る はコメントを受け付けていません。

diyのフローリング工事は得か損か

投稿日:2016年01月07日 作成者:


こんにちは!
無垢フローリング・遮音床材ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

diyで実施するフローリング工事に関してです。

フローリングのdiyは難易度が高い

得か、損かと言われると、価値観によると思います。
金額だけの話でいうと、

フローリングや接着材、釘といった
材料費だけになりますから、

安く仕上がると思います。

しかし、手間暇といった時間をお金に換算すると、
それなりになると思います。

diyが趣味で、自分で施工したいという場合は、
投資する時間そのものが、

楽しいものとなりますから、
多少大変でも、多少仕上がりが悪くても、

それも含めて味になるし、思い出になりますから、
妥協できると思います。

要は、diyを単に「費用」だけで考えると、
楽しいものにはならないということです。

確かにプロの職人さんに依頼すれば、
美しい仕上がりが保証されますし、

自分でdiyすることを考えれば、
はるかに楽です。

しかし、それなりの工事費用が掛かります。

フローリング工事の工事代というのは、
人件費と、接着剤、釘といった副資材、

そして、機械の「損料」も入ってきます。

機械も使えば痛むので、メンテナンスも必要だし、
買い替えも必要になります。

その費用をまかなうために、
資金の貯蓄が必要になる。

そんが「損料」ということになる訳です。

フローリング工事をdiyする場合なら、
プロ用の道具を買うか、借りるかとしないとなりません。

そのために費用が発生します。

工事する面積にもよりますが、
ノコギリと金槌程度の道具だけだと、

工事は大変です。

時間がかかっても問題なくて、
楽しめるのなら、

それでもいいと思います。

しかし、さっさと工事を完了させたいとか、
diyが苦痛だといった場合は、

プロ用の道具を手に入れて、効率よく
工事をした方がいいと思います。

床をフローリングにするというのは、
やはり高価であることは、間違いがありません。

しかし、その価値に「魅力」を感じるかどうか?
それ次第だと思います。

diyを楽しめるのなら、自分でやるという選択肢もありますが、
楽しめない、もしくは、避けたいということであれば、

思い切って、プロに工事を依頼した方がいいと思います。

床をフローリングにするという工事は、
diyの中でも、難易度が高いものです。

私は、メーカーの経営者として、
自社開発の製品をテストするために、

過去にフローリングをdiyしたことはありますが、
仮に家を直すとしても、

いつもdiyしたいとは思いません。

大変ということもありますが、
やはり、素人がdiyするのと、

プロに工事してもらうのでは、出来あがりの品質が、
天地ほど違うからです。

diyでフローリングを工事することが、
得か損かは、やはり、

自分の価値観次第だと思います。

自分でやって工事費を浮かせたい、
あるいは、diyを楽しみたいというのであれば、

diyという選択肢を取られればいいし、
仕上がりを重視したいというのであれば、

プロに工事を依頼すべきだと思います。

プロの持っている道具は違いますし、
仕上がりも綺麗です。

どのフローリングがいいかだけ迷って、
あとは、プロに工事を依頼されては、どうでしょうか?

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

 

カテゴリー: diy フローリング | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | diyのフローリング工事は得か損か はコメントを受け付けていません。

和室をフローリングにするには

投稿日:2015年10月15日 作成者:


こんにちは!
無垢フローリング・遮音床材ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

和室をフローリングにするのは、難易度高いです。

無垢フローリングの施工事例

まずは、確実にDIYでは無理なので、
プロに依頼することを考えましょう。

和室といえば、床は畳の筈です。
畳は通常、55mmから、60mmの厚さがあります。

この「ミリ」で表現するところも、プロ特有です。

素人の人なら、5.5cmとか、6cmという方が、
「センチ」の方が、馴染みがあると思います。

さて、その畳の厚さが仮に、6cmあるとして、
畳を剥がすと、下地に「合板」が貼られていると思います。

あるいは、戸建住宅で、少し古いお宅だと、
巾の狭い板が貼られていて、

場合によっては、床下が見えるかもしれません。

いずれにしろ、畳を剥がすと、6cmほどの
段差が生じるので、

それを埋めないとなりません。

一般的なフローリングは、厚みが1.5cmほどなので、
畳が6cmあるとしたら、あと、4.5cmあります。

4.5cmもあると、合板を張るだけでは済みません。
一般的な合板は、1.2cmとか1.5cmなので、

厚さ3cmの木材(根太といいます)を30cm程度の間隔で
敷き並べて行って、

そのうえに、1.5cmの合板を敷いて、
それからフローリングを設置していけば、

合計6cmということで、

もともとの畳の厚さと同じになります。

また、畳の部屋には、部屋の周囲に
「畳寄せ」という木材が設置されているので、

その「畳寄せ」を残したままフローリングを設置すると、
和室の名残りが残った感じになります。

かといって、「畳寄せ」を取り外すのも、
難易度が高いです。

場合によっては、壁を傷つけてしまう場合もあるので、
工事が、更に大掛かりなものになってしまいます。

また、和室の壁は、「真壁」といって、
柱が見える形になっている場合があるので、

柱が見えない「大壁」に変更しようとすると、
やはり壁のリフォームもしないとなりません。

床だけフローリングになれば、
多少の見てくれは、気にしないということであれば、
たとえ、柱が見える「真壁」であっても、

そのまま工事していいと思います。

つまり、和室をフローリングにする目的が、
床だけの問題なのか、

部屋全体の問題なのかによって、
難易度が変わるということです。

いずれにしろ、素人の方がDIYでやるようなものではないので、
迷わず、プロに依頼しましょう。

フローリングの工事は難易度が高いです。

予算がないとしたら、
節のある材料とか、色違いの材料といった
お値打ちなフローリングを採用されるといいと思います。

無垢フローリングのいいところは、
経年変化が美しいということです。

5年もたてば、馴染んでくるので、
節の量や、木目、色違いなどを気にしなければ、

コストを抑えて、和室をフローリングにすることも
出来なくはないと思います。

部屋の用途を変更するといった時にも、
フローリングに張り替えるニーズというのは、
あると思いますが、

本格的に壁も天井も工事しなくても、
畳をフローリングに張り替えて、
壁の周辺部に、巾木という「裾隠し」を設置すれば、

それなりの格好になるのです。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

 

カテゴリー: 和室 フローリング | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 和室をフローリングにするには はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせは0467-33-4210(受付時間:平日8:00 ~ 17:00)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

無垢 Wood Floor

Calendar

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

最近の投稿

カテゴリー