アトピッコハウス:無垢フローリング専門サイト

  • カート
  • お電話
  • お問い合わせ
  • PCサイトへ
  • メニュー

HOME

閉じる

  1. HOME
  2. 施工事例
  3. 遠藤邸

遠藤邸:建てる人、住まう人2つの視点で建てた家

建築条件付でも、無垢に変更

ご主人の竜司さんは建築現場で施工管理を担当、清美さんは設計士。プロと生活者、ふたつの視点が生かされたこだわりの新居です。

14畳の陽だまりのリビングはうらやましい限りで、対面式キッチンも開放的です。リビングの脇にはSOHOスペースを設け、妊娠前の清美さんは在宅で仕事をこなしていました。

年末には待望の赤ちゃんが誕生します。今度は竜司さんと赤ちゃんが、二人で“ゴロン” を楽しむのでしょうか。そんなとき、自然素材でよかったと改めて実感するはず。

張替えが難しいから、床は無垢

建築条件付だったこの物件は、使用する建材にも指定があったといいます。でも、床材だけは自然素材の「ごろ寝フローリング」にこだわりました。

「家作りに予算はつきものです。後の出費を抑えるためにも、張替えが難しいフローリングは、最初からいいものをと思っていました。家族が集まるリビング、寝室、将来の子ども部屋は無垢材に。でも、利用頻度の低い納戸と、汚れやすいキッチンは合板で十分。使い分けることで上手にやりくりしました」

無垢の床に寝転んで、大喜び

「主人は、無垢材も合板と大差ないという考えの人。ところが、出来上がってみると、「気持ちいい!」って床に寝転んでは大喜び。肌で違いを実感したみたいです」 まだまだ、無垢材の気持ちよさを知らない人は多いと思います。最初は清美さん自身も「水をこぼしたらシミになるのでは?」、「反りや縮みは大丈夫?」と不安があったそう。

「今ではまったく気になりません。それより、ホコリがたまりにくかったり、雨期でもサラサラだったり、合板にはない快適さに満足しています。でも、人の価値感はさまざま。反りや縮み、色褪せなど、無垢材ならではの特色をデメリットと思う人には、あまりおすすめしません」と正直な意見も。

節のあるB級品をチョイス

清美さんが選んだのは、部屋が明るく見える色白のカバ材。「木肌は少しくらいラフなほうが、味があって好き」と、節がある手頃なB級品を迷わずチョイス。オイルは自分で塗り、できるところはどんどん節約。一方、近くにある洗面台がある玄関の床には、水に強いワックスを塗るところなど、さすがにプロの選択です。

  • 遠藤邸
  • 添島邸
  • 長谷川邸
  • 宮澤邸
  • 藤村邸
  • 関根邸
  • 青木住設
  • せりえ鍼灸室

  • 12mm厚ごろ寝フローリング
  • 尾鷲ヒノキ(床暖準対応)

  • アカシア

  • ホワイトオーク

  • メープル

  • ホワイトアッシュ

  • チェリー

  • ウォルナット

  • 15mm厚ごろ寝フローリング
  • 尾鷲ヒノキ(床暖準対応)

  • ナラ(床暖対応)

  • ヴォルドーパイン

  • 床暖オーク幅広(床暖対応)

  • 滑り難いフローリング
  • ペット用フローリング

メールセミナー

無垢材選びのコツ

  • お名前 ※苗字のみ
  • メール ※半角英数

メールアドレスに間違いが無ければ、
登録ボタンを押してください。

※登録しても売込みは一切しません。