無垢材ブログ

無垢フローリング
少しの差額で実現します
家族の歴史を刻む床

無垢フローリングをお探しの方へ

リフォームに最適な、12mm厚の無垢材が、ごろ寝フローリングなら色々選べます

床診断(私に合う樹種は?)
製品一覧 ごろ寝フローリング

Movie 施工すると、どうなるの?

アトピッコハウスの無垢フローリングは、国産ヒノキからスタートしました

当初は、国産材にこだわりましたが、予算的に無垢を断念する方も多かったので、徐々に輸入材を増やし、現在のバリエーションになりました。

施工すると、どうなるの?

マスコミに支えられました

平成12年NHKの取材を受けたことがキッカケで、ライオンズマンション(株)大京の技術顧問となり、オリジナル無垢フローリングの開発を依頼されました。

当時のアトピッコハウスは、資本金300万円のちっぽけな会社でしたが、「大京の技術顧問」という肩書きのお蔭で、沢山の林業家、製材所、フローリング工場が協力してくれたのです。

それは、日本国内だけではなく、海外の工場でも同じでした。

そのご縁は現在でも続き、最高品質の無垢フローリングを供給できる体制が整っています。

アトピッコハウスの「ごろ寝フローリング」は、国産ヒノキ、ナラ材といった標準的な樹種から、チェリー、ウォルナットといった高級な樹種まで、幅広くバリエーションするようになりました。

12mm厚無垢フローリングの価値

一般的な無垢フローリングは、厚みが15mmです。しかし合板フローリングは、12mmが一般的です。たった3mmですが、厚みが違うので、合板から無垢への変更は困難なのです。

合板フローリングと同じ厚みの12mmの無垢フローリングを作って欲しいという沢山のご要望を頂き、アトピッコハウスでは、尾鷲ヒノキ、ナラ材の2樹種の12mm厚ごろ寝フローリングをラインナップに加え、独自の路線を確立することが出来たように思います。

その後、ご要望の多い「12mm無垢フローリング」のバリエーションを思い切って拡大し現在に至っています。

実際に施工したら、どんな感じになるの?

仕上がった雰囲気を確認したいというご要望も多いので、湯河原のハウススタジオを借りて、主だった製品を撮影してきました。


通しで見る (5’52”)
通しで見る (5’52”)
チャプター1 (1’44”) フローリングの設営
チャプター1 (1’44”) フローリングの設営
チャプター2 (1’39”) ホワイトオーク撮影中
チャプター2 (1’39”) ホワイトオーク撮影中
チャプター3 (2’30”) メープル撮影中
チャプター3 (2’30”) メープル撮影中

資料をご請求ください

アトピッコハウスの「ごろ寝フローリング」を検討してみたいとお考えの方は、資料をご請求ください。フローリングの実物カットサンプルなども、送料のみご負担頂いて無料で差し上げています。

資料、サンプルをご希望の方は、こちらからご請求ください。

サンプル・資料請求はこちら

お電話でのお問い合わせは【0467-33-4210】受付時間:平日8:00~17:00