アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

無垢フローリングで、椅子を使う場合の注意点

  • 17
  • 4月
  • 2018

無垢フローリングにして、椅子を使うという場合、
床に傷が付くことを気にされる人は多いと思います。

私は「キズは家族の思い出」とする考え方が好きですが、
やはり「傷はつけたくない」という方のために、

無垢フローリングで、椅子を使うけど、なるべく
傷をつけない方法というのをお伝えしたいと思います。

傷が付くのが嫌なら、堅い樹種

無垢フローリングで、椅子

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
無垢フローリングは、格好いいし、あこがれる人は
多いと思います。

傷も「味」という考え方もありますが、
注意しないと、ボロボロしたり、トゲが立ったりと、

無垢フローリング表面が荒れて、見栄えが悪いだけでなく、
危険な状態になることも考えられます。

もし、無垢フローリングを採用して、椅子を使うけれど、
床に傷をつけたくないという場合は、

ナラ、カバといった傷がつき難い樹種を選ぶべきだと思います。

ナラ、カバは、広葉樹という樹種になります。
特に、ナラ材は、オークとも呼ばれ、堅く、木目が綺麗なことから、

家具やフローリングなどに使われる「高級」な樹種の1つです。
ヒノキや杉といった針葉樹と比較すると、

多少値段も張りますが、無垢フローリングで、椅子を使用し、
キズが付き難い樹種を選ぶという場合は、

お勧めだと思います。

椅子の足にフェルトを貼る

無垢フローリングを採用し、椅子を使うけど、
フローリングに傷をつけたくないという場合、

堅い樹種を選ぶ選択肢以外で、次に出来ることは、
椅子そのものの対策です。

まず、簡単な方法は、椅子の足の裏にフェルトを貼る
方法です。

表面からは、見えないので、格好が悪くなることもありません。
ただし、薄いフェルトだし、椅子の足全部を覆う訳ではありませんから、

角(かど)が当たれば、傷はつきます。
しかし、椅子を多少引きずっても、直ぐに傷が付く
ということは、避けられます。

椅子の足に、ゴムをはめる

無垢フローリングを採用し、椅子を使う。
でも、フローリングに傷をつけたくない。

椅子の足の裏にフェルトを貼る、次の方法は、
椅子の足に、ゴムをはめてしまうという方法です。

これだと、椅子が床に接している面全て、
厚めのゴムで覆われていますので、

少々、椅子を手荒に扱っても、床に傷つくということは
防げます。

ただし、椅子の足にゴムがはめられている状態を
容認できるかどうかが問題になります。

確かに、傷はつき難いと思いますが、
格好悪いと言えなくもありません。

傷がつくのを容認するか、格好悪いのを我慢するか、
ご自身の価値観次第ということになりますね。

傷がつくのは、容認する

堅い樹種の無垢フローリングを採用すれば、椅子を使って、
椅子の足に「保護材」を付けなくても、

ある程度、傷は防げます。

しかし、杉やヒノキといった柔らかい樹種を採用した場合、
ナラ、カバといった堅い樹種と違って、傷はつき易いと思います。

ただし、「キズは家族の想い出」と、おおらかに
捉えることが出来るのなら、

多少のキズがついても、気にしないという選択肢があります。
汚れも、キズも、その家ならではの「味」に変わります。

キャスター付きの椅子にする

堅い樹種の無垢フローリングを採用した方が、
椅子を使っても、キズが付き難いことは、事実ですが、

足の裏にフェルトを付ける、ゴムをはめるといった
方法のほかに、キャスター付の椅子にするという選択肢もあります。

堅い樹種の無垢フローリングであれば、
キャスター付の椅子で、コロコロやっても、

傷がつくことはありません。

但し、スギやヒノキといった柔らかい樹種だと、
キャスター付の椅子でも、

座っている人の体重がキャスターを通じて、
床に伝わるため、キャスターで、コロコロやっている箇所が

微妙に凹んできます。

ただ、ある程度凹んだら、それで安定するので、
気にしないという方法もあります。

椅子が動く部分に、カーペットやマット、コルク等を敷く
という方法もありますが、

折角の無垢フローリングですから、
そのまま使われた方が、いいように思います。

いかがでしょうか?

床を無垢フローリングにし、椅子を使うけど、
フローリングに傷を付けたくないという場合は、

堅い樹種の無垢フローリングを採用し、
キャスター付の椅子を使ったり、

椅子の足の裏にフェルトを貼ったり、椅子の足に
ゴムをはめるという方法で、傷を防げるということが、

ご理解頂けたでしょうか?

そして、一番の対策は、大らかに考えるということですね。
「キズは家族の想い出」といった程度の考え方で、

多少キズがついても、気にしないでおくのが、いいと思います。

無垢フローリングの選び方が分からない方は、
こちらの「無垢材選びのコツ」メール講座を
ご活用ください。

無垢材メール講座登録

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

ごろ寝フローリング