アトピッコハウス ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

無垢フローリングの毛羽立ち対処法は?

  • 25
  • 4月
  • 2018

無垢フローリングを不用意に塗装すると、表面が毛羽立ちます。
すると、ストッキングは引っかかるし、皮膚はひっかかるで、
とても不便で不快という状態になります。

ただ、正しい手順を踏まないと、無垢フローリングの
毛羽立ちを防げません。

では、どういう点に注意すれば、毛羽立ちを発生ざせずに、
無垢フローリングを上手に塗装できるのでしょうか?

解説したいと思います。

特に針葉樹系は、毛羽立ちに注意が必要

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
スギとかヒノキといった針葉樹は、木が柔らかいので、
温もりもあるのですが、その分、毛羽立ちに注意が

必要です。

もちろん、塗装をする前には、サンドペーパーで擦って、
木地を整えないとなりません。

そして、塗装した後にも、再度サンドペーパーで擦って、
毛羽立った部分を取り除いてあげないとなりません。

塗装した無垢フローリングにサンドペーパーを
掛けることに、違和感を感じるかも知れませんが、

塗料が剥がれてしまうほど、深く、強くこする訳ではなく、
表面の毛羽立ちを削り取るだけです。

水性塗料は、毛羽立ちに、より注意が必要

塗料には、水性塗料と、油性塗料がありますが、
油性塗料より、水性塗料の方が、

無垢フローリングの毛羽立ちを、より発生させる
可能性があるので、注意が必要です。

毛羽立ちの予防には、塗装前にサンドペーパー掛けと、
塗装後のサンドペーパーが大切になります。

油性塗料は、「溶剤」が油なので、ある程度、無垢フローリングの
毛羽立ちを抑えてくれることも期待できますが、

水性塗料は、「溶剤」が水なので、無垢フローリングの
毛羽立ちを抑えてくれることは期待できません。

「溶剤」とは、塗料の主原料のことで、
様々な原料を「溶かし」乳液状に保つ性質があります。

水に、塗料の原料を溶かしたものが、水性塗料で、
油に原料を溶かしたものが、油性塗料ということになります。

更に言うと、油性塗料には、自然塗料と、化学塗料があって、
シンナーのような「有機溶剤」で作った油性塗料だと、

速乾性があって、毛羽立ちも起こり難くなりますが、
バッチリ表面コーテイングされた無垢フローリングが、

好みかどうかという点が問題になると思います。

繰り返しのサンドペーパー掛けが必須

無垢フローリングを塗装する場合、速乾性の
有機塗料を使わない限りは、

毛羽立ちのリスクは、常に付きまといます。

毛羽立ち対策としては、塗装前のサンドペーパー掛けと、
塗装後のサンドペーパー掛けに尽きると思います。

塗る前に木地を整え、塗ったら軽く表面を擦って、
その後、再度塗装して、また擦る。

そして、最後は、バフという布で磨くのが普通です。
というか、それがプロがやる丁寧な塗装のやり方です。

油性塗料の方が、毛羽立ちし難い

水性塗料より、油性塗料の方が、なぜ、
毛羽立ちし難いかと言うと、油性塗料には、

粘り気があって、素材にくっつき易いからです。

水性塗料がサラッとしているのに対して、
油性塗料はベタッとしています。

その違いです。

着色されるという意味では、あまり違いがありませんが、
仕上がり感には、やはり違いがあるので、

ご自身の好み次第ということになります。

それでも、ナチュラル仕上げがお勧め

油性塗料で、しかも有機溶剤を使った製品であれば、

あっという間に乾きますから、

無垢フローリングの毛羽立ちなんて、
気にする必要もないと思います。

しかし、私のお勧めは、自然塗料か、オイル塗装ですね。
どちらも「毛羽立ち」が発生しない訳ではありませんが、

丁寧に、サンドペーパー掛けをすれば、
美しく仕上がり、毛羽立ちも起こりません。

また、一旦プロが塗装したものを日々のメンテナンスを
するのは、簡単ですが、

ゼロから、素人の方が自分でDIY塗装するというのは、
面積にもよりますが、大変な作業なので、

新築とか、リフォームという場合は、塗装済みの
無垢フローリングを採用されることを
お勧め致します。

あるいは、プロに塗装を依頼されることをお勧め致します。

いかがでしょうか?

無垢フローリングを塗装する場合、丁寧に
サンドペーパー掛けをしないと、高確率で毛羽立ちが
起こる可能性があります。

毛羽立ち対策は、塗装前に木地の表面にサンドペーパーを掛け、
下塗りしたら、軽くサンドペーパーを掛けて、

その後、重ね塗りする場合も、サンドペーパーを掛けてから、
次の工程に進みます。

ペーパーを掛けないのは、最終の仕上げ塗装のみです。

しかし、工場塗装の場合は、最終の仕上げ塗装のあとは、
バフという布で磨きますので、現場塗装よりも、

綺麗に仕上がります。
アトピッコハウスの自然塗装品の無垢フローリングが、
綺麗だと言われるのは、そのせいだと思いますね!

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

ごろ寝フローリングの資料のご請求は、こちらです

ごろ寝フローリング