• Home
  • 無垢フローリング
  • 遮音材
  • 施工事例
  • よく頂くご質問
  • メンテナンス
  • プロの方へ

無垢材ブログ

無垢フローリングは 家族の歴史を刻む
床に残るのは、キズ跡ではなく
家族の思い出です

どうしても、無垢フローリングを諦めたくない方へ

合板フローリングと同じ12mm厚「ごろ寝フローリング」なら、リフォームでも新築でも、無垢の床に出来ます

契約してから自然素材にしたくなる?

ハウスメーカーなどで工事契約をしてから、本格的に家づくりの勉強を始め、床を無垢フローリングにしたくなる人は、
意外と少なくありません。

アトピッコハウスにも、そうした問い合わせが沢山入ります。

・詳細打合せがスタートしてから標準仕様が合板フローリングだと知った
・契約後、色々と勉強してみたら無垢フローリングにしたくなった
・珪藻土との相性は無垢フローリングの方がいいと友達に聞いて

理由は、さまざまです。

しかし、自然素材を標準仕様にしていない会社の場合、標準は厚さ12mmの合板フローリングです。
ところが、無垢フローリングは、普通厚さが15mmあるので、仕様変更がとても厄介になるのです。

プロが無垢を嫌がる理由?

合板フローリングを標準仕様にしている会社は、色々な理由から無垢フローリングへの変更を『阻止』しようする傾向にあります。

それは、クレームが怖いのです。

無垢材は「高い」とか「メンテナンスが大変」といったことを理由に諦めさせようとする場合もあります。
でも実は、均一性の無さや、反りや割れなどといった自然素材特有の特徴を、引渡し後にクレームにされるのを避けたい、
というのが本音なのです。

合板フローリングと同じ厚さの12mmなら、契約後でも仕様変更はスムーズです

合板フローリングと、一般的な無垢フローリングは、厚みが3mm違います。たった3mmの違いですが、
敷居と高さが違ったり、建具調節が必要になったりと、大幅な設計変更をしないとならなくなるのです。

ほとんどのハウスメーカーは「基本設計図面」を用意しています。たった3mmの違いでも設計変更しなければならなくなります。

だから「ほら値段が高いでしょ」とか「メンテナンスが大変ですよ~」と言って、無垢材を諦めさせよう、諦めさせよう、とする傾向があるのです。

マンションリフォームも同じです

普通のマンションのフローリングは、ほぼ100%合板フローリングなので、厚みが12mmです。
すると、無垢フローリングに張り替えると、やはり床が3mm高くなり、都合が悪いのです。

遮音性能が要求される場合、床遮音材との組合せが必要になり、ますます床が高くなる。
となれば、出来るだけ薄い無垢材フローリングが望ましい訳です。

床遮音材の詳細はこちら

しかし、一般的な無垢フローリングは、最低15mmの厚さがあります。

そこで12mm厚、ごろ寝フローリングを作りました

ごろ寝フローリングも通常の製品は、一般的なフローリングと同じく、厚さは15㎜です。しかし、合板フローリングからの仕様変更、合板フローリングからの張替えといったニーズに対応するため、わざわざ12㎜のオリジナル品を制作したのです。

当初はナラ材とヒノキ材の2種類でしたが、ホワイトオーク、メープル、ホワイトアッシュ、チェリー、ウォールナットが増え、ヒノキと併せて6樹種12バリエーションになりました。

ヒノキ以外は、自然塗装品と、UV塗装品を作りました。

12mm厚でも、反ったり割れたりしない適度な硬さを持った無垢フローリングを、これだけのバリエーションでご用意している会社は、他にないと思いますので、喜んで頂ける方も多いと思います。

バリエーションの詳細はこちら

施工店に拒否されにくい依頼の仕方とは?

無垢フローリングに変更したい場合は、施工店の方に、節の多さや、発色の違いは容認していることを伝えます。

その上で「12mm厚のフローリングなら大掛かりな変更ではないのではないでしょうか」と、伝えてみてください。
本音の部分を指摘されて、ギョッとして断れなくなると思います。

差額程度の金額で、憧れの無垢フローリングに

生産者直接の仕入れを基本としている12mm厚の「ごろ寝フローリング」でも、材料代は合板フローリングより高いと思います。
また、施工賃も合板フローリングより高くなると思います。

しかし、厚みが合板フローリングと同じなので、床の収まりなど、大幅な仕様変更をしなくてすむので、
施工店さんも、床材の仕様変更を認めてくれやすいと思います。

ポイントは、「差額は容認すること」「無垢材特有のクセをクレームにしないこと」。
そうすれば、無垢フローリングへの変更は、それほど難しくないと思います。

資料請求は、こちらから!

12mm厚、無垢フローリングの資料やサンプルをご用意しています。
また、マンションの遮音性能をクリアした床遮音材「わんぱく応援マット」の資料、サンプルもあります。

ご希望の方は、こちらからご請求ください。

サンプル・資料請求はこちら

お電話でのお問い合わせは【0467-33-4210】受付時間:平日8:00~17:00

無垢材選びのコツ(メール講座 全7回)

無垢材の特性を加味しながら、好みに応じた選び方のコツをメールでお伝えします。

今すぐ、カンタン登録

お名前
お住まい
メールアドレス
 

自然素材の家づくり勉強会(in アトピッコハウス)

ピックアップコンテンツ

  • 床診断
  • メールセミナー
  • 遮音材
  • セミナー
  • ごろ寝フローリング誕生物語

施工事例

遠藤邸
遠藤邸

添島邸
添島邸

青木住設
青木住設

アトピッコハウス関連サイト

  • 無垢材ブログ
  • hanahana
  • はなまる工務店
  • アトピッコハウス
  • アトピッコハウスPRO

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)